人気のボディーカラーを復刻 MINIの限定車発売

2018.10.31 自動車ニュース
「MINIアイスブルーエディション」
「MINIアイスブルーエディション」拡大

BMWジャパンは2018年10月31日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「アイスブルーエディション」および「アイスブルーブラックエディション」を設定し、予約受注を開始した。合計500台の台数限定販売で、納車は同年12月以降となる見込み。

「MINIアイスブルー ブラックエディション」
「MINIアイスブルー ブラックエディション」拡大

今回の特別仕様車は、過去に人気を博したボディーカラー「アイスブルー」を復刻採用し、レトロモダンなイメージを持たせたもの。アイスブルーの名とボディーカラーは、2017年発売の特別仕様車にも用いられていた。

アイスブルーエディションは「クーパー 3ドア」をベースに、ホワイトのルーフとミラーキャップを採用。3Dプリントテクノロジーによる専用サイドスカットルとインテリアサーフェスも装備する。

アイスブルーエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ホワイトルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • オリジナルデザイン サイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • 15インチアロイホイール ヘリスポークシルバー
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング(特別装備)
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)(特別装備)
  • ホワイトターンシグナルライト(特別装備)
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

一方のアイスブルーブラックエディションは、「クーパーS 5ドア」をベースに、ブラックのルーフとミラーキャップ、ボンネットストライプを採用。トランスミッションは日本仕様のMINI 5ドアでは初となる6段MTとなる。

アイスブルーブラックエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ブラックルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • ブラックボンネットストライプ(特別装備)
  • 17インチアロイホイール コスモススポーク ブラック(特別装備)
  • オリジナルデザインサイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)
  • ホワイトターンシグナルライト
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

価格はアイスブルーエディションが367万円(限定120台)で、アイスブルーブラックエディションが410万円(同380台)。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIブランド創設60周年を記念する特別仕様車が登場 2019.4.19 自動車ニュース BMWジャパンは2019年4月18日、MINIブランド創設60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION(ミニ・シックスティー イヤーズ エディション)」を設定し、受注を開始した。納車は同年6月中旬以降、順次行うとしている。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
ホームへ戻る