クルマの次は“住宅”に進出!?
メルセデスが「EQハウス」で目指す未来

2019.03.18 デイリーコラム

きっかけは東京モーターショー

メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店が協業し、モビリティーとリビングの未来の形を具現した体験施設「EQ House(イーキューハウス)」を東京・六本木に約2年間の期間限定でオープンした。

施設の概要についてはこちらの記事を参照いただくとして、なぜメルセデスが家を手がけるのか。そのきっかけをメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は「前回(2017年)の東京モーターショーの際に竹中工務店と話す機会があり、近い未来に私たちのライフスタイル、モビリティーというものはどうなっているのだろうか、実際につくってみてはどうかと、ともにプロジェクトを実施することになった」とその経緯を話していた。

この言葉からもわかるように、実はEQハウスは、本国発信ではなく日本発の試みだ。メルセデス・ベンツ日本には、自動車メーカーがクルマではなくコーヒーを販売する「メルセデス・ベンツ コネクション」を世界に先駆けて成功させた実績がある。これは現在、「メルセデス ミー」と名前を変え、ブランド発信拠点として世界中で展開されている。要は巧みなマーケティング戦略の1つとして、「EQ」ブランド普及のための急先鋒(せんぽう)を担うものだ。

一方、設計と施工を担当した竹中工務店にとっては、実証実験棟としての意味合いがある。「デジタル デザイン ビルド」と呼ばれるデジタル情報を活用した設計・生産技術を活用しており、例えば外観を覆う1200枚にもおよぶ白いパネルにランダムに空いたひし形の穴は、1年365日の日照パターンすべてをシミュレーションし、最適な形状と配置を決定したものだ。パネル内部の調光ガラスの透過度を調整することで好みの日照を得ることができる。施工段階においては、各パネルをIDによって管理し、スマートグラスなどのウエアラブルデバイスを通じて配置場所を正確に把握できるなど、作業員の負担軽減や効率化が図られている。また新たな作業ロボットなども実験的に投入したという。

東京・六本木にオープンした「EQハウス」は、メルセデスの電動化モデルを包括する新ブランド「EQ」の情報発信施設である。
東京・六本木にオープンした「EQハウス」は、メルセデスの電動化モデルを包括する新ブランド「EQ」の情報発信施設である。拡大
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(写真左)と竹中工務店の大神正篤副社長(同右)。協業を始めるきっかけは2017年の東京モーターショーだったという。
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(写真左)と竹中工務店の大神正篤副社長(同右)。協業を始めるきっかけは2017年の東京モーターショーだったという。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事