人気のボディーカラーを復刻 MINIの限定車発売

2018.10.31 自動車ニュース
「MINIアイスブルーエディション」
「MINIアイスブルーエディション」拡大

BMWジャパンは2018年10月31日、「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「アイスブルーエディション」および「アイスブルーブラックエディション」を設定し、予約受注を開始した。合計500台の台数限定販売で、納車は同年12月以降となる見込み。

「MINIアイスブルー ブラックエディション」
「MINIアイスブルー ブラックエディション」拡大

今回の特別仕様車は、過去に人気を博したボディーカラー「アイスブルー」を復刻採用し、レトロモダンなイメージを持たせたもの。アイスブルーの名とボディーカラーは、2017年発売の特別仕様車にも用いられていた。

アイスブルーエディションは「クーパー 3ドア」をベースに、ホワイトのルーフとミラーキャップを採用。3Dプリントテクノロジーによる専用サイドスカットルとインテリアサーフェスも装備する。

アイスブルーエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ホワイトルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • オリジナルデザイン サイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • 15インチアロイホイール ヘリスポークシルバー
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング(特別装備)
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)(特別装備)
  • ホワイトターンシグナルライト(特別装備)
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

一方のアイスブルーブラックエディションは、「クーパーS 5ドア」をベースに、ブラックのルーフとミラーキャップ、ボンネットストライプを採用。トランスミッションは日本仕様のMINI 5ドアでは初となる6段MTとなる。

アイスブルーブラックエディションの装備内容は以下の通り。

  • ボディーカラー「アイスブルーソリッド」(特別装備)
  • ブラックルーフ&ミラーキャップ(特別装備)
  • ブラックボンネットストライプ(特別装備)
  • 17インチアロイホイール コスモススポーク ブラック(特別装備)
  • オリジナルデザインサイドスカットル/インテリアサーフェス(特別装備)
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)
  • ホワイトターンシグナルライト
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ(特別装備)
  • PEPPERパッケージ(特別装備)

価格はアイスブルーエディションが367万円(限定120台)で、アイスブルーブラックエディションが410万円(同380台)。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル 2021.5.25 画像・写真 マイナーチェンジが施された、3タイプのMINI(3ドア/5ドア/コンバーチブル)が上陸。2021年5月25日、国内での販売がスタートした。その発表会場に並べられた、最新型の姿を写真で紹介する。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • 日産が新型EV「アリア」の日本での注文受け付けを開始 限定車「リミテッド」を発表 2021.6.4 自動車ニュース 日産がSUVタイプの新型電気自動車「アリア」のオンライン受注を、世界に先駆けて日本で開始した。初版モデルは「プロパイロット2.0」などを標準装備した特別仕様車「リミテッド」で、バッテリー容量66kWh仕様のFF車と4WD車、同91kWh仕様のFF車と4WD車のすべてに設定される。
  • ボルボが新型電気自動車「C40リチャージ」の注文受け付けをスタート 2021.6.3 自動車ニュース スウェーデンのボルボ・カーズは2021年6月2日(現地時間)、100%電気自動車「ボルボC40リチャージ」の注文受け付けを開始した。同車はオンラインでの販売のみとなり、日本への導入は今秋を予定している。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る