ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(後編)

2019.03.28 谷口信輝の新車試乗 新開発の2リッターエンジンを搭載する「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に谷口信輝が試乗。レーシングカーやスポーツカーとはまるでイメージが異なる同車だが、ステアリングを握ると、なぜか楽しい気分になるという。

見た目の割に出足は軽快

ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツの外観を意外なほど関心を持って見つめる谷口信輝に、そのちょっとした仕掛けを説明してみることにした。

ジープ・ラングラーとジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツは、ルーフ全体とボディー後半のサイドウィンドウ周辺がソフトな素材で作られており、これをそっくり外すことができるのだ。
「あ、本当だ。ここが外れるんだ。へー、面白いですね。今日は雨だから外したくはならないけれど、天気のいい日にビーチでこれを外して走ったら、かなり気持ちよさそうですね。うわー、やってみたい。あとは、このジープが本当に輝くはずのオフロードとかも走ってみたいですねえ」

ひょっとして谷口、このジープ・ラングラーが気に入ったのか?
「あのね、僕にとってクルマの外観で大切なのは車高が下がっていることと、タイヤの外側とボディーの側面が面一(ツライチ)になっているかという、この2点なんですよ。タイヤなんか、ボディー側面より微妙にはみ出しているほうがむしろかっこいいくらい。もちろん、それは法律で許されていないけれど、車高を下げて面一にするとクルマが格好よくなるのは自動車メーカーも認めているところ。だって、モーターショーとかに展示されているコンセプトカーって、だいたい車高が低くて面一じゃないですか。その点、このジープ・ラングラーは、車高に関してはどうしようもないけれど、面一のほうはかなり頑張っている。かっこいいと思いますよ」

では、そろそろ谷口に試乗してもらうことにしよう。まずは新開発の2リッターエンジンを始動。すると谷口は「おー、いかにも2リッターらしい音ですね」と微妙な感想を述べた。続いて「このシフトレバー、男らしいというかゴツゴツ感があっていいじゃないですか」といいながらDレンジを選択。おもむろにスロットルを踏み込んで発進させたのである。

「あれ、意外と軽快な走りだしですね」と谷口。
「ホント、まるで重さを感じないでスッと走り始めましたよ。それにしてもフロントガラスが小さいですねえ」

時折激しく降る雨のなか、2本のワイパーがほぼ直立したフロントガラスにたまった水滴を拭き取ってくれている。
「ワイパーの足、短いですねえ(笑)。でも、意外ときれいに拭き取れているじゃないですか」

 
ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(後編)の画像拡大
本文で触れた、「脱着式ルーフを外してオフロードを行く」の図。2ドアモデルも同様にオープンエアモータリングが楽しめる。(写真=FCAジャパン)
本文で触れた、「脱着式ルーフを外してオフロードを行く」の図。2ドアモデルも同様にオープンエアモータリングが楽しめる。(写真=FCAジャパン)拡大
 
ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(後編)の画像拡大
 
ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(後編)の画像拡大

【ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4870×1895×1845mm/ホイールベース:3010mm/車重:1950kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:272ps(200kW)/5250rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/3000rpm/タイヤ:(前)265/70R17 115Q/(後)265/70R17 115Q(グッドイヤー・アイスナビSUV)/燃費:11.5km/リッター(JC08モード)/価格:504万3600円


	【ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4870×1895×1845mm/ホイールベース:3010mm/車重:1950kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:272ps(200kW)/5250rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/3000rpm/タイヤ:(前)265/70R17 115Q/(後)265/70R17 115Q(グッドイヤー・アイスナビSUV)/燃費:11.5km/リッター(JC08モード)/価格:504万3600円
	拡大

関連キーワード:
ラングラー, ジープ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」の受注開始 2019.3.1 自動車ニュース FCAジャパンは2019年3月1日、新型「ジープ・ラングラー」に、新たに「アンリミテッド サハラ」を設定し、同日に受注を開始した。4代目ラングラーは、4つのバリエーションから選べるようになった。
ホームへ戻る