人気のボディーカラーを復刻 MINIの限定車発売

2018.10.31 自動車ニュース
「MINIアイスブルーエディション」
「MINIアイスブルーエディション」拡大

BMWジャパンは2018年10月31日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「アイスブルーエディション」および「アイスブルーブラックエディション」を設定し、予約受注を開始した。合計500台の台数限定販売で、納車は同年12月以降となる見込み。

「MINIアイスブルー ブラックエディション」
「MINIアイスブルー ブラックエディション」拡大

今回の特別仕様車は、過去に人気を博したボディーカラー「アイスブルー」を復刻採用し、レトロモダンなイメージを持たせたもの。アイスブルーの名とボディーカラーは、2017年発売の特別仕様車にも用いられていた。

アイスブルーエディションは「クーパー 3ドア」をベースに、ホワイトのルーフとミラーキャップを採用。3Dプリントテクノロジーによる専用サイドスカットルとインテリアサーフェスも装備する。

アイスブルーエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ホワイトルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • オリジナルデザイン サイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • 15インチアロイホイール ヘリスポークシルバー
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング(特別装備)
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)(特別装備)
  • ホワイトターンシグナルライト(特別装備)
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

一方のアイスブルーブラックエディションは、「クーパーS 5ドア」をベースに、ブラックのルーフとミラーキャップ、ボンネットストライプを採用。トランスミッションは日本仕様のMINI 5ドアでは初となる6段MTとなる。

アイスブルーブラックエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ブラックルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • ブラックボンネットストライプ(特別装備)
  • 17インチアロイホイール コスモススポーク ブラック(特別装備)
  • オリジナルデザインサイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)
  • ホワイトターンシグナルライト
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

価格はアイスブルーエディションが367万円(限定120台)で、アイスブルーブラックエディションが410万円(同380台)。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る