第595回:売買対象は“コレクターズアイテム”のみ!
大矢アキオがオークションサイト『カタウィキ』にウキウキ

2019.03.08 マッキナ あらモーダ!

『カタウィキ』とは?

日本では目下フリマアプリが全盛である。だが、その前段階として『ヤフオク!』に代表されるインターネットオークションの存在があった。

ヨーロッパでその役割を果たしてきたものは、アメリカ資本の『eBay』である。サービス開始当初、欧州周辺各国にある古書店の在庫情報が手に取るようにわかったときは、個人的にはベルリンの壁崩壊に相当するほどの衝撃を受けたものだった。このeBayは、ヤフオク!と同様に、自動車も扱ってきた。

いっぽう近年、『Catawiki(カタウィキ)』というウェブサイトが、ちょっと違ったサービスをネットユーザーに提供している。

同サイトは、2008年にオランダで設立されたネットオークションのプラットフォームである。その特色は、取扱商品を「コレクターズアイテム」に限定していることだ。

ジャンルを見ると、時計や宝飾、服飾、本、切手などから、ワイン、玩具、オリエンタルじゅうたん、漫画やウイスキー、武具などにまで及ぶ。

商品の選定は、各分野の専門家194人が担当。一週あたり80カテゴリー、300のネットオークションが開催されている。日本語は含まれていないものの、17カ国語に対応している。

『カタウィキ』の自動車部門エキスパート、ルカ・ガッツァレッティ氏(左)と、マーケティングマネジャーのマルコ・ファロッパ氏(右)。2019年1月、トリノにて。
『カタウィキ』の自動車部門エキスパート、ルカ・ガッツァレッティ氏(左)と、マーケティングマネジャーのマルコ・ファロッパ氏(右)。2019年1月、トリノにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事