日産リーフNISMO(前編)

2018.10.18 谷口信輝の新車試乗 スポーティーな仕立てが見どころのピュアEV「日産リーフNISMO」に、谷口信輝が試乗。多くのチューニングカーに接してきたレーシングドライバーは、電動車ならではの走りと、その特徴的なメカニズムをどう評価する?

注目のメカニズムに違和感

今回、谷口信輝に試乗してもらったのはスポーティーなEVの日産リーフNISMO。「リーフ」のバッテリーやモーターはそのままに、モーターをつかさどるコンピューターにNISMO専用チューンを施したほか、専用のハイグリップ18インチタイヤやハンドリング重視の専用サスペンション、さらには専用チューンの電動パワーステアリングなどを装備。内外装にもスポーティーなテイストを盛り込んだのがリーフNISMOである。

いつものワインディングロードでリーフNISMOの試乗を終えた谷口に「どうでしたか?」と印象を尋ねると、あいまいな笑顔を浮かべながら首をかしげるばかりで、はっきりとした答えが返ってこない。なんとかコメントを引き出そうとしてあれこれ質問すると、ようやくという感じで次のように語ったのである。

「あのe-Pedalが、ちょっと僕の感覚とマッチしないかなあ……」

リーフや「ノートe-POWER」などに搭載されたe-Pedalは、スロットルペダルひとつで加速だけでなく減速もコントロールできるもので、スロットルペダルを緩めたときに通常のエンジンブレーキ(リーフの場合はモーターブレーキ?)以上に強い減速Gで速度を落とせる。そのオンオフはセンターコンソール上のe-Pedalスイッチで操作できる。

「スロットルペダルから足を離すとすぐに減速Gが立ち上がるので、なんかサイドブレーキを引いたまま走っているような違和感を覚えちゃうし、加速も減速もしていない“等速運動”をしにくい点が、e-Pedalにいまひとつしっくりこない理由です」

意外にも思えるかもしれないが、加速も減速もしない等速状態(いわゆるパーシャルスロットル状態)を作り出すことは、サーキットで常に限界的なコーナリングを行うレーシングドライバーにとって極めて重要なテクニックといえる。フリクションサークルと呼ばれるグラフで表現されるとおり、タイヤの持つグリップ力は縦方向(加減速G)と横方向(旋回G)を合計した力で決まる。裏を返せば、最大の旋回Gを引き出すには加減速Gをゼロに抑える必要があるわけで、これが谷口のいう等速状態を意味する。

 
日産リーフNISMO(前編)の画像拡大
 
日産リーフNISMO(前編)の画像拡大
 
日産リーフNISMO(前編)の画像拡大
 
日産リーフNISMO(前編)の画像拡大
日産リーフNISMO
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4510×1790×1550mm/ホイールベース:2700mm/車重:1520kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:150ps(110kW)/3283-9795rpm/最大トルク:320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm/タイヤ:(前)225/45R18 95Y/(後)225/45R18 95Y(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)/一充電最大走行可能距離:350km(JC08モード)/交流電力量消費率:137Wh/km(JC08モード)/価格:403万2720円
日産リーフNISMO
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4510×1790×1550mm/ホイールベース:2700mm/車重:1520kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:150ps(110kW)/3283-9795rpm/最大トルク:320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm/タイヤ:(前)225/45R18 95Y/(後)225/45R18 95Y(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)/一充電最大走行可能距離:350km(JC08モード)/交流電力量消費率:137Wh/km(JC08モード)/価格:403万2720円拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る