【オートモビル カウンシル2019】日産は「GT-R」と「フェアレディZ」をテーマにブースを出展

2019.03.20 自動車ニュース
日産フェアレディZ-L(S30型)
日産フェアレディZ-L(S30型)拡大

日産自動車は2019年3月20日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビル カウンシル2019)」(開催期間:4月5日~7日)への出展概要を発表した。

スカイライン2000GT-R(PGC10型)
スカイライン2000GT-R(PGC10型)拡大
GT-R NISMO N-Attack Package(R35型)
GT-R NISMO N-Attack Package(R35型)拡大
フェアレディZ 2by2 300ZXツインターボ(GCZ32型)
フェアレディZ 2by2 300ZXツインターボ(GCZ32型)拡大

日産は、今年(2019年)が「GT-R」と「フェアレディZ」が誕生した1969年から50年目にあたることから、「GT-R & Z 50th Anniversary」をテーマにブースを出展する。

日産ブースにおける展示車両は3台で、1969年にデビューした「スカイライン2000GT-R(PGC10型)」と「フェアレディZ-L(S30型)」、2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで当時の量産車世界最速周回タイム=7分8秒679を記録した「GT-R NISMO N-Attack Package(R35型)」の展示を予定。これらのうち、フェアレディZ-Lは日産が50周年記念のために約1年かけて当時の姿にレストアしたもので、本イベントが完成後の初公開となる。

日産はこのほかにも、日本の自動車メーカー4社/5ブランドが「百花繚乱 80’s」というテーマで共同出展するブースに、1989年型「フェアレディZ 2by2 300ZXツインターボ(GCZ32型)」を出展するとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
オートモビル カウンシル2019, モーターショー, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事