人気のボディーカラーを復刻 MINIの限定車発売

2018.10.31 自動車ニュース
「MINIアイスブルーエディション」
「MINIアイスブルーエディション」拡大

BMWジャパンは2018年10月31日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「アイスブルーエディション」および「アイスブルーブラックエディション」を設定し、予約受注を開始した。合計500台の台数限定販売で、納車は同年12月以降となる見込み。

「MINIアイスブルー ブラックエディション」
「MINIアイスブルー ブラックエディション」拡大

今回の特別仕様車は、過去に人気を博したボディーカラー「アイスブルー」を復刻採用し、レトロモダンなイメージを持たせたもの。アイスブルーの名とボディーカラーは、2017年発売の特別仕様車にも用いられていた。

アイスブルーエディションは「クーパー 3ドア」をベースに、ホワイトのルーフとミラーキャップを採用。3Dプリントテクノロジーによる専用サイドスカットルとインテリアサーフェスも装備する。

アイスブルーエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ホワイトルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • オリジナルデザイン サイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • 15インチアロイホイール ヘリスポークシルバー
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング(特別装備)
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)(特別装備)
  • ホワイトターンシグナルライト(特別装備)
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

一方のアイスブルーブラックエディションは、「クーパーS 5ドア」をベースに、ブラックのルーフとミラーキャップ、ボンネットストライプを採用。トランスミッションは日本仕様のMINI 5ドアでは初となる6段MTとなる。

アイスブルーブラックエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ブラックルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • ブラックボンネットストライプ(特別装備)
  • 17インチアロイホイール コスモススポーク ブラック(特別装備)
  • オリジナルデザインサイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)
  • ホワイトターンシグナルライト
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

価格はアイスブルーエディションが367万円(限定120台)で、アイスブルーブラックエディションが410万円(同380台)。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/7AT)【試乗記】 2020.1.6 試乗記 MINIのボディーをストレッチして、後席と荷室をサイズアップしたエステートモデル「クラブマン」がマイナーチェンジ。新しい外観と、新しいトランスミッションが採用された最新モデルは、より上質で洗練されたクルマに進化していた。
ホームへ戻る