クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW Z4 M40i(FR/8AT)

Mの好きにはさせない! 2018.11.13 試乗記 BMWのオープントップスポーツ「Z4」の新型がいよいよデビュー。先代モデルよりもクルマ全体の洗練化が進んだ一方で、ボディーサイズはさらに拡大……。果たしてその運動性能は!? 試乗を通じてまだ見ぬ“姉妹車”にも思いをはせた。

立ち位置はソリッドなスポーツカー

エンジニアに話を聞く限り、どうやらBMWにとってZ4というモデルはなかなか悩ましいもののようだ。

というのも、「Z3」の流れを受け継いだ初代はBMWなりのライトウェイトスポーツとして打ち出されたのに対して、市場はより高い実用性や快適性を要求。そこで2代目はキャビンやストレージに余裕をもたせた上でメタルトップを採用するも、市場からはクルージングカーになっちゃったと評価されたという。

個人的には先代Z4の適切な穏やかさは嫌いではなかったが、これは“駆けぬける歓び”の最右翼たるキャラクターのモデルにとって、“歓べない”話である。途中、FIA-GT3適合のレースモデルを投入したのは日本のクルマ好きにもなじみ深いだろうが、レギュレーションの変更とともに車体は大きい方が有利ということで「6シリーズ」に取って代わられた。

となると、新しいZ4は再びBMWを代表するソリッドなスポーツカーとして立ち位置を定めるのが自然な流れだ。さすれば「スープラ」の復活をもくろむトヨタとの協業はその絶好の追い風となったかもしれない。ちなみに今回参加した新型Z4の試乗会の場では、トヨタ絡みの質問はすべて本社広報側にブロックされた。いわく、それは彼らのステートメントを待てと。当然といえば当然だ。だからここから先で時々書いてしまうであろうトヨタだのスープラだのという話は、全部僕の臆測とか妄想とかということでご容赦願いたい。

新型Z4のディメンションは前型に対して、全長が85mm長い4324mm、一方でホイールベースは26mm短い2470mmとなっている。そして全幅は74mm広い1864mm、全高が13mm高い1304mmだ。すなわちホイールベース/トレッド比は1.6を下回るほどスクエア寄りになっており、回頭性を歴然と高めてきたことが伝わってくる。ちなみに現状で判明している90系スープラのディメンションもこれらの数値に酷似しているところをみると、シャシーまわりの基本ジオメトリーはほぼ同一とみて間違いないだろう。その足まわりについてはシャシーエンジニア氏いわく、「CLARプラットフォーム」を用いる新型「3シリーズ」などとはまったく別物だという。

2018年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で世界初公開された新型「BMW Z4」。日本市場には2019年春に導入される見込みとなっている。
2018年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で世界初公開された新型「BMW Z4」。日本市場には2019年春に導入される見込みとなっている。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm。先代モデルよりも85mm長く、74mm広く、13mm高いスタイリングとなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm。先代モデルよりも85mm長く、74mm広く、13mm高いスタイリングとなっている。拡大
リアコンビランプは、端の部分の跳ね上がりがサイドに回り込むデザインとなっている。
リアコンビランプは、端の部分の跳ね上がりがサイドに回り込むデザインとなっている。拡大
車両のワイド感を強調する、幅広デザインのキドニーグリル。内部のメッシュパターンが新しい。
車両のワイド感を強調する、幅広デザインのキドニーグリル。内部のメッシュパターンが新しい。拡大
充実した先進安全装備の搭載も新型「Z4」のトピックのひとつ。緊急自動ブレーキや車線逸脱警報が標準装備となるほか、ACCや駐車支援機能がオプションで用意される。
充実した先進安全装備の搭載も新型「Z4」のトピックのひとつ。緊急自動ブレーキや車線逸脱警報が標準装備となるほか、ACCや駐車支援機能がオプションで用意される。拡大

パワーユニットは3種類

屋根をメタルトップから幌(ほろ)に戻すことによって実現したのは約40kgの軽量化。新型Z4はそれを車体剛性アップ等の動的質感向上や、上位グレードでのメカニカルLSDの標準装備化などで相殺している。結果、車重は先代とほぼ同等というから、日本の車検証上では1.5~1.6t前後に収まることになるだろう。

相当割り切られたディメンションである一方で、実用性は可能な限り確保したいというわけで、新型Z4は屋根の開閉状態にかかわらず281リッターのトランク容量を確保している。さらにシート背後にはわずかながらも荷物を置ける段差が設けられており、薄いかばんやブリーフケース程度ならそこに収めることもできそうだ。

内装のデザインは最新のBMWのイメージを反映し、「8シリーズ」と同様メーターナセル内には液晶パネルが収まるも、ロードスター的な軽快かつスパルタンという演出は乏しい。が、その質感は確実に前型より高まり、「ポルシェ718ボクスター」や「ジャガーFタイプ」といったライバルを思い浮かべてもそれを上回るところにある。ちなみに生産を担当するのは先代と同様、マグナシュタイアのグラーツ工場で、これは90系スープラも同様だ。

新型Z4のグレード構成は搭載エンジンによって「20i」「30i」「M40i」に区別される。うち20iと30iにはチューニング違いの2リッター直4直噴ターボを搭載、最高出力は20iが197ps、30iが258psとなる。そして今回試乗したのは「ローンチエディション」に相当するM40i。B58系3リッター直6直噴ターボは340psのパワーを5000-6500rpmの範囲で、そして500Nmのトルクを1600rpmから発生する。いずれも組み合わせられるのはロックアップや変速速度をスポーティーにセットアップしたローンチコントロール機能付きの8段ATで、M40iの場合は後軸メカニカルLSDも標準装備。その最高速は250km/hに自主規制されるが、0-100km/h加速は4.5秒とその動力性能は「718ボクスターS」に肉薄する。

試乗した「M40i」の動力性能は、0-100km/h加速が4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と公表されている。
試乗した「M40i」の動力性能は、0-100km/h加速が4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と公表されている。拡大
ソフトトップの開閉に要する時間はそれぞれ約10秒。50km/h以下であれば走行中でも操作できる。
ソフトトップの開閉に要する時間はそれぞれ約10秒。50km/h以下であれば走行中でも操作できる。拡大
「M40i」のフロントに縦置きされる3リッター直6直噴ツインスクロールターボエンジンは、最高出力340ps、最大トルク500Nmを発生する。
「M40i」のフロントに縦置きされる3リッター直6直噴ツインスクロールターボエンジンは、最高出力340ps、最大トルク500Nmを発生する。拡大
「M40i」には「Mスポーツデファレンシャル」と呼ばれるメカニカルLSDがリアに標準装備される。
「M40i」には「Mスポーツデファレンシャル」と呼ばれるメカニカルLSDがリアに標準装備される。拡大

「曲がる」というよりも「回る」

走りはじめから驚かされたのはその操舵応答性だ。小径で握りの太い、ある意味BMWらしいステアリングを動かせば、いわゆる遊びはほんのわずか、数mm程度のところからゲインが素早く立ち上がり、バリアブルレシオのギア比もあってそのゲインはグイグイと高まっていく。この点、確かにアタマ側が重く修正も容易なFRは、MRなどに比べると攻めた設定が可能だ。が、先述の通り新型Z4は異例ともいえるホイールベース/トレッド比でも回頭性優先の設定となっている。結果としてそのフィールはかなりスパルタンなスポーツカー、例えば「ホンダS2000」あたりを思い出させるほどのビリビリぶりで、最初は真っすぐ走らせるのにもちょっと気を張るほどだった。その割には乗り心地がやたらといいというのも、戸惑いのひとつの理由かもしれない。

ここまで攻めたセットアップならば、さぞやキビキビ走るのだろうと踏んでいたワインディングでは案の定……というか、予想を上回るほどの身のこなしにこれまた驚かされる。鼻先の動きと着座位置のヨーとの間の微妙なズレであるとか、後軸まわりのモヤッとしたレスポンスであるとか、そういう前型の旋回感と、新型の旋回感との間には、何の連続性もない。ドライバーは旋回軸のど真ん中にいて、その車体は曲がるというより回ると称する方がふさわしい、そんな印象だ。

テストした「M40i」のみならず、全車で50:50の前後重量配分が守られているという。
テストした「M40i」のみならず、全車で50:50の前後重量配分が守られているという。拡大
センタースクリーンやエアコンの操作パネルをドライバー側に向けたインテリアデザインは、BMW車ではおなじみのもの。「M40i」にはステアリングホイールやペダルなど、Mパーツが装着される。
センタースクリーンやエアコンの操作パネルをドライバー側に向けたインテリアデザインは、BMW車ではおなじみのもの。「M40i」にはステアリングホイールやペダルなど、Mパーツが装着される。拡大
トランクルームの容量は281リッター。ルーフはトラックリッドの付け根に収納されるため、オープン走行時も容量は変わらない。
トランクルームの容量は281リッター。ルーフはトラックリッドの付け根に収納されるため、オープン走行時も容量は変わらない。拡大

運動性能目標は「M2」超え

8段ATのリンケージ感はトルコンとしてはギリギリのところまでタイトに仕立てられているから、アクセルのオン/オフに対しての車体側の受け止めも生き生きしており、かつLSDは想像以上に明快な差動感を示し……と、とにかくあらゆる要素が明確な曲がり志向で、その好戦的なキャラクターにはさすがに従来のお客さんにとってはシビアすぎないかと心配にもなる。運動性能目標は「M2」超え、ニュル7分55秒台……と、物騒なエピソードにも合点がいくというものだ。

もっとも、BMWにしてみればこれこそが確信犯のキャラクター設定なのだろう。今度こそ、「Zシリーズ」をブランドのトップアスリートに位置づける。Mの好きにはさせないと。ディメンションしかり、重心設定しかり、そこにお手盛り感がうかがえないのは、これまたトヨタとの協業がいい側に作用したということではないだろうか。そしてこの、新型Z4の攻めっぷりを知るに、トヨタの側の仕上がりは、スープラという名から受ける印象をはるかに飛び越えたものになることは不可避……もとい確実だと思う。

(文=渡辺敏史/写真=BMW/編集=藤沢 勝)

「M40i」には、よりスポーツ走行に適した電子制御式Mスポーツサスペンションや、制動力の高いMスポーツブレーキなども備わる。
「M40i」には、よりスポーツ走行に適した電子制御式Mスポーツサスペンションや、制動力の高いMスポーツブレーキなども備わる。拡大
「M40i」に搭載される8段ATは、シフトスピードなどを速めた、他グレードよりもスポーティーなセッティングとされている。
「M40i」に搭載される8段ATは、シフトスピードなどを速めた、他グレードよりもスポーティーなセッティングとされている。拡大
メーターパネルは全面を液晶スクリーンとしたもの。マップデータなども表示できる。
メーターパネルは全面を液晶スクリーンとしたもの。マップデータなども表示できる。拡大

テスト車のデータ

BMW Z4 M40i

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm
ホイールベース:2470mm
車重:1610kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:340ps(250kW)/5000-6500rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)255/40ZR18 95Y/(後)275/40ZR18 99Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:7.4-7.1リッター/100km(約13.5-14.1km/リッター、NEDC複合モード)
価格:--万円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

BMW Z4 M40i
BMW Z4 M40i拡大
 
BMW Z4 M40i(FR/8AT)【海外試乗記】の画像拡大
関連キーワード
Z4BMW試乗記
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事