新型「トライアンフ・スクランブラー」日本上陸

2019.03.12 自動車ニュース
トライアンフ・スクランブラー1200 XC
トライアンフ・スクランブラー1200 XC拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2019年3月12日、「トライアンフ・スクランブラー」の新型を同年3月16日に発売すると発表した。

「スクランブラー1200 XC」。オンロードとオフロードの両方で走行性能を発揮できるよう仕立てられている。
「スクランブラー1200 XC」。オンロードとオフロードの両方で走行性能を発揮できるよう仕立てられている。拡大
発表会では、トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンの野田一夫代表取締役社長があいさつに立ち、バイク業界はここ数年“スクランブラーブーム”になっていること、その中でトライアンフが歴史的にも強みを発揮できることを説明した。
発表会では、トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンの野田一夫代表取締役社長があいさつに立ち、バイク業界はここ数年“スクランブラーブーム”になっていること、その中でトライアンフが歴史的にも強みを発揮できることを説明した。拡大

2タイプから選択可能

新型トライアンフ・スクランブラーは、1960年代初頭に販売されたオリジナルのスクランブラーをイメージして開発された、ネイキッドバイク。“復刻スクランブラー”としては、865ccの空冷エンジンを搭載して2006年にデビューした先代に続く2代目にあたる。

まず目を引くのは、オフロード走行も可能なように仕立てられたスタイリング。ストロークが長めに取られたサスペンションや、クランクケースよりも高い位置に取り回されたエキゾーストパイプなどが特徴となっている。

最新型のラインナップは、大きく分けて2タイプ。オンロードとオフロードの両方にフォーカスした「スクランブラー1200 XC」のほか、特にオフロードにおける走破性を高めた「スクランブラー1200 XE」が選べる点が新しい。

車体左側から見た「スクランブラー1200 XC」。2本のエキゾーストパイプは右側にまとめて取り回されている。
車体左側から見た「スクランブラー1200 XC」。2本のエキゾーストパイプは右側にまとめて取り回されている。拡大

リアサスペンションは、「スクランブラー1200 XC」「同XE」ともにオーリンズと共同開発したツインショック。この協力は、今回が初の試みとのこと。


	リアサスペンションは、「スクランブラー1200 XC」「同XE」ともにオーリンズと共同開発したツインショック。この協力は、今回が初の試みとのこと。
	拡大
1.2リッターエンジンは、弟分の900ccモデル「ストリートスクランブラー」比でおよそ4割増しの出力とトルクを発生する。
1.2リッターエンジンは、弟分の900ccモデル「ストリートスクランブラー」比でおよそ4割増しの出力とトルクを発生する。拡大

使える装備がたっぷり

このうちスクランブラー1200 XCのボディーサイズは、全長×全幅×全高=2285×840×1200mmで、シート高は840mm。乾燥重量は205kgと公表される。

パワーユニットは日本国内で2016年に発売された現行型「ボンネビルT120」の1.2リッター水冷並列2気筒SOHCエンジンに独自のチューニングを施したもの。最高出力90ps/7400rpm、最大トルク110Nm/3950rpmを発生する。シャシーは、ボンネビルとは異なるオリジナルフレームに、ショーワ製のフロントフォーク(ホイールトラベル:200mm)、オーリンズ製フルアジャスタブルピギーバッグリアサスペンションユニット(同:200mm)、ブレンボ製のモノブロックブレーキキャリパーなどが組み合わされる。

LED式のランプ類や新世代のTFTディスプレイ、5種類の走行モード(ロード/レイン/オフロード/スポーツ/ライダー)、トルクアシストクラッチ、キーレスイグニッション、クルーズコントロールといった装備のほか、80点以上におよぶ純正オプションの充実ぶりもセリングポイント。「GoPro」の内蔵型制御システムが用意されるのもトピックとなっている。

燃費性能は、2車種とも4.9リッター/100km(約20.4km/リッター)と公表される。
燃費性能は、2車種とも4.9リッター/100km(約20.4km/リッター)と公表される。拡大

小ぶりなLEDヘッドランプ。写真のメッシュガードはオプション。


	小ぶりなLEDヘッドランプ。写真のメッシュガードはオプション。
	拡大
メーターパネルは液晶タイプ。タコメーターの指針はアニメーションで表示される。
メーターパネルは液晶タイプ。タコメーターの指針はアニメーションで表示される。拡大
質感にはこだわったという「スクランブラー」。ナックルガードにも上質なアルミ製パーツが採用される。
質感にはこだわったという「スクランブラー」。ナックルガードにも上質なアルミ製パーツが採用される。拡大
オプションおよびアクセサリー類は80点以上と豊富。セットオプションのプランも用意されている(写真はオプション装着車)。
オプションおよびアクセサリー類は80点以上と豊富。セットオプションのプランも用意されている(写真はオプション装着車)。拡大

冒険派にも応えられる

一方のスクランブラー1200 XEは、パワーユニットこそXCと共通であるものの、車体の構成が全面的に異なる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=2325×905×1250mmで、XCに比べ40mm長く、65mm幅広く、50mm高くなる。シート高は30mmアップの870mm。ホイールベースは40mm延長されており(スイングアーム単体の長さは+32mm)、オフロード走行に対応すべくサスペンショントラベルは前後とも50mm長い250mmが確保されている。

ゴールドカラーのフロントフォークやアルミ製のハンドガード、グリップヒーターなどもXEならではの装備。走りを支える制御システムでも差別化が図られており、走行モードはXCの5種類に「オフロードプロモード」を加えた6種類に。走行状況に応じてABSの設定をオンロード/オフロード/オフ(切)の間で自動的に切り替える「オプティマイズドコーナリングABS」も搭載される。

各モデルの価格は以下の通り。

  • スクランブラー1200 XC:203万1900円
  • スクランブラー1200 XE:217万4100円

(webCG)

関連キーワード:
スクランブラー, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • モト・グッツィV85 TT(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.6 試乗記 縦置きVツインという、ユニークなエンジンレイアウトのバイクを多数手がけるモト・グッツィから、新たにアドベンチャーモデル「V85 TT」が登場。クラシカルなスタイリングとモダンなテクノロジーを併せ持つニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • マット・ヒルツ250(MR/5MT)【レビュー】 2019.6.21 試乗記 あなたは英国のカスタムビルダー、マットモーターサイクルズをご存じだろうか? クールかつリーズナブルであることにこだわる彼らの作品の中から、日本の道にも合いそうなスクランブラーの乗り味を報告する。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.15 試乗記 デカくて重いアドベンチャーツアラーに対する、強烈なアンチテーゼ。ヤマハがリリースした“中量級”のニューモデル「テネレ700」は、シンプルでありながらも、「オフロードバイクはこれでいい」とライダーをうならせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る