クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)

サクセス・ユーティリティー・ビークル 2019.01.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。

この躍進は予想外

「ポルシェ911」は販売累計100万台の達成に53年かかった。2002年に登場したカイエンは、このままのペースでいけば、20年かからずに100万台超えを果たしそうだ。

911より多機能で多用途に使えれば、911より台数は出る、という読みはあっただろうが、まさかこれほどの大成功を予想した人はいなかったと思う。ポルシェが掘り当てた新しい鉱脈、であるばかりか、その後、ジャガーやベントレーやランボルギーニやロールス・ロイスまでが新規参入するハイエンドSUVのパイオニアがカイエンである。

3代目に生まれ変わったカイエンの試乗車が調ったので、早速ためしてみた。新シリーズの日本仕様第1弾は、3リッターV6ターボの標準モデル、2.9リッターV6ツインターボの「S」、4リッターV8ツインターボを積む「ターボ」の3モデル。今回乗ったのは標準モデル。自然吸気3.6リッターV6だった旧型より約100万円高くなったが、ぎりぎり大台をきる(976万円)新型カイエンである。

3世代目となる最新の「ポルシェ・カイエン」は、2017年8月にデビュー。国内では同年12月に予約受注が始められた。
3世代目となる最新の「ポルシェ・カイエン」は、2017年8月にデビュー。国内では同年12月に予約受注が始められた。拡大
「カイエン」に搭載される3リッターV6ターボエンジン。1340rpmの低回転域から450Nmの最大トルクを発生する。
「カイエン」に搭載される3リッターV6ターボエンジン。1340rpmの低回転域から450Nmの最大トルクを発生する。拡大
水平基調のリアコンビランプは新型「カイエン」の特徴的なディテールのひとつ。停車中でもワイドかつスポーティーな印象を与えるようデザインされている。
水平基調のリアコンビランプは新型「カイエン」の特徴的なディテールのひとつ。停車中でもワイドかつスポーティーな印象を与えるようデザインされている。拡大

他ブランドの影がちらほら

最近の高級車は朝のお出迎えが手厚い。まだ薄暗いガレージにいるカイエンに近づくと、ドアロックが解除され、ドアミラー底部のLEDがついて足もとを照らす。ヘッドライトとルームランプもつく。室内灯に照らされた運転席まわりの陰影が美しくて、ガラス越しにちょっと見とれてしまった。

エンジンの始動/停止は、リモコンキーをスロットに挿し込んで回すのではなく、つくりつけのつまみを回して行う。なかなか使いやすい。

ダッシュボードも一新された。中央に横長12.3インチのタッチスクリーンが置かれ、目の前の計器盤は、正面のタコメーター以外、バーチャルになった。そこにナビマップを出していると、“アウディ・カイエン”という感じだ。

フォルクスワーゲングループのMLBプラットフォームを採用する新型カイエンはまた少し大きくなった。ホイールベースは旧型と変わらないが、全長は約6cm延び、4.9mを超えた。その恩恵をいちばん受けたのは荷室で、容量は一気に100リッター拡大している。見た目にも広い。ただ、テールゲート側から後席背もたれを倒す遠隔機構が付いていないのは残念だ。

ボディー外板はすべてアルミ製。モノコックも足まわりも旧型より軽量コンシャスにつくられた結果、標準モデルでは70kg軽くなっている。

ブラック×モハーベベージュのインテリアカラーはオプション(70万7000円)として選択できる。
ブラック×モハーベベージュのインテリアカラーはオプション(70万7000円)として選択できる。拡大
メーターパネルは、部分的に液晶式になっている。5連のアナログ式メーターを表示できるほか、写真のようにカーナビの地図を映し出すことも可能。
メーターパネルは、部分的に液晶式になっている。5連のアナログ式メーターを表示できるほか、写真のようにカーナビの地図を映し出すことも可能。拡大
後席の座面は60:40の比率で分かれており、それぞれが前後に約16cm(実測値)スライドできる。背もたれは29度の範囲で10段階に調節可能。
後席の座面は60:40の比率で分かれており、それぞれが前後に約16cm(実測値)スライドできる。背もたれは29度の範囲で10段階に調節可能。拡大
荷室の容量は5人乗車時で770リッター。40:20:40分割式の後席を倒すことで、さらに拡大できる。
荷室の容量は5人乗車時で770リッター。40:20:40分割式の後席を倒すことで、さらに拡大できる。拡大

走ると小さく感じられる

車庫のなかではたっぷり大きかったが、走りだすとそれほどでもない。どのモデルも概してアンコ型だった先代の乗り味を思い出すと、新型は少しかろやかになった。試乗車は標準のメカサスペンションだが、乗り心地もよりしなやかになった。脚がよく動くようになった気がする。ボディーは大型化したけれど、旧型オーナーが乗ったら、むしろ少しコンパクトになった印象を持つのではないか。そのへんが新型カイエンの“新しさ”だと思う。

エンジンは「パナメーラ」にも使われている3リッターV6ターボ。パナメーラより10ps上乗せされた340psは、2040kg(車検証記載値)のボディーにも十分以上で、0-100km/hは6.2秒。サーキット走行対応オプションのスポーツクロノパッケージを装備すると、5.9秒に短縮される。

新型は前後輪のタイヤが異サイズになった。20インチを履く試乗車は、前が275/45、後ろが305/40。911初出のオプション、リアアクスルステアリング(後輪操舵)が要求するスペックなのか、911のように後輪のほうが太い。ワインディングロードでは、そう言われてみるとたしかに後ろの蹴り出し感が強くなったような気がした。前述したように、乗り心地にネガティブな影響は感じられない。

「5人のためのスポーツカー」とアピールされる新型「カイエン」。同モデルとしては初の後輪操舵システムも用意されている。
「5人のためのスポーツカー」とアピールされる新型「カイエン」。同モデルとしては初の後輪操舵システムも用意されている。拡大
試乗車の20インチアルミホイール。タイヤのサイズは、ドライビングダイナミクスの向上を図るべく、後輪の方が大きくなっている(前:275/45ZR20、後ろ:305/40ZR20)。
試乗車の20インチアルミホイール。タイヤのサイズは、ドライビングダイナミクスの向上を図るべく、後輪の方が大きくなっている(前:275/45ZR20、後ろ:305/40ZR20)。拡大
試乗車の座席はオプション(22万6000円)の14Wayパワーシート。シートヒーターは前席・後席セットで15万8000円のオプションとして用意される。
試乗車の座席はオプション(22万6000円)の14Wayパワーシート。シートヒーターは前席・後席セットで15万8000円のオプションとして用意される。拡大
センターコンソールはフラットなボード状で、スイッチ類も多くがタッチパネル式になっている。
センターコンソールはフラットなボード状で、スイッチ類も多くがタッチパネル式になっている。拡大

主題となるのは実用性

約420kmを走って、燃費は8.4km/リッター(満タン法)だった。車重2tの大型四駆でも、ユーロ6クリアの欧州車はこれくらい走る。

ユーティリティーでポルシェを選べば、カイエンか「マカン」である。しかし今回たまたま、カイエンを試したあとに「911カレラT」に乗ったところ、ドライビングの楽しさはやはり911の独壇場だとあらためて思った。

それはたとえば「ジャガーFペース」から「Fタイプ」に乗り換えても同じである。これまでに経験したSUVで心底オモシロイと思ったのは、アシをガチガチに固めて、四角いスーパーカーみたいになっていた先代「メルセデスG63 AMG」くらいしかない。SUVはスポーツ・ユーティリティー・ビークルの略だが、主題はあくまでユーティリティーである。

2002年のデビュー以来ずっと911より売れているカイエンの記録を、こんどは2014年登場のマカンが塗り替えている。21世紀のポルシェユーザーは、SUVを求めているのだ。

でも、それによって911がますます余人をもって代え難いエクスクルーシブな存在になるのだとしたら、ありがたい。親戚筋のフォルクスワーゲングループとの協業で新境地をひらく“SUVポルシェ”は、ある意味、銚子電鉄におけるぬれ煎餅みたいなものか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=関 顕也)

新型「カイエン」の0-100km/h加速タイムは6.2秒。「スポーツクロノパッケージ」装着車の場合は5.9秒と公表される。
新型「カイエン」の0-100km/h加速タイムは6.2秒。「スポーツクロノパッケージ」装着車の場合は5.9秒と公表される。拡大
センターモニターはタッチ式の12.3インチ。後退時には、車両を上方から見たような映像(写真)で周囲の安全を確認することもできる。
センターモニターはタッチ式の12.3インチ。後退時には、車両を上方から見たような映像(写真)で周囲の安全を確認することもできる。拡大
マフラーエンドは2本出し。試乗車のリアエンドには、ステンレス製のスキッドプレートが装着されていた。
マフラーエンドは2本出し。試乗車のリアエンドには、ステンレス製のスキッドプレートが装着されていた。拡大
今回は、高速道路主体で420kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で8.4km/リッター、車載の燃費計で8.1km/リッターを記録した。
今回は、高速道路主体で420kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で8.4km/リッター、車載の燃費計で8.1km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

ポルシェ・カイエン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4918×1983×1696mm
ホイールベース:2895mm
車重:1985kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:340ps(250kW)/5300-6400rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/1340-5300rpm
タイヤ:(前)275/45ZR20 110Y/(後)305/40ZR20 112Y(ブリヂストン・デューラーH/P SPORT)
燃費:9.2-9.0リッター/100km(約10.9-11.1km/リッター、欧州複合モード)
価格:976万円/テスト車=1364万4000円
オプション装備:ボディーカラー<キャララホワイトメタリック>(19万3000円)/インテリアカラー<ブラック×モハーベベージュ>(70万7000円)/20インチ カイエン スポーツホイール(34万8000円)/14Wayパワーシートメモリーパッケージ(22万6000円)/ドアレバー<ハイグロスブラック>(4万4000円)/エクステリアミラー<ハイグロスブラック>(9万8000円)/エクステリアパッケージ<ブラックハイグロス仕上げ>(6万3000円)/ティンテッドLEDテールライト(12万5000円)/ステンレス製スキッドプレート<フロントおよびリア>(20万6000円)/LEDマトリクスヘッドライト ブラック<PDLS Plus含む>(44万円)/スポーツクロノパッケージ<モードスイッチ含む>(19万9000円)/パワーステアリングプラス(5万2000円)/モハーベベージュ シートベルト(8万9000円)/シートヒーター<フロントおよびリア>(15万8000円)/フロアマット(3万3000円)/ポルシェクレスト エンボスヘッドレスト(4万2000円)/レザーインテリアパッケージ<インテリアカラー>(32万5000円)/BOSEサラウンドサウンドシステム(24万6000円)/プライバシーガラス(9万1000円)/ポルシェエントリー&ドライブシステム(19万9000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:8270km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:417.0km
使用燃料:49.9リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.4km/リッター(満タン法)/8.1km/リッター(車載燃費計計測値)

ポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエン拡大
複数の光源が独特な表情を見せる「LEDマトリクスヘッドライト」。自動的に照射範囲を調節する「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS Plus)」機能も含まれる。
複数の光源が独特な表情を見せる「LEDマトリクスヘッドライト」。自動的に照射範囲を調節する「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS Plus)」機能も含まれる。拡大
ステアリングホイールのスポーク部には、インフォテインメントシステムの操作スイッチが並ぶ。センター右下に見えるのは、走行モードのセレクトダイヤル。
ステアリングホイールのスポーク部には、インフォテインメントシステムの操作スイッチが並ぶ。センター右下に見えるのは、走行モードのセレクトダイヤル。拡大
センターコンソールの後端には、後席用のシートヒーターやUSBコネクターが備わっていた。
センターコンソールの後端には、後席用のシートヒーターやUSBコネクターが備わっていた。拡大
後席の背もたれを倒した様子。荷室の容量は最大で1710リッターにまで拡大できる。
後席の背もたれを倒した様子。荷室の容量は最大で1710リッターにまで拡大できる。拡大
注目の記事PR
  • ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。
    ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ カイエン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。