第190回:次元を超えて集結したヒーローたちのアニメ革命
『スパイダーマン:スパイダーバース』

2019.03.06 読んでますカー、観てますカー

実写版とは異なる設定のアニメ作品

たまたまなのだが、前回の『グリーンブック』に続き、アカデミー賞受賞作を紹介することになった。『スパイダーマン:スパイダーバース』は、長編アニメーション賞に輝いた作品である。細田 守監督の『未来のミライ』と日本を舞台にしたウェス・アンダーソン監督の『犬ヶ島』もノミネートされていたが、順当な選考というしかない。アニメ表現の豊かな可能性を広げたことは、高く評価されてしかるべきである。

スパイダーマンは1962年にアメリカンコミックのヒーローとして誕生した。初めて実写映画化されたのは2002年で、サム・ライミ監督とトビー・マグワイアのコンビで3作品が送り出された。2012年に『アメイジング・スパイダーマン』としてリブート。こちらは監督がマーク・ウェブ、主演がアンドリュー・ガーフィールドである。

2016年からはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に加わり、トム・ホランドのスパイダーマンがアイアンマンやキャプテン・アメリカと一緒に戦っている。この夏に最新作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開される予定だ。

アニメ版の『スパイダーバース』はこれらの実写作品とは別系列で、直接のつながりはない。誕生から半世紀以上が経過し、『スパイダーマン』はコミックと映画にとどまらず、小説、ゲームなどのさまざまなメディアで展開されてきた。アメリカ本国以外でも翻案されているし、パロディー作品は山のようにある。よほどのマニアでなければ、全体像を把握することは難しいだろう。

 
第190回:次元を超えて集結したヒーローたちのアニメ革命『スパイダーマン:スパイダーバース』の画像拡大
 
第190回:次元を超えて集結したヒーローたちのアニメ革命『スパイダーマン:スパイダーバース』の画像拡大
 
第190回:次元を超えて集結したヒーローたちのアニメ革命『スパイダーマン:スパイダーバース』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事