【上海ショー2019】レクサスブランド初のミニバン「LM」がデビュー

2019.04.16 自動車ニュース
レクサスLM
レクサスLM拡大

トヨタ自動車は2019年4月16日、中国で開催中の上海国際モーターショーにおいて、レクサスブランド初のミニバン「LM」を世界初公開した。

 
【上海ショー2019】レクサスブランド初のミニバン「LM」がデビューの画像拡大
 
【上海ショー2019】レクサスブランド初のミニバン「LM」がデビューの画像拡大

レクサスLMはサルーンの「LS」、クーペの「LC」、SUVの「LX」、ヨットの「LY」に続く、レクサスにとって5番目のフラッグシップモデルとうたわれるラグジュアリーミニバンである。

車両全体のフォルムは「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」と酷似しているが、レクサス車のデザインアイコンであるスピンドルグリルでフロントマスクを覆うことでオリジナリティーを演出。ヘッドランプユニットの内部には鋭い目つきを印象付けるL字型のシグネチャーをレイアウトした。ボディーサイドでは、ウィンドウラインとBピラーに、メッキパーツがZ字型に配されているのがユニークだ。

室内は前席空間と後席空間を隔壁で分けたリムジン仕様となっているのが特徴。運転をショーファーに任せ、オーナーが座ると目される2列目シートは固定式のアームレストを備えた左右独立タイプ。隔壁には大型の液晶スクリーンが設置されるなど、ラグジュアリーを極めた空間としている。

その他のスペックや価格は明らかにされていないが、レクサスによれば現時点で日本市場への導入予定はないという。

(webCG)

関連キーワード:
アルファード, ヴェルファイア, トヨタ, 上海モーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース