日産リーフNISMO(後編)

2018.10.25 谷口信輝の新車試乗 足まわりやコーナリングの制御システムにまで手が入れられた、スポーティーなEV「日産リーフNISMO」。ワインディングロードでむちを入れたレーシングドライバー谷口信輝が、その走りの質を報告する。

使うばかりで貯蓄は苦手?

谷口信輝が語る日産リーフNISMO。前編はe-Pedalの話題に終始したが、後編ではもう少し全方位的にリーフNISMOを評価してもらうことにしよう。

「パワー感はなかなかいいですよね。さすがに『テスラ・モデルS』のようなド迫力はありませんが、どんな車速域でもまずまず速いですよ」

そこまで語った谷口が次に指摘したのがエネルギー回生のことだった。
「僕って、スマホの充電がなくなるのがイヤで予備のバッテリーを持ち歩くくらいの心配性でしょ(笑)? そんな僕からすると、リーフの電池残量を示すメーターの数字がどんどん減っていくのが気になって、気になって……。しかも、坂を上っていくときに使った電力を下り坂で回生してくれるかなあと思ったらそれほどでもなくて、ちょっと意外でした」

谷口の指摘を受けて私も試してみたが、出発地点で37%を示していたバッテリー残量メーターはワインディングロードの坂を登り切ったところで32%まで減ったが、そこから坂を下ってもとの出発地点に戻ってきたときには33%までしか上がらなかった。谷口が語る。
「たぶん『プリウス』とかで試したら、結構、もとに近いレベルまで回生すると思うんですよね」

もっとも、通常のハイブリッドモデルであるプリウスのバッテリー容量はリーフに比べて圧倒的に小さく、それだけプリウスのほうが見かけ上の回生エネルギーが大きく思えることはあるかもしれない。ただし、リーフ以外の電気自動車で同じ坂道を走った際は、出発地点に戻ってきたときのバッテリー残量がもう少しスタート時に近かったような記憶がある。

「でしょ? なんか、貯蓄ヘタっていうか、回生ヘタっていう感じがしちゃいますよね」 
そういいたくなる谷口の気持ちもわからなくはない。

 
日産リーフNISMO(後編)の画像拡大
 
日産リーフNISMO(後編)の画像拡大
 
日産リーフNISMO(後編)の画像拡大
 
日産リーフNISMO(後編)の画像拡大

日産リーフNISMO
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4510×1790×1550mm/ホイールベース:2700mm/車重:1520kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:150ps(110kW)/3283-9795rpm/最大トルク:320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm/タイヤ:(前)225/45R18 95Y/(後)225/45R18 95Y(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)/一充電最大走行可能距離:350km(JC08モード)/交流電力量消費率:137Wh/km(JC08モード)/価格:403万2720円


	日産リーフNISMO
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4510×1790×1550mm/ホイールベース:2700mm/車重:1520kg/駆動方式:FF/モーター:交流同期電動機/最高出力:150ps(110kW)/3283-9795rpm/最大トルク:320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm/タイヤ:(前)225/45R18 95Y/(後)225/45R18 95Y(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)/一充電最大走行可能距離:350km(JC08モード)/交流電力量消費率:137Wh/km(JC08モード)/価格:403万2720円
	拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフ G(FF)【動画試乗記】 2011.8.16 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……409万3950円

    2010年12月の発売以来、約8カ月でおよそ6000台が販売された「日産リーフ」。電気の作り方・使い方に注目が集まるいま、電気自動車のもつポテンシャルを探ってみた。
  • 日産リーフe+プロトタイプ(FF)【試乗記】 2019.1.11 試乗記 日産の電気自動車(EV)「リーフ」に、バッテリーとモーターの性能を大幅に強化した「e+(イープラス)」が追加設定された。とはいえ発売前ということで、公道走行はNG……。まずはクローズドコースで動力性能を試しつつ、570kmにまで延びた最大航続距離に思いをめぐらせた。
  • 新デザインをまとった「トヨタ・プリウス」発売 2018.12.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年12月17日、ハイブリッドカー「プリウス」をマイナーチェンジし、販売を開始した。最新型は、内外装のデザインが大きく変更されたほか、安全性能の向上や通信機能の充実が図られている。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
ホームへ戻る