クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4(4WD/8AT)

いくひさしく むつまじく 2019.03.05 試乗記 アルファ・ロメオが初めて手がけたSUV「ステルヴィオ」。そのラインナップに加わることになった、ディーゼルモデルの走りやいかに? ガソリンモデルにも試乗経験のある筆者が、乗り味を報告する。

ディーゼルなのにスポーティー!?

2019年2月19日、FCAジャパンはアルファ・ロメオの最新ディーゼルの国内初導入を発表した。セダンの「ジュリア」とSUVの「ステルヴィオ」用に開発されたこれは、車名は「2.2」と付くけれど、実際はボア×ストローク=83×99mmの排気量2142ccで、アルファのディーゼルとしては初のアルミブロックを採用する。

低回転からターボラグのないレスポンスと高トルクを実現するため、e-VGT(電子制御式バリアブルジオメトリーターボ)や、より正確な排圧コントロール(ブースト圧制御)を可能とする「ターボスピードセンサー」などを盛り込んだ革新的な「ターボRPM(レスポンシブパフォーマンスマネジメント)システム」が導入されている。ここらへんはプレスリリースのコピペですけれど、ようするに「低回転からターボラグのないレスポンスと高トルクを実現する」ことに主眼が置かれている。FCAジャパンは、「スポーツディーゼルエンジン」と位置付けている。

世界的に厳しいといわれている日本の排出ガス規制「ポスト新長期規制」並みの厳しさで知られるヨーロッパの排出ガス規制「ユーロ6d」をクリアするため、酸化触媒や微粒子フィルターのほか、必要に応じて排ガスにアドブルー(尿素水溶液)を噴射することでNOx(窒素酸化物)を低減している。

国内では2019年2月18日にデビューした、「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」のディーゼルモデル。同年4月6日に販売が開始される。
国内では2019年2月18日にデビューした、「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」のディーゼルモデル。同年4月6日に販売が開始される。拡大
「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」のインテリアカラーは、写真のブラックのほか、ブラック×レッドのツートンも選べる。
「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」のインテリアカラーは、写真のブラックのほか、ブラック×レッドのツートンも選べる。拡大
メーターパネルは2眼式で、センターにマルチインフォメーションディスプレイが置かれる。低めの4500rpmからレッドゾーンが始まるエンジン回転計は、ディーゼル車ならではのもの。
メーターパネルは2眼式で、センターにマルチインフォメーションディスプレイが置かれる。低めの4500rpmからレッドゾーンが始まるエンジン回転計は、ディーゼル車ならではのもの。拡大

スペックに興味津々

ちなみに、このボア×ストロークはメルセデス・ベンツの「220d」用ディーゼルエンジンとくしくも同一で、排気量2.1リッターなのに2.2リッターのような名乗りを上げているところも同じだ。

アルファが追随したと申し上げたいのではない。もちろんメルセデスのエンジンも研究しただろうけれど、そもそも現代の乗用車用ディーゼルで常識となっているコモンレール式を開発したのは1990年代のフィアット・グループである。手がけたのは、1968年から88年までアルファに在籍したエンジニア、アレッサンドロ・ピッコーネさんという「エンジンの神様」、と筆者は内田盾男さんからうかがった。世界初のコモンレール・ディーゼルを搭載した量産型乗用車は1997年に発表された「アルファ156 JTD」だった。

今回のアルファの最新ディーゼルももちろんコモンレール式で、一行程に2000バールの高圧燃料噴射を最大8回行う高精細な燃料噴射装置「マルチジェットII」を搭載している。ちなみにマツダの「スカイアクティブD 2.2」は5回で、回数が多ければよいというものではないにせよ、回数は多いほうがうれしい、ということは言えるのではあるまいか。

もうひとつちなみに、「マルチジェットII」でググると、「2.2マルチジェットII」というのが出てくる。2015年に「ジープ・チェロキー」に搭載されたこれは、ボア×ストローク=83.8×99mmの2184ccで、鋳鉄ブロックだった。つまり、このアルミのツインカムヘッドを持つ2.2マルチジェットIIをユーロ6に対応させるべく、アルミブロックに替えるなど、改良・発展させたユニットが、ここに紹介しているジュリア&ステルヴィオの最新ディーゼルなのだ。以上、出典は『ウィキペディア』です。

1750rpmという低回転域で470Nmもの最大トルクを発生する2.14リッター直4ターボディーゼル。燃費はWLTCモードで16.0km/リッターを記録する。
1750rpmという低回転域で470Nmもの最大トルクを発生する2.14リッター直4ターボディーゼル。燃費はWLTCモードで16.0km/リッターを記録する。拡大
ステアリングホイールは本革巻き。センターパッドの左下にはエンジンのスタート&ストップボタンが置かれる。
ステアリングホイールは本革巻き。センターパッドの左下にはエンジンのスタート&ストップボタンが置かれる。拡大

「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」のシートは本革仕立て。6ウェイの電動調節機構とシートヒーターが標準で備わる。


	「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」のシートは本革仕立て。6ウェイの電動調節機構とシートヒーターが標準で備わる。
	拡大
フロントまわりのデザインは、「ステルヴィオ」の他グレードと共通。バイキセノンヘッドランプやフォグランプが標準で備わる。
フロントまわりのデザインは、「ステルヴィオ」の他グレードと共通。バイキセノンヘッドランプやフォグランプが標準で備わる。拡大

第一印象は「硬くてクイック」

以下、日本初導入のこの最新スポーツディーゼルを搭載した「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」について述べる。本国ではジュリア用、ステルヴィオ用、それぞれ2種類のチューンがあり、車重が重たいステルヴィオ用のほうがやや高出力で、つまり全部で4種類あるわけだけれど、日本向けにはそれぞれ1種類、高出力版のみが選ばれている。ステルヴィオ用のそれは、最高出力210ps/3500rpm、最大トルク470Nm/1750rpmを発生する。ジュリア用は20psと20Nm控えめになる。

ステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4の外観にディーゼルを示すバッジ類は付いていない。見分けるポイントはフロントバンパー下部のフォグランプで、フォグがあるのがディーゼルである。試乗車はアルファレッドの外装色にブラックの内装色で、いかにもアルファ・ロメオらしい組み合わせであるように筆者には思われる。

エンジンをスタートさせると、ディーゼル音がデカイ。走りだすと、乗り心地ははっきり硬めだ。先般、試乗した「ステルヴィオ クアドリフォリオ」よりも硬く感じる。あちらは20インチながら可変ダンパーを備えていることがその差となって表れたということだろう。タイヤは235/60R18サイズのブリヂストンのランフラットを履いている。とはいえ、最近のランフラットはかつてのようにゴツゴツはしていない。ステアリングは低速で驚くほどクイックで、俊敏さをおのずと印象付けられる。

エクステリアにディーゼルモデルであることを示す装飾は特にない。写真の「Q4」は、アルファ・ロメオの4WDシステムの名称である。
エクステリアにディーゼルモデルであることを示す装飾は特にない。写真の「Q4」は、アルファ・ロメオの4WDシステムの名称である。拡大
高速道路を行く「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」。0-100km/h加速に要する時間は6.6秒と公表される。
高速道路を行く「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」。0-100km/h加速に要する時間は6.6秒と公表される。拡大
後席の背もたれは3分割の可倒式。中央席は左右席用のアームレストを兼ねている。
後席の背もたれは3分割の可倒式。中央席は左右席用のアームレストを兼ねている。拡大
5スポークのアルミホイール。試乗車は18インチのランフラットタイヤ「ブリヂストン・デューラーH/P SPORT AS」を装着していた。
5スポークのアルミホイール。試乗車は18インチのランフラットタイヤ「ブリヂストン・デューラーH/P SPORT AS」を装着していた。拡大

ほかとは違う味もある

都内限定の試乗コースだったこともあって、う~む、特に不満はないけれど、特に感動もなかった。圧縮比は最近のトレンドにのっとって15.5と低めで、振動をおさえるべくバランサーシャフトを採用している。なのに、アイドリング音とフル加速中のエンジン音ははっきりディーゼルのそれだ。

さりとて、それが決定的な欠点かというと、そうでもない。なんせトルクが470Nmもある。しかも、それが1750rpmという低回転で、源泉掛け流し温泉のごとくにこんこんと湧き出す。フツーに都内を走っていると、回す必要がない。多くの場合、車内はロードノイズと風切り音しかしない。首都高速に上がれば、硬いと感じた乗り心地も、フラットになって気にならなくなる。

ディーゼルエンジンというと、鼻先ががぜん重たく感じたものだけれど、そういうネガはない。アルミブロックのほか、中空カムシャフトを使って軽量化につとめ、エンジン単体の重量は155kgにおさまっているという。155kgがいかに軽量なのか、じつのところ筆者にはよくわからないのですけれど、カタログの車重を比較するとおぼろげながら見えてくるものはある。

ステルヴィオのディーゼルは1820kgで、2.0ガソリンモデル比で10kg重いだけ。「BMW X3」の「20d」と「20i」は30kg差、「メルセデス・ベンツGLC」の「220d」と「250」は60kg差がある。各車、装備の違いは未確認ながら、アルファの最新ディーゼルが軽量であることは間違いなさそうだ。車検証上の前後重量配分は930kg : 890kgと、アルファが理想値とする50 : 50をほぼ実現しているのも、その証拠のひとつだろう。

4WDシステムは、走行状況に応じてフロントに最大50%、リアに最大100%のトルクを伝達する。


	4WDシステムは、走行状況に応じてフロントに最大50%、リアに最大100%のトルクを伝達する。
	拡大
トランスミッションは8段AT。シフトレバーの近くには、走行モードのセレクターやインフォテインメントシステムの操作スイッチがレイアウトされている。
トランスミッションは8段AT。シフトレバーの近くには、走行モードのセレクターやインフォテインメントシステムの操作スイッチがレイアウトされている。拡大
ドライブモードセレクターはダイヤル式で、ひねる動作によりd(ダイナミック)/n(ナチュラル)/a(アドバンストエフィシェンシー)に切り替えられる。
ドライブモードセレクターはダイヤル式で、ひねる動作によりd(ダイナミック)/n(ナチュラル)/a(アドバンストエフィシェンシー)に切り替えられる。拡大
荷室の容量は、5人乗車時(写真)で525リッターが確保される。脱着式のトノカバーも備わる。
荷室の容量は、5人乗車時(写真)で525リッターが確保される。脱着式のトノカバーも備わる。拡大

暮らしの友になるクルマ

アルファ史上初のSUVであるステルヴィオの汎用(はんよう)性、多芸多才がディーゼルでよりいっそうくっきりした。エンジンを始動して筆者がいきなり驚いたのは、車載コンピューターが示した1027kmという航続距離だった。ま、ディーゼルなれば当然ではあるけれど、こういうアルファ・ロメオは日本市場では手に入らなかった。

走行中、背が高いことのマイナスは皆無で、電動パワーアシスト付きのステアリングはやや人工的かとも思ったけれど、やがて気にならなくなった。フツーにいいクルマなのである、ステルヴィオのディーゼルは。おそらく、生活の友として長く使って初めて真価がしみじみわかる、というような類いのプロダクトであるに違いない。

車両価格は617万円。ステルヴィオの日本仕様のうち最も廉価で、受注生産の「2.0ターボQ4」の655万円よりも安い。ライバルの「X3 xDrive 20d」は682万円、「GLC220d 4MATIC」は653万円である。もちろんドイツのプレミアムの方が安全で安心かもしれない。ステルヴィオにはカーナビもない。そんなもの、いらない、という日常生活の冒険者のためのクルマがアルファ・ロメオなのである。21世紀のアルフィスタも、スマホは使ってもいいと思いますけど。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

メーターパネル中央のモニターには、燃費データや車速が表示できる。画面右下の示されている通り、ディーゼルの「ステルヴィオ」はおよそ1000kmの航続が可能となっている。燃料タンクの容量は64リッター。
メーターパネル中央のモニターには、燃費データや車速が表示できる。画面右下の示されている通り、ディーゼルの「ステルヴィオ」はおよそ1000kmの航続が可能となっている。燃料タンクの容量は64リッター。拡大
シートのヘッドレスト部には、エンブレムをかたどったエンボス加工が施されている。
シートのヘッドレスト部には、エンブレムをかたどったエンボス加工が施されている。拡大
センターコンソールのひじ掛けの下には、USBやAUXのソケットが備わる。スマートフォンを接続することで、Apple CarPlayやAndroid Autoが利用できる。
センターコンソールのひじ掛けの下には、USBやAUXのソケットが備わる。スマートフォンを接続することで、Apple CarPlayやAndroid Autoが利用できる。拡大
「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」のボディーカラーは、試乗車の「アルファレッド」を含む全5色が用意される。
「ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4」のボディーカラーは、試乗車の「アルファレッド」を含む全5色が用意される。拡大

テスト車のデータ

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm
ホイールベース:2820mm
車重:1820kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:210ps(154kW)/3500rpm
最大トルク:470Nm(47.9kgm)/1750rpm
タイヤ:(前)235/60R18 103V/(後)235/60R18 103V(ブリヂストン・デューラーH/P SPORT AS)
燃費:16.0km/リッター(WLTCモード)
価格:617万円/テスト車=623万1344円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマット(4万3200円)/ETC車載器(1万8144円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:21km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4拡大
後席(左席および中央席)を倒した状態の荷室。フロアには荷物を固定するためのフック類が装着される。
後席(左席および中央席)を倒した状態の荷室。フロアには荷物を固定するためのフック類が装着される。拡大
荷室の側面には、後席背もたれのリリースレバーが備わる。左側面のみ、12Vの給電ソケットが取り付けられている。
荷室の側面には、後席背もたれのリリースレバーが備わる。左側面のみ、12Vの給電ソケットが取り付けられている。拡大
注目の記事PR
  • ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。
    ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アルファ・ロメオ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。