単なる懐古趣味にあらず
最新“ネオクラシック”バイクに注目せよ!

2019.03.01 デイリーコラム

日本で始まり欧州で成長

ネオクラシックと呼ばれるバイクは、スペック競争に対するアンチテーゼ、もしくはマジョリティーに対するマイノリティーとして時折マーケットに投げ込まれた、一種の変化球だった。

かつて、「カワサキ・ゼファー」(1989年)を筆頭にいくつかヒットモデルが生まれ、1990年代に入ると小中排気量モデルにそれが波及。「カワサキ・エストレヤ」「スズキ・ボルティ」「ヤマハ・ブロンコ」「ホンダ・ドリーム50」・・・・・・といったフォロワーを生み出したものの、定着するほどの勢いはなかった。日本人の多くは、ポッと出の雰囲気クラシックよりも70年代後半から存在し続ける真正クラシック「ヤマハSR400」の愚直さを選んだのである。

そんなわけで日本では一時のブームにすぎなかったネオクラシックだが、そこに可能性を見いだしたのが欧州勢だ。2000年代に入り、トライアンフから「ボンネビル」「スクランブラー」が、ドゥカティからは「MH900e」を皮切りに「GT1000」「ポールスマート1000LE」「スポーツ1000」といったモデルが登場して新しいユーザーを開拓。過去の名車を現代風にアレンジしたファッションアイテムとして注目されるようになったのである。

このあたりの流れは、日産が「Be-1」を筆頭とするパイクカーシリーズを送り出し、後の「フォルクスワーゲン・ニュービートル」やBMWの「MINI」へつながった四輪の動向と似ているのだが、この頃のボンネビルやMH900eもまた、まだ変化球の域を出ていなかった。

ところが程なく、ネオクラシックはスーパースポーツやアドベンチャーと並ぶひとつのカテゴリーとして急成長を遂げた。それに大きく貢献したのが、2013年に発表されたBMWの「R nineT(アールナインティ)」である。

このモデルがやや特異だったのは、ネオクラシックでありながらも歴代のどのモデルもモチーフにしていなかったことだ。既存のパーツをうまく流用しながらシンプルに仕立て、それをレトロな外装で包むという奇をてらわない手法で開発。「なにか足りなければカスタムパーツを用意しておいたので、あとはお好みでどうぞ」という適度な“ほったらかし感”が新鮮だった。

これがもし、「歴史を変えたあの名車を現代風に解釈し……」などと肩ひじの張ったコンセプトだったなら、一定の層から必ず「似ても似つかない」だの「しょせん、今どきのバイクは」と批判され、まるでまがいモノのように扱われていたに違いない。R nineTにはそういう窮屈さがなく、古きよき時代の面影を現代の技術で味わい、かつ自由にカスタマイズする楽しみをサラリと差し出してくれたのだ。気軽に乗れて、ファッション性が高く、イジる余地も残すというそのスタイルに多くのメーカーが追従。続々とこのカテゴリーに進出し、大きなマーケットを築いたのである。

1989年の“レーサーレプリカ”全盛期にクラシックなスタイルで誕生し、ネイキッドブームを巻き起こした「カワサキ・ゼファー」。1996年には、エンジンを4バルブ化するなどした発展型「ゼファーΧ(カイ)」へと移行した(写真はその2002年モデル)。
1989年の“レーサーレプリカ”全盛期にクラシックなスタイルで誕生し、ネイキッドブームを巻き起こした「カワサキ・ゼファー」。1996年には、エンジンを4バルブ化するなどした発展型「ゼファーΧ(カイ)」へと移行した(写真はその2002年モデル)。拡大
ホンダの「ドリーム50」は1960年代の市販レーサー「CR110カブレーシング」をイメージしたネオクラシック(1997年2月発売)。高精度な49cc単気筒DOHCエンジンをはじめ、つくりのよさにも定評があった。
ホンダの「ドリーム50」は1960年代の市販レーサー「CR110カブレーシング」をイメージしたネオクラシック(1997年2月発売)。高精度な49cc単気筒DOHCエンジンをはじめ、つくりのよさにも定評があった。拡大
1994年にデビューした「スズキ・ボルティ」。クラシカルなデザインとコンパクトな車体(排気量249cc)が持ち味で、小柄な女性ライダーにも人気を博した。
1994年にデビューした「スズキ・ボルティ」。クラシカルなデザインとコンパクトな車体(排気量249cc)が持ち味で、小柄な女性ライダーにも人気を博した。拡大

「ボルティ」のよきライバルとして知られるのがカワサキの「エストレヤ」。写真は前後一体型のダブルシートを備える「RS」モデル。


	「ボルティ」のよきライバルとして知られるのがカワサキの「エストレヤ」。写真は前後一体型のダブルシートを備える「RS」モデル。
	拡大
1950年代に生まれた名車の復刻版として、2001年に登場した「トライアンフ・ボンネビル」(写真は2001年モデルのオプション装着車)。代を重ね、現在はより排気量の大きな水冷モデルに。
1950年代に生まれた名車の復刻版として、2001年に登場した「トライアンフ・ボンネビル」(写真は2001年モデルのオプション装着車)。代を重ね、現在はより排気量の大きな水冷モデルに。拡大
2013年のミラノショーでデビューしたBMWのネオクラシックモデル「R nineT」。ロングツアラーを中心としたそれまでのBMWのイメージに対する意外性もあり、大いに注目を集めた。
2013年のミラノショーでデビューしたBMWのネオクラシックモデル「R nineT」。ロングツアラーを中心としたそれまでのBMWのイメージに対する意外性もあり、大いに注目を集めた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事