メルセデスもサポート 「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」

2018.12.12 自動車ニュース
ローレウスの日本での活動内容を発表した同団体のチェアマン、ショーン・フィッツパトリック氏。
ローレウスの日本での活動内容を発表した同団体のチェアマン、ショーン・フィッツパトリック氏。拡大

ローレウスは2018年12月12日、スポーツを通して社会貢献を行う「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」が日本における支援活動を開始すると、東京・六本木のメルセデス ミーで発表した。

サプライズゲストとして、サッカー日本代表元監督のフィリップ・トルシエ氏(写真右)も登壇。フィッツパトリック氏(写真左)と対談を行った。
サプライズゲストとして、サッカー日本代表元監督のフィリップ・トルシエ氏(写真右)も登壇。フィッツパトリック氏(写真左)と対談を行った。拡大
発表会には、ローレウス協賛企業の代表者も参列。左からメルセデス・ベンツ日本の代表取締役兼CEOの上野金太郎氏、ローレウスのチェアマンであるショーン・フィッツパトリック氏、三菱UFJフィナンシャル・グループの南里彩子氏、IWCブランドディレクターのマニュエル・ブランデラ氏、フィリップ・トルシエ氏。
発表会には、ローレウス協賛企業の代表者も参列。左からメルセデス・ベンツ日本の代表取締役兼CEOの上野金太郎氏、ローレウスのチェアマンであるショーン・フィッツパトリック氏、三菱UFJフィナンシャル・グループの南里彩子氏、IWCブランドディレクターのマニュエル・ブランデラ氏、フィリップ・トルシエ氏。拡大

ローレウスとは、2000年にリシュモン・グループと、メルセデス・ベンツ日本(以下MBJ)の親会社であるダイムラー社が共同で設立した財団で、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」の3つから構成されている。「スポーツには世界を変える力がある」という共通理念のもと、スポーツの力を通して社会貢献を行っている。

メルセデス・ベンツはローレウスの設立以来、グローバルパートナーとしてローレウスの活動を継続してサポート。過去にはローレウスの名を掲げた限定モデルも販売している。現在、ローレウスのグローバルパートナーには、メルセデス・ベンツのほか、AMGとのコラボレーションも行っているスイスの時計メーカーIWC、日本企業としては初めてとなる三菱UFJ銀行が2018年より就任している。

同発表では、ローレウス・スポーツ・フォー・グッドが「スペシャルオリンピックス日本・東京」(以下SON・東京)および「NPO法人スポーツカントリーアンビスタ」(以下アンビスタ)への出資を決定したことが報告された。「スペシャルオリンピックス」とは、知的障害のある人たちにさまざまなスポーツトレーニングと、その成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織で、22カ国が加盟している。日本国内本部では、オリンピック・マラソン競技のメダリストである有森裕子氏が理事長を務めており、SON・東京はその地方下部組織という位置づけだ。アンビスタは、東京・荒川区の女子サッカークラブ等を擁する団体である。

MBJは、IWC、三菱UFJ銀行とともに、ローレウスのこうした日本におけるスポーツを通じた活動のサポートを今後も引き続き行っていくという。

(webCG)

 

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
ホームへ戻る