「モデル3」は買いか否か?
日本市場のテスラについて聞く

2018.11.16 デイリーコラム

今後については心配ご無用

いままでで最もコンパクトかつリーズナブルなテスラ車として注目される「モデル3」。その実車が日本国内で披露され、2019年内に販売がスタートすることも告げられた。

とはいえ、モデル3の生産は当初の計画よりも遅れており、経済界ではテスラ社そのものの将来性についても疑問の声があがっている。モデル3、果たして買いなのか、それとも……。

この点について、テスラジャパンのカントリーセールスディレクターを務める吉田篤司さんは「まったく心配にはおよびません」と答える。

「経済界で言われていることについては、事実は事実なのだから仕方ありません。でも本当にまずいと思ったら、(少なからず経営的な事情を知っている)私もいまここで働いてはいませんよ(笑)」

いわく、モデル3が出るまでは、“ノリ”で事業を進めるというスタートアップ特有の不安定な面があったかもしれないが、モデル3をローンチする時点ではコストやクオリティーのガバナンス(健全な統治システム)が効き、会社組織としてもしっかりしてきたという。

「テスラは驚くほどの研究開発費を投じています。キャッシュフローの点であれこれ言われながらも決して妥協しないというのは、将来的な競争力が期待できるところだと思います」

とはいえ、買う側からすれば不安は不安だ。すでに注文したユーザーに対して、例えばキャンセルの引き止めを意図した弁明などはされているのだろうか? 聞けば、経済誌と株式市場には販売に関する説明をしているものの、ユーザーに対しては、謝罪メッセージを含む特別なケアはしていないとのこと。実際、キャンセルなどの悪影響はあまり出ていないのだという。

テスラの新型セダン「モデル3」。日本市場には、2019年の後半以降にデリバリーされる見込み。
テスラの新型セダン「モデル3」。日本市場には、2019年の後半以降にデリバリーされる見込み。拡大
「モデル3」の概要について説明する、テスラジャパン カントリーセールスディレクターの吉田篤司さん。モデル3については、EVであることよりもむしろ、走行性能や安全性に優れている点に注目してほしいと語る。
「モデル3」の概要について説明する、テスラジャパン カントリーセールスディレクターの吉田篤司さん。モデル3については、EVであることよりもむしろ、走行性能や安全性に優れている点に注目してほしいと語る。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「モデル3」は買いか否か?
    日本市場のテスラについて聞く
    2018.11.16 デイリーコラム 国内での発売時期が見えてきた「テスラ・モデル3」。コンパクトでリーズナブルなテスラは、すばり“買い”なのか? ちまたでうわさされているブランドの将来性も含め、日本法人・テスラジャパンで話を聞いた。
  • 手を離して運転できるBMW 2019年夏にも国内初導入 2019.4.10 自動車ニュース BMWジャパンは2019年4月10日、日本初となる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を同年夏以降に順次導入すると発表した。「3シリーズ」「8シリーズ」「X5」に同システムを採用、対象モデルを順次拡大する予定だ。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
ホームへ戻る