「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場

2020.05.21 自動車ニュース
トライアンフ・スクランブラー1200ボンドエディション
トライアンフ・スクランブラー1200ボンドエディション拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2020年5月21日、スクランブラータイプの大型二輪モデル「スクランブラー1200」の特別仕様車「Bond Edition(ボンドエディション)」を発表した。発売は同年6月下旬を予定している。

 
「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スクランブラー1200」に映画『007』とのコラボレーションモデルが登場の画像拡大

劇中車をモチーフにした全世界250台の限定モデル

スクランブラー1200ボンドエディションは、トライアンフと映画『007』シリーズとのコラボレーションによって企画された特別仕様車であり、『007』シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル(プレスリリースより)と説明されている。トライアンフは2019年12月に、『007』シリーズを制作するイーオン・プロダクションズとパートナーシップ契約を結んだことを発表。最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のアクションシーンで、トライアンフのバイクが使用されていることを明らかにした。

ベースとなるのは、よりオフロード走行を重視した「XE」グレードで、映画のスタントシーンに用いられるスクランブラー1200をイメージした意匠やボディーワークが特徴となっている。

特別な装備や仕様は以下の通り。

  • 「007」のロゴ入りエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー
  • ロゴ刺しゅう入り高級本革シート
  • 「Bond Edition」専用のスタートアップ画面が採用されたTFT ディスプレイ
  • 劇中でボンドが駆るバイクをイメージした専用ボディーカラー
  • ブラックアルマイト仕上げのリアマッドガードとハイレベルフロントマッドガード
  • ブラックフォーク
  • ゴールドのアクセント入りエンジンバッジ
  • ブラックパウダーコートのスイングアームとスプロケットカバー
  • ブラックアルマイト仕上げのグラブレール、サンプガード、インフィル
  • ブラックアルマイト仕上げのシュラウド付きフォグランプ
  • Arrowサイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップ
  • 削り出し加工のフロントブレーキリザーバー
  • ブラックのリアホイールアジャスター
  • ステンレス製ヘッドライトグリル
  • シリアルナンバー入りプレートと専用バッジ
  • 専用ハンドオーバーパック

販売台数は全世界で250台のみ。このうちの20台が日本で販売される。価格は259万円。

(webCG)

関連キーワード:
スクランブラー, トライアンフ, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る