ファンも驚くカスタムカー
「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」はこうして生まれた

2019.01.18 デイリーコラム

さすが本家のクオリティー

過去最高の来場者数を記録し、大盛況のうちに幕を閉じた、“カスタマイズカーの祭典”「東京オートサロン2019」。今年も個性豊かなカスタムカーが顔をそろえた。その中には、話題の新型車をベースにしたものも含まれる。いわば今年のオートサロンの顔ともいうべきモデルである。

今回の主役は、文句なしに新型「スズキ・ジムニー」だ。多くのカスタムショップが、オートサロンでのお披露目を目指してデモカーを製作してきていた。定番のハイリフトなどのオフローダーチューニングに加え、スクエアなデザインを生かし、「メルセデス・ベンツGクラス」や「ランドローバー・ディフェンダー」風に仕立てたドレスアップカーも見られた。いわゆる“なんちゃって”仕様ではあるものの、見事にデフォルメされており、その完成度には舌を巻いた。そんなカスタムジムニーの中で最も注目を集めたのは、やはり本家のスズキブースに展示されたコンセプトカー「ジムニー サバイブ」「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」だろう。

ジムニー独自の世界観を突き詰めたというべきジムニー サバイブは、軽自動車のジムニーをベースに、オフロード性能を存分に発揮できるようカスタムを施した車両だ。マットグレーのボディーには、アウターロールケージやプロテクターを装着。ルーフにはスロープ、背面にはジャッキまで備える。まさに道なき道を進むサバイバル仕様だ。インテリアも専用装飾となり、ラゲッジスペースには、車中泊キットが収められていた。

もう1台のジムニーシエラ ピックアップスタイルは、大胆なピックアップトラック仕立て。ベースとなったのは、小型車となるジムニーシエラ。メーカーの作だけにバランスも良く、このまま市販化できそうなスタイルだ。ボディーのウッドパネルにライト付きロールバーを備え、往年のオフロードトラックをほうふつさせる。インテリアは、標準車とは異なるベージュ色が採用されており、鮮やかなチェック柄のシートが目を引く。ピックアップ化のために2シーター化されているが、シート後方にもスペースがあり、荷物が収められるようになっている。どちらもジムニー好きの心をわしづかみにする仕様だ。

これらのジムニーはどのように生み出されたのだろうか? これらのコンセプトカー開発でデザインの統括を行った、スズキ 四輪デザイン部の宮澤貴司さんに話をうかがった。

東京オートサロン2019のスズキブース中央には、大人気の「ジムニー/ジムニーシエラ」をベースとするカスタムカーが2台展示された。写真手前が「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」で、奥が「ジムニー サバイブ」。
東京オートサロン2019のスズキブース中央には、大人気の「ジムニー/ジムニーシエラ」をベースとするカスタムカーが2台展示された。写真手前が「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」で、奥が「ジムニー サバイブ」。拡大
「ジムニー サバイブ」では、「極限の状況下で厳しい自然の中を進んでいく力強さ」が表現されている。開発者も「いわばジムニー本来のイメージを形にしたモデル」と語る。
「ジムニー サバイブ」では、「極限の状況下で厳しい自然の中を進んでいく力強さ」が表現されている。開発者も「いわばジムニー本来のイメージを形にしたモデル」と語る。拡大
こちらは「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」。DIYをはじめとする趣味を楽しむシーンで相棒として活躍するクルマとして開発された。
こちらは「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」。DIYをはじめとする趣味を楽しむシーンで相棒として活躍するクルマとして開発された。拡大
「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」のインテリア。チェック柄のシートには、ジムニーを象徴するキャラクターであるサイのレザーワッペンが添えられるなど、ディテールにもこだわりが見られる。
「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」のインテリア。チェック柄のシートには、ジムニーを象徴するキャラクターであるサイのレザーワッペンが添えられるなど、ディテールにもこだわりが見られる。拡大
「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」は2人乗りだが、シートの後方には荷物の積載スペースが確保されている。
「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」は2人乗りだが、シートの後方には荷物の積載スペースが確保されている。拡大
スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー『動く茶室』(Kiwakoto CRAFT-CAR) 2021.5.8 画像・写真 放送作家・脚本家である小山薫堂氏の要望を受け、Kiwakoto(キワコト)が京都の工芸職人とともにつくり上げた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。“動く茶室”となったジムニーの姿を、匠(たくみ)の技がやどるディテールとともに紹介する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編) 2021.5.9 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。前編では内装のつくりを絶賛した山野だったが、話題はいよいよ走りの印象におよぶ。「ハンドリングがそっくり」と語る意外な車名とは!?
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
ホームへ戻る