決定! ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019
“グローバルなクルマの賞”から見えること

2019.04.23 デイリーコラム

ローカルな賞とはいろいろ違う

世界の2つ以上の大陸で販売されている最新モデルを対象に、「走りのパフォーマンス」や「エモーショナルさのアピール度合い」、さらには「安全性」や「環境性能」などを勘案。その結果を踏まえて、世界24カ国86人の選考委員が、直近1年を代表するにふさわしいモデルを選出する――そんな「ワールド・カー・アワード」のイベントで、今年、最高賞に相当するワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは「ジャガーIペース」だった。その授賞式は例年通り、ニューヨーク国際オートショーの会場で行われた。

ジャガー初の量産型ピュアEVであるこのモデルは、同時にワールド・カー・デザイン、そしてワールド・グリーン・カーという部門賞も獲得。3部門を同時に受賞したのは、ワールド・カー・アワード15年の歴史で初の快挙である。

“カー・オブ・ザ・イヤー”を称するイベントは世界のさまざまなマーケットに存在するものの、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーはそれらの上位にあるというわけではなく、あくまでも独立した賞典だ。世界の全市場が対象であるだけにノミネート車数が膨大になるというのが、このイベントの大きな特徴なのだが、各選考委員はテストドライブの経験があるモデルにのみ投票が許されることで公平性が保たれている。これも、各市場のローカルな賞とは大きく異なるポイントである。

そんなワールド・カー・アワードのプログラムでジャガーが賞を獲得するのは、2017年の「Fペース」に続いてこれが2回目。過去15回の国別の受賞回数で見ると、ドイツ車が8回と最も頻度が高く、「レクサスLS」や「マツダ2(デミオ)」、「マツダ・ロードスター」など、日本車も複数回の実績がある。ピュアEVとしての受賞は、初代「日産リーフ」に続き、今回のIペースが2度目となっている。

「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」授賞式の様子。写真中央は、受賞を喜ぶジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏。
「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」授賞式の様子。写真中央は、受賞を喜ぶジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏。拡大
ジャガー初のピュアEV「Iペース」は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。国内では同年9月に受注がスタートした。
ジャガー初のピュアEV「Iペース」は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。国内では同年9月に受注がスタートした。拡大
日本生まれのEVである初代「日産リーフ」(写真)も2011年に、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。日本車ではこのほか、「レクサスLS」(2007年)、「マツダ2」(2008年)、「マツダ・ロードスター」(2016年)が同賞を獲得している。
日本生まれのEVである初代「日産リーフ」(写真)も2011年に、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。日本車ではこのほか、「レクサスLS」(2007年)、「マツダ2」(2008年)、「マツダ・ロードスター」(2016年)が同賞を獲得している。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 「ランクル」になれなかった本格オフローダー
    「三菱パジェロ」の日本市場撤退に思うこと
    2019.5.8 デイリーコラム 三菱自動車が国内販売向け「パジェロ」の生産を2019年8月に終了することを発表した。とどまるところを知らないSUVブームの真っただ中に、“本物”が去り行くのはなぜなのだろうか。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る