マツダにガソリンターボ車が復活!
「CX-5」の2.5リッターターボはどこがスゴイ?

2018.10.24 デイリーコラム

2.5リッターガソリンターボエンジンを追加設定

今のマツダは、クルマ好きが注目する自動車メーカーといえるだろう。マツダのほぼ全車が採用する「魂動デザイン」と名付けられた外観は、チーターが疾走する時の躍動感をモチーフに形づくられた。

メカニズムはエンジンからプラットフォームまで「スカイアクティブ技術」で統一。走りは「人馬一体」をテーマに、クルマが自分の手足のように動く感覚を重視する。

そしてエンジンやプラットフォームの種類を抑え、すべてを同じ考え方に基づいて開発するから、マツダ車同士で技術を共有しやすい。新型車が新しいメカニズムを採用すれば、時間を置かずにほかの車種にも搭載できる。開発者は「手間がかかって大変」と言うが、改良を頻繁に行って常に最先端の技術を採用できることは、今のマツダ車の大切なメリットだ。ユーザーはいつでも最新版のマツダ車を購入できる。

このマツダ車に、国内仕様では新しいエンジンとして、直列4気筒2.5リッターガソリンターボが加わった。2018年10月11日に、「CX-5」に搭載すると発表された(生産と納車を伴う発売は同年11月22日)。

2.5リッターターボモデルの価格は332万6400円から387万7200円まで。装備が同等のグレード同士で比較すると、2.2リッターディーゼルターボモデルとの価格差はほとんどない。
2.5リッターターボモデルの価格は332万6400円から387万7200円まで。装備が同等のグレード同士で比較すると、2.2リッターディーゼルターボモデルとの価格差はほとんどない。拡大
マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る