マツダにガソリンターボ車が復活!
「CX-5」の2.5リッターターボはどこがスゴイ?

2018.10.24 デイリーコラム

2.5リッターガソリンターボエンジンを追加設定

今のマツダは、クルマ好きが注目する自動車メーカーといえるだろう。マツダのほぼ全車が採用する「魂動デザイン」と名付けられた外観は、チーターが疾走する時の躍動感をモチーフに形づくられた。

メカニズムはエンジンからプラットフォームまで「スカイアクティブ技術」で統一。走りは「人馬一体」をテーマに、クルマが自分の手足のように動く感覚を重視する。

そしてエンジンやプラットフォームの種類を抑え、すべてを同じ考え方に基づいて開発するから、マツダ車同士で技術を共有しやすい。新型車が新しいメカニズムを採用すれば、時間を置かずにほかの車種にも搭載できる。開発者は「手間がかかって大変」と言うが、改良を頻繁に行って常に最先端の技術を採用できることは、今のマツダ車の大切なメリットだ。ユーザーはいつでも最新版のマツダ車を購入できる。

このマツダ車に、国内仕様では新しいエンジンとして、直列4気筒2.5リッターガソリンターボが加わった。2018年10月11日に、「CX-5」に搭載すると発表された(生産と納車を伴う発売は同年11月22日)。

2.5リッターターボモデルの価格は332万6400円から387万7200円まで。装備が同等のグレード同士で比較すると、2.2リッターディーゼルターボモデルとの価格差はほとんどない。
2.5リッターターボモデルの価格は332万6400円から387万7200円まで。装備が同等のグレード同士で比較すると、2.2リッターディーゼルターボモデルとの価格差はほとんどない。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【レビュー】 2019.6.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.6.12 試乗記 スタイリッシュなワゴンボディーに、頼もしい悪路走破性能をプラスした「ボルボV60クロスカントリー」。スポーティーでクール、かつオーセンティックなワゴンとしての資質も備えた万能車を、リポーターがすんなりと受け入れられなかった理由とは?
  • ダイハツ・タントカスタム プロトタイプ(FF/CVT)/タント プロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.8 試乗記 ダイハツが「DNGA」と称する次世代のクルマづくり技術を総動員して開発した新型「タント」。プラットフォーム、エンジン、トランスミッションと、従来モデルからすべてが刷新された新しいトールワゴンは、軽の新時代を感じさせる見事な仕上がりとなっていた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
ホームへ戻る