「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸

2019.02.14 自動車ニュース
メルセデスAMG GT R PRO
メルセデスAMG GT R PRO拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、ハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GT R PRO」を発表。同日、20台の台数限定で予約注文の受け付けを開始した。

 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」のフラッグシップモデル上陸の画像拡大

メルセデスAMG GT R PROは、「メルセデスAMG GT R」をベースに、レーシングマシンである「GT3」「GT4」のノウハウを注いで開発された高性能モデル。「AMG GT」シリーズの新たなフラッグシップと位置づけられている。

ボディーワークに関しては、カーボンファイバー製のルーフやアンダーパネル、専用デザインのフロントエプロン、リアホイールハウス周辺のエアロパーツが特徴。レーシングストライプ(ボンネット、ルーフ、テールゲート、ボディーサイド)や、チタニウムグレーペイントのリムフランジを持つ軽量鍛造ホイール、軽量なカーボンファイバー製バケットシートなども他モデルとの相違点となっている。

パワーユニットは「AMG GT R」と同じ4リッターV8ツインターボで、最高出力585ps、最大トルク700Nmというスペックのほか、最高速度(318km/h)や0-100km/hの加速タイム(3.6秒)はベースモデルと変わらない。

一方、足まわりには、サーキットに応じてサスペンション設定を変えられる「AMGコイルオーバーサスペンション」を装備。スプリング長が調節できるほか、縮み側および伸び側のダンパー特性が変更できる。リアアクスルのアッパーおよびロアウイッシュボーンにピロボールが採用されているのもポイントで、大きな荷重がかかった際にもトーインとキャンバーが変化しないため、ドライバーの意思に忠実にドライブできるとうたわれる。

メルセデスAMG GT R PROの価格は2900万円。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る