目指すはハイブリッドによる世界制覇!?
電動化技術の特許を無償化したトヨタの思惑

2019.05.01 デイリーコラム

捨て身のバーゲンセール!?

去る4月3日にトヨタが「車両電動化技術の特許実施権を無償提供」を発表して以来、クルマ好き界隈(かいわい)はなんかソワソワしている。というのも、ここでの車両電動化技術とは早い話、大半がハイブリッド技術であり、それはいうまでもなく、今のトヨタをトヨタたらしめている源泉だからだ。そんな虎の子(であるはず)の知的財産を無償提供するなんて、太っ腹にもほどがある、きっと裏があるにちがいない、世界制覇をねらうトヨタの陰謀ではないか……という勘ぐりがソワソワの原因だろう。

今回トヨタが無償提供を発表した特許は、モーターやパワーコントロールユニット、システム制御、エンジン、トランスアクスル(≒動力分割装置)、充電機器などにかかわるもので、期限は2030年末まで。また、トヨタは2015年に燃料電池車(と水素インフラ)関連の特許も無償提供しはじめており、今回はこれらの期限も同じ2030年末に延長された。その数、合計2万5740件! つまり、他の自動車メーカーもしかるべき手順を踏みさえすれば、トヨタ式ハイブリッド/プラグインハイブリッド(以下、まとめて「THS(トヨタハイブリッドシステム)」と呼ぶ)や燃料電池車のコピー商品(あくまで中身だけ)をつくっても権利関係コストが不要ということだ。そして、2030年以降は今回対象となっている特許のほとんどはオープンになると思われる。

今回の無償提供を「電気自動車(EV)に出遅れたトヨタの捨て身のバーゲンセール」ととらえるメディアも一部にあるが、たぶんそれは間違い。トヨタの立場はむしろ逆だ。

今回、トヨタが特許実施権を無償公開したのはモーターやパワーコントロールユニット(写真)、システム制御にかかわるものなど。2015年に無償化した燃料電池車関連のものも含めると、2万5740件にものぼる。
今回、トヨタが特許実施権を無償公開したのはモーターやパワーコントロールユニット(写真)、システム制御にかかわるものなど。2015年に無償化した燃料電池車関連のものも含めると、2万5740件にものぼる。拡大
トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 国産セダン退潮期に振り返る 1971年に起きた「トヨタ・クラウン」のプチ革命 2021.6.30 デイリーコラム 4代目「トヨタ・クラウン」は市場構造に変化をもたらすほどの問題児だった。しかし、あの前衛デザインの採用は、トヨタがセダン市場でプチ革命を狙ったのではないかとも考えられる。あれが成功していたら、国産セダンを取り巻く状況が今とは違っていたかもしれないのだ。
  • 第210回:カーマニア最後の桃源郷 2021.7.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車4台がすべて後輪駆動となったいま、カーマニアとして「人生の目的は達した」はずなのだが、なぜかココロは満たされない。その足りない何かに気づき、中古車サイトで検索したのは、まさかの“軽トラ”だった!
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • インドに注力! トヨタと提携! 小さなクルマの第一人者スズキが描く大きな未来 2021.7.2 デイリーコラム インドで躍進し、米中の巨大市場からあえて手を引くなど、いつの時代も独自路線を歩み続けるスズキ。激動の時代に彼らが描く未来とはどのようなものなのか。2020年度の実績やトヨタとの提携などから、世界的な小型車メーカーの次世代戦略を探る。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」がフルモデルチェンジ 全モデルで電動パワートレインを搭載 2021.6.29 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年6月29日、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の国内導入を発表した。Cクラスを名乗るようになって5世代目となる新型は、旗艦モデル「Sクラス」譲りのデザインや技術を数多く採用し、従来モデルから飛躍的な進化を遂げている。
ホームへ戻る