第183回:ぶどうの収穫はルノー・キャトルで
『おかえり、ブルゴーニュへ』

2018.11.16 読んでますカー、観てますカー

オーソドックスなワイン映画

原題は『Ce qui nous lie』で、私たちを結ぶものという意味だという。そのままでは客が集まりそうにないので、『おかえり、ブルゴーニュへ』という邦題がつけられたのだろう。フランスの2大ワイン産地のひとつがブルゴーニュだということぐらいは、日本人の多くが知っているからだ。この映画がワインに関する作品であることがすぐにわかる。

ワインは映画と相性がいいようで、ワイナリーを舞台にした映画は多い。四季の移り変わりを撮っただけでも絵になる。ロードムービーの『サイドウェイ』は、カリフォルニアのぶどう畑を真っ赤な「サーブ900カブリオレ」が走り抜けるシーンが美しい。題材も豊富だ。ぶどう作りや醸造の過程は素人にとっても興味深いし、守旧派と改革派の対立は普遍的なテーマとなる。

超高価なブランドワインにはマネーゲームの側面もあって、生々しい政治的駆け引きが展開されることも多い。『モンドヴィーノ』はワインの価値をめぐる醸造家と評論家の確執を描き、商業化の波にさらされる業界の闇を追ったドキュメントだった。『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』は、軽んじられていたカリフォルニアワインがフランスの有名ブランドを打ち負かした実話をベースにしている。

『おかえり、ブルゴーニュへ』は、オーソドックスなストーリーである。ブルゴーニュを舞台に、ワインづくりに励む3兄妹の姿を追う。父が病に倒れ、ドメーヌの継承やぶどう栽培の方法についてそれぞれの気持ちがすれ違い、3人の間にさざ波が生じていた。

(C) 2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
(C) 2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA拡大
 
第183回:ぶどうの収穫はルノー・キャトルで『おかえり、ブルゴーニュへ』の画像拡大
 
第183回:ぶどうの収穫はルノー・キャトルで『おかえり、ブルゴーニュへ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事