第537回:ルノー・スポール流“おもてなし”は超ハード!?
「メガーヌR.S.ドライビングアカデミー」に参加して

2018.12.07 エディターから一言
 
第537回:ルノー・スポール流“おもてなし”は超ハード!?「メガーヌR.S.ドライビングアカデミー」に参加しての画像拡大

ルノーが新型「メガーヌR.S.」のオーナーに向けて開催したドライビングアカデミーに、ひょんなことからwebCG記者が飛び入り参加。早朝から日暮れまで走り続けることで見えた、ルノー・スポール流“おもてなし”の神髄とは!?

早朝の富士スピードウェイにたたずむ新型「ルノー・メガーヌR.S.」。インポーターのルノー・ジャポンが運転教室系のイベントを主催するのは初めてだそうである。
早朝の富士スピードウェイにたたずむ新型「ルノー・メガーヌR.S.」。インポーターのルノー・ジャポンが運転教室系のイベントを主催するのは初めてだそうである。拡大
Bピラーに貼られた「4CONTROL」のバッジ。こうした装備のありがたみを享受できるのは、やはりクローズドコースでこそだろう。
Bピラーに貼られた「4CONTROL」のバッジ。こうした装備のありがたみを享受できるのは、やはりクローズドコースでこそだろう。拡大
好天に恵まれ、取材日は11月にもかかわらず、汗ばむほどの陽気だった。
好天に恵まれ、取材日は11月にもかかわらず、汗ばむほどの陽気だった。拡大

クローズドコースでしか試せない装備

「ドライビングスクールの体験取材、誰か行ってきて~」

編集部内でこういった声が上がると、皆の視線がある男のもとに集中する。何を隠そう、このワタシである。といっても、この手のリポートが特別にうまいというわけではなく、スクールにまぜてもらって運転を教えてもらってこい(というほどの腕前)というのが理由である。

というわけで、ルノーの日本法人ルノー・ジャポンが富士スピードウェイで催した「メガーヌR.S.ドライビングアカデミー」に参加した。名前が示すとおりこのアカデミーは、2018年8月末に発売されたばかりの新型メガーヌR.S.のオーナーを対象としたものである。なんと参加費用は無料だ。

なぜオーナー向けイベントにwebCGの記者がまぜてもらえたかというと、定員に空きが出たからである。といっても、新型が不人気で集まりが悪かったからというのではない。実情はその逆で、ルノー・ジャポンが2018年内に販売可能なストックはすべて売り払ってしまい、大量のバックオーダーを抱えているそうだ。というわけで、開催直前に「申し込んだけど納車が間に合っていない」とか「先週納車されたけど慣らしが終わっていない」というキャンセルが出てしまったのである。この点については「お客さまには誠に……」と、ルノー・ジャポンの関係者も平謝り状態であったので、全国のオーナーの方々も、どうか寛大なお心で対応していただきたい。そして、オーナーの皆さまに代わって参加させていただく代わりに、「今後の開催も前向きに検討させていただきます」という言質をしっかり取ってきたことを、まずはご報告したい。

これまで「カングー ジャンボリー」や「ルノー・スポール ジャンボリー」といった和気あいあい系のイベントを数多く開催してきたルノー・ジャポンだが、意外にも運転講習系のイベントを開くのは初めてだそうである。なぜこのタイミングなのかというと、それは新型メガーヌR.S.の戦闘力が高くなりすぎて、普通に走っているだけでは持ち味を生かしきれない装備がたくさんあるからだ。四輪操舵システムの「4コントロール」やダンパーinダンパーを備えた「HCC(ハイドロリック コンプレッション コントロール)」などの限界性能を公道で試すことは事実上不可能なので、「せめてクローズドコースで」というのが、開催に至った趣旨だそうである。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る