あの人気車種もモデルチェンジ!?
2019年の自動車業界はココに注目

2019.01.04 デイリーコラム

今年は「大衆車の年」になる!

2019年は新元号の年(5月より)。新元号はクルマにはあんまり関係なさそうですが、なんとなく気分はアガります。

そして今年は、消費税アップの年(見込みでは10月から)。こっちのほうは、消費の冷え込みを抑えるために、実質的な「値上げ」がないような仕組みになるため、駆け込み消費やその反動冷え込みは最小限か。となると、こっちも「無風」ということになります。

また、2019年10月以降に新車を購入すると、自動車税が若干お安くなります。最大でも年4500円ぽっちで、それくらいなら値引き交渉を粘ったほうがはるかにデカいってのが本当のところですが、人間は固定費を嫌うもの。税金が安くなるコンパクトカークラスは、軽や中・大型車からの乗り換えで、若干活気づくのではないでしょうか。

だから、というわけではまったくありませんが、今年のニューモデルは「大衆車まつり」になりそうです!

大物としては、まず新型「カローラ アクシオ/フィールダー」! 年々「おじいさんのクルマ」になりつつあったカローラだけど、今度のカローラはこれまでとは比べものにならないくらいカッコいいはず。なにせ海外向けのカローラベースに、ややサイズを縮めて開発されるので!

ただ、それでも3ナンバーにはなるので、従来のおじいさん系ユーザーは、一斉にカローラ離れを起こすでしょう。国内の登録車販売ランキングを見ても、3ナンバーで上位に来ていたのは「プリウス」くらい。つまりカローラはまるで売れなくなる! ガクー!

カローラがダメとなると、期待が高まるのが「ホンダ・フィット」です。こっちは、現行モデルがオーバーデザインで失敗したので、コンサバなフツーのハッチバックになると予想されております。近年のホンダデザインの低迷を見ると、大きな期待はできませんが、ハイブリッドはi-MMDになり、大幅に洗練されるはず。自動車税の引き下げを追い風(微風?)に、持ち前の抜群の居住性を生かして、大暴れの可能性もあるでしょう。

中国市場で販売される新型「トヨタ・カローラ」。日本でも、「カローラ アクシオ」(セダン)の次期モデルとして展開されるはず。
中国市場で販売される新型「トヨタ・カローラ」。日本でも、「カローラ アクシオ」(セダン)の次期モデルとして展開されるはず。拡大
こちらは、「カローラ ツーリングスポーツ」の名で欧州デビューした、新世代「カローラ」のワゴンモデル。従来型の中高年ユーザーにとっては、カッコよすぎる!?
こちらは、「カローラ ツーリングスポーツ」の名で欧州デビューした、新世代「カローラ」のワゴンモデル。従来型の中高年ユーザーにとっては、カッコよすぎる!?拡大
ホンダの売れっ子コンパクト「フィット」もいよいよ新型に。写真は、2018年7月に発売されたコンプリートカー「フィット モデューロ スタイル」。ホンダの純正アクセサリーでドレスアップされている。
ホンダの売れっ子コンパクト「フィット」もいよいよ新型に。写真は、2018年7月に発売されたコンプリートカー「フィット モデューロ スタイル」。ホンダの純正アクセサリーでドレスアップされている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事