「フォルクスワーゲン・パサート」に悪路も走れる「オールトラック」登場

2018.10.31 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」
「フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月31日、ラフロードの走行も考慮したクロスオーバーモデル「パサート オールトラック」を発売した。

上級グレード「TDI 4MOTIONアドバンス」のインストゥルメントパネルまわり。液晶デジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」などが標準装備される。
上級グレード「TDI 4MOTIONアドバンス」のインストゥルメントパネルまわり。液晶デジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」などが標準装備される。拡大
「TDI 4MOTIONアドバンス」に装備されるナッパレザーのシート。
「TDI 4MOTIONアドバンス」に装備されるナッパレザーのシート。拡大
走行モード切り替え機構「DCC」には、悪路走行に適した「オフロードモード」が追加される。
走行モード切り替え機構「DCC」には、悪路走行に適した「オフロードモード」が追加される。拡大
「パサートヴァリアント」ゆずりの広い荷室も特徴。容量は5人乗車時で639リッター、後席をたたんだ状態で1769リッターとなっている。
「パサートヴァリアント」ゆずりの広い荷室も特徴。容量は5人乗車時で639リッター、後席をたたんだ状態で1769リッターとなっている。拡大
エンジンは2リッターディーゼルターボのみ。トランスミッションは6段DSGとなる。
エンジンは2リッターディーゼルターボのみ。トランスミッションは6段DSGとなる。拡大
「パサート オールトラック」は日本仕様の「パサート」シリーズで唯一の4WDモデルとなる。
「パサート オールトラック」は日本仕様の「パサート」シリーズで唯一の4WDモデルとなる。拡大

ディーゼル+フルタイム四駆で走りと経済性を両立

パサート オールトラックは、Dセグメントのステーションワゴン「パサートヴァリアント」をベースに、悪路走行を想定した専用のドライブモードや機能、装備などを採用したクロスオーバーモデルである。

特にドライブモードセレクト機能については、新たに「オフロードモード」を採用。このモードでは、制動距離をより短くするべくABSを調整するほか、低速域における細かなアクセルワークを可能とするため、アクセルペダルの特性も変更。30km/h以下で急な下り坂に差し掛かると、車速が一定になるよう4輪すべてでブレーキを自動制御する「ヒルディセントアシスト」も搭載している。

パワープラントは最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせで、JC08モード計測で17.3km/リッターという燃費性能を実現。駆動システムには日本仕様の「パサート」シリーズで唯一、路面状況に応じて最適な前後トルク配分を行うフルタイム4WD「4MOTION」が採用される。

デザイン面での差異化も図られており、パサートヴァリアントより30mm高められた160mmの最低地上高や、同車専用のバンパーおよびホイールエクステンション、サイドシル、インテリアでは専用シートやアルミ調ペダルクラスターなどが特徴となっている。

ボディーカラーは「アトランティックブルーメタリック」「ディープブラックパールエフェクト」「マンガングレーメタリック」「パイライトシルバーメタリック」「ピュアホワイト」「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」(有償オプション)の全6色。ラインナップはベーシックな「TDI 4MOTION」と充実した装備が特徴の「TDI 4MOTIONアドバンス」の2グレードとなっている。

価格はTDI 4MOTIONが509万9000円、TDI 4MOTIONアドバンスが569万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
パサート オールトラック, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る