第576回:現時点では「内燃機関車風」に軍配!?
最新の電気自動車のデザインを考察する

2018.10.19 マッキナ あらモーダ!

突如の量産EVラッシュ

『鉄腕アトム』は、まごうかたなき日本アニメの名作である。いっぽう小学校高学年時代のボクが心酔したものといえば『宇宙戦艦ヤマト』だった。なぜなら操舵室に代表されるメカニックデザインが醸し出す“未来感”は、アトムをはるかに超越していたからだった。

今回は、最新の電気自動車(EV)のデザインを、未来感という視点で論じたい。

2018年9月は、市販プレミアムEVの発表ラッシュだった。まずは4日、メルセデス・ベンツが同ブランド初の市販EV「EQC」をスウェーデンのストックホルムで発表した。

続いて15日にはBMWが2022年生産予定のEVを示唆する「ヴィジョンiNEXT」の詳細を公開した。「ボーイング777カーゴ」で世界4都市を巡ってプレゼンテーション、という演出付きであった。

その3日後の18日には、今度はアウディがアメリカ・ロサンゼルスでミッドサイズSUV「e-tron」の量産型を発表した。

「メルセデス・ベンツEQC 4MATIC」。パリモーターショー2018にて。
「メルセデス・ベンツEQC 4MATIC」。パリモーターショー2018にて。拡大
「BMWヴィジョンiNEXT」
「BMWヴィジョンiNEXT」拡大
「アウディe-tron 55クワトロ」
「アウディe-tron 55クワトロ」拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事