「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸

2019.02.14 自動車ニュース
メルセデスAMG GT R PRO
メルセデスAMG GT R PRO拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、ハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GT R PRO」を発表。同日、20台の台数限定で予約注文の受け付けを開始した。

 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大

メルセデスAMG GT R PROは、「メルセデスAMG GT R」をベースに、レーシングマシンである「GT3」「GT4」のノウハウを注いで開発された高性能モデル。「AMG GT」シリーズの新たなフラッグシップと位置づけられている。

ボディーワークに関しては、カーボンファイバー製のルーフやアンダーパネル、専用デザインのフロントエプロン、リアホイールハウス周辺のエアロパーツが特徴。レーシングストライプ(ボンネット、ルーフ、テールゲート、ボディーサイド)や、チタニウムグレーペイントのリムフランジを持つ軽量鍛造ホイール、軽量なカーボンファイバー製バケットシートなども他モデルとの相違点となっている。

パワーユニットは「AMG GT R」と同じ4リッターV8ツインターボで、最高出力585ps、最大トルク700Nmというスペックのほか、最高速度(318km/h)や0-100km/hの加速タイム(3.6秒)はベースモデルと変わらない。

一方、足まわりには、サーキットに応じてサスペンション設定を変えられる「AMGコイルオーバーサスペンション」を装備。スプリング長が調節できるほか、縮み側および伸び側のダンパー特性が変更できる。リアアクスルのアッパーおよびロアウイッシュボーンにピロボールが採用されているのもポイントで、大きな荷重がかかった際にもトーインとキャンバーが変化しないため、ドライバーの意思に忠実にドライブできるとうたわれる。

メルセデスAMG GT R PROの価格は2900万円。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る