ザ・ローリング・ストーンズ仕様の「ジャガーFタイプ」登場

2019.03.15 自動車ニュース
ジャガーFタイプSVRクーペ
ジャガーFタイプSVRクーペ拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年3月15日、TOC五反田メッセで開催中のイベント「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」(開催期間: 5月6日まで)に協賛し、同グループのトレードマークをラッピングした「ジャガーFタイプ」を展示すると発表した。

「ベロ・マーク(Lips&Tongue)」のラッピングを施した「ジャガーFタイプSVRクーペ」が展示されている。
「ベロ・マーク(Lips&Tongue)」のラッピングを施した「ジャガーFタイプSVRクーペ」が展示されている。拡大

同イベントは、50年以上にもわたり活動を続ける英国のロックグループ「ザ・ローリング・ストーンズ」自身がプロデュースした初の大規模な企画展として、2016年4月にロンドンでスタート。その後世界主要都市での開催を経て、アジア地域唯一の開催国となる日本に上陸した。会場には、ストーンズのトレードマークである「ベロ・マーク(Lips&Tongue)」のラッピングを施した、「ジャガーFタイプSVRクーペ」が展示されている。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが日本における英国のポップカルチャーイベントに協賛するのは、2017年に開催された「デヴィッド・ボウイ」の大回顧展「DAVID BOWIE is」に次いで2回目となる。

Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展の概要は下記の通り。

  • 開催日程:2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
  • 開館時間:月~金・土・祝前日11:00~20:00/最終入館時間19:30、日・祝日11:00~18:00/最終入館時間17:30
  • 会場:TOC五反田メッセ

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300(後編) 2021.5.23 池沢早人師の恋するニューモデル 前回、「とにかく足の収まりがいいので安心して飛ばせる」と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」のシャシーを評価した漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。過去、何台ものオープンカーを愛車にしてきたベテランの最終ジャッジは?
ホームへ戻る