目指すはハイブリッドによる世界制覇!?
電動化技術の特許を無償化したトヨタの思惑

2019.05.01 デイリーコラム

捨て身のバーゲンセール!?

去る4月3日にトヨタが「車両電動化技術の特許実施権を無償提供」を発表して以来、クルマ好き界隈(かいわい)はなんかソワソワしている。というのも、ここでの車両電動化技術とは早い話、大半がハイブリッド技術であり、それはいうまでもなく、今のトヨタをトヨタたらしめている源泉だからだ。そんな虎の子(であるはず)の知的財産を無償提供するなんて、太っ腹にもほどがある、きっと裏があるにちがいない、世界制覇をねらうトヨタの陰謀ではないか……という勘ぐりがソワソワの原因だろう。

今回トヨタが無償提供を発表した特許は、モーターやパワーコントロールユニット、システム制御、エンジン、トランスアクスル(≒動力分割装置)、充電機器などにかかわるもので、期限は2030年末まで。また、トヨタは2015年に燃料電池車(と水素インフラ)関連の特許も無償提供しはじめており、今回はこれらの期限も同じ2030年末に延長された。その数、合計2万5740件! つまり、他の自動車メーカーもしかるべき手順を踏みさえすれば、トヨタ式ハイブリッド/プラグインハイブリッド(以下、まとめて「THS(トヨタハイブリッドシステム)」と呼ぶ)や燃料電池車のコピー商品(あくまで中身だけ)をつくっても権利関係コストが不要ということだ。そして、2030年以降は今回対象となっている特許のほとんどはオープンになると思われる。

今回の無償提供を「電気自動車(EV)に出遅れたトヨタの捨て身のバーゲンセール」ととらえるメディアも一部にあるが、たぶんそれは間違い。トヨタの立場はむしろ逆だ。

今回、トヨタが特許実施権を無償公開したのはモーターやパワーコントロールユニット(写真)、システム制御にかかわるものなど。2015年に無償化した燃料電池車関連のものも含めると、2万5740件にものぼる。
今回、トヨタが特許実施権を無償公開したのはモーターやパワーコントロールユニット(写真)、システム制御にかかわるものなど。2015年に無償化した燃料電池車関連のものも含めると、2万5740件にものぼる。拡大
トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.17 試乗記 往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る