日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定

2019.01.11 自動車ニュース
ストーンホワイトでコーディネートされた「日産エクストレイルAUTECH」のインテリア。
ストーンホワイトでコーディネートされた「日産エクストレイルAUTECH」のインテリア。拡大

日産車の純正カスタマイズモデルや特装車の開発、製作を手がけるオーテックジャパンは2019年1月11日、千葉・幕張で開催中の「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月13日まで)において、「AUTECH」シリーズの内装をオーナーの好みに応じて仕立てる「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を発表した。

日産自動車の出展ブースにおいて、「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」について説明するオーテックジャパンの片桐隆夫CEO。
日産自動車の出展ブースにおいて、「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」について説明するオーテックジャパンの片桐隆夫CEO。拡大
展示されていた「エクストレイルAUTECH」のインテリア。ストーンホワイトのシートなどが用いられていた。
展示されていた「エクストレイルAUTECH」のインテリア。ストーンホワイトのシートなどが用いられていた。拡大

シートの素材や色、ステアリングの仕様が選択可能に

AUTECHは、スポーティーでありながらプレミアム感の高いスタイリングや素材にもこだわった、“プレミアムスポーティー”をテーマとした日産車の純正カスタマイズモデルであり、現在は「セレナ」「ノート」「エクストレイル」(2019年1月28日発売)の3車種に設定されている。

今回発表されたプレミアムパーソナライゼーションプログラムは、これらのモデルにおいて、シートの色や素材、ステアリングの色やステッチデザインなどを、顧客の好みに応じて組み合わせられるサービスであり、同時に装備の強化も図られる。

モデルごとのプログラム内容は、以下の通り。

エクストレイルAUTECH(プレミアムパーソナライゼーションプログラム仕様)
エクストレイルAUTECH(プレミアムパーソナライゼーションプログラム仕様)拡大
 
日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大

【エクストレイルAUTECH】
特別装備
・運転席&助手席パワーシート化(運転席:スライド、リクライニング、リフター、ランバーサポート/助手席:スライド、リクライニング)
・シート色変更(ストーンホワイト、タン)

オプション
・ステアリングの仕様変更(純正ではブラック/ブルーの本革巻きステアリングホイールの青色箇所を、ストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択可能)
・ステッチの縫製パターンを3種類から選択可能

適応モデル
AUTECH iパッケージ(FF)、AUTECHハイブリッドiパッケージ(FF)、AUTECH iパッケージ(4WD)、AUTECHハイブリッドiパッケージ(4WD)

価格
・プレミアムパーソナライゼーションプログラム特別装備:59万4000円
・オプション<ステアリング変更>:5万4000円

ノートAUTECH(プレミアムパーソナライゼーションプログラム仕様)
ノートAUTECH(プレミアムパーソナライゼーションプログラム仕様)拡大
 
日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大
 
日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大

【ノートAUTECH】
特別装備
・レザレットシート(全席)(ストーンホワイト、ブラウン、ブラック)
・後席アームレスト(カップホルダー2個付き)

オプション
・ステアリングの仕様変更(純正ではブラック/ブルーの本革巻きステアリングホイールの青色箇所を、ストーンホワイト、ブラウン、ブラックの3色から選択可能)
・ステッチの縫製パターンを3種類から選択可能

適応モデル
e-POWER AUTECH(FF)、e-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)、e-POWER AUTECH FOUR

価格
・プレミアムパーソナライゼーションプログラム特別装備:16万2000円
・オプション<ステアリング変更>:5万4000円

セレナAUTECH(プレミアムパーソナライゼーションプログラム仕様)
セレナAUTECH(プレミアムパーソナライゼーションプログラム仕様)拡大
 
日産、AUTECHモデルのパーソナライゼーションプログラムを設定の画像拡大

【セレナAUTECH】
特別装備
・本革シート(全席)(ストーンホワイト、タン、ブラック)

適応モデル
e-POWER AUTECHセーフティーパッケージ

価格
・プレミアムパーソナライゼーションプログラム特別装備:5万4000円

(webCG)

関連キーワード:
セレナ, ノート, エクストレイル, 日産, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「セレナ」を一部改良 お買い得な新グレードも 2018.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2018年9月6日、ミニバン「セレナ」の仕様を一部変更し、販売を開始した。今回は、マイルドハイブリッド機構「S-HYBRID」搭載車とガソリン車を対象に安全装備の充実を図ったほか、新グレードを設定した。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
ホームへ戻る