トヨタが「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を一部改良 特別仕様車も設定

2019.01.07 自動車ニュース
ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”(7人乗り・2WD)
ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”(7人乗り・2WD)拡大

トヨタ自動車は2019年1月7日、ミニバンの「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を一部改良し、同日に販売を開始した。

 
ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”(7人乗り・2WD)
ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”(7人乗り・2WD)拡大
ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”(7人乗り・2WD)のインテリア。
ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”(7人乗り・2WD)のインテリア。拡大
ノアSi(ハイブリッド車)
ノアSi(ハイブリッド車)拡大
エスクァイアGi“Premium Package”(ハイブリッド車)
エスクァイアGi“Premium Package”(ハイブリッド車)拡大

今回の一部改良では、「Toyota Safety Sense」において昼間の歩行者も検知対象としたプリクラッシュセーフティーを採用している。

さらに、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する機能「インテリジェントクリアランスソナー」を新たに設定。同機能装備車両は「サポカーSワイド」に相当するという。

価格はヴォクシーが250万9920円~328万6440円、ノアが250万9920円~328万6440円、エスクァイアが266万4360円~337万6080円となっている。

同時にヴォクシーには、「ZS」をベースに内外装の随所にメッキやシルバー塗装をあしらい、ロアグリルに黒艶塗装を施すなどした特別仕様車「 ZS“煌(きらめき)Ⅱ”」が設定されている。

ノアには「Si」をベースに、内装色にブラック&フロマージュを用い、ホワイトステッチを背面と座面にあしらった専用シート表皮(合成皮革+ファブリック/消臭機能付き)を特別装備し、さらに専用エンブレムやアウトサイド/インサイドドアハンドルにメッキ加飾を施した特別仕様車「 Si“W×B(ダブルバイビー)Ⅱ”」をラインナップしている。

エスクァイアには「Gi」をベースに、ボンネットフードモール、バックドアガーニッシュなどをスモークメッキとし、内装ではセンタークラスターパネルやフロントドアスイッチベースにブラックレーザーライン加飾を施したほか、ブラック色のヌバック調シート表皮「ブランノーブ」を採用した特別仕様車 「Gi“Premium Package・Black-Tailored(プレミアムパッケージ・ブラックテイラード)”」が用意されている。

これらの特別仕様車には、リヤオートエアコン、ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー、挟み込み防止機能付き)、6スピーカーなども装備されている。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • ヴォクシーZS“煌 Ⅱ”:285万6600~338万0400円
  • ノアSi“W×B Ⅱ”:285万6600~338万0400円
  • エスクァイアGi“Premium Package・Black-Tailored”:306万2880~339万7680円

(webCG)

関連キーワード:
ヴォクシー, ノア, エスクァイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴォクシー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
ホームへ戻る