第576回:現時点では「内燃機関車風」に軍配!?
最新の電気自動車のデザインを考察する

2018.10.19 マッキナ あらモーダ!

突如の量産EVラッシュ

『鉄腕アトム』は、まごうかたなき日本アニメの名作である。いっぽう小学校高学年時代のボクが心酔したものといえば『宇宙戦艦ヤマト』だった。なぜなら操舵室に代表されるメカニックデザインが醸し出す“未来感”は、アトムをはるかに超越していたからだった。

今回は、最新の電気自動車(EV)のデザインを、未来感という視点で論じたい。

2018年9月は、市販プレミアムEVの発表ラッシュだった。まずは4日、メルセデス・ベンツが同ブランド初の市販EV「EQC」をスウェーデンのストックホルムで発表した。

続いて15日にはBMWが2022年生産予定のEVを示唆する「ヴィジョンiNEXT」の詳細を公開した。「ボーイング777カーゴ」で世界4都市を巡ってプレゼンテーション、という演出付きであった。

その3日後の18日には、今度はアウディがアメリカ・ロサンゼルスでミッドサイズSUV「e-tron」の量産型を発表した。

「メルセデス・ベンツEQC 4MATIC」。パリモーターショー2018にて。
「メルセデス・ベンツEQC 4MATIC」。パリモーターショー2018にて。拡大
「BMWヴィジョンiNEXT」
「BMWヴィジョンiNEXT」拡大
「アウディe-tron 55クワトロ」
「アウディe-tron 55クワトロ」拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事