クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第4回:CG ROBOT RACING TEAM 2019 シーズンリポート Vol.1

殊勲のポイント獲得 2019.05.02 池島実紅の「挑戦! 86/BRZ Race」 2019年3月23日~24日、三重県の鈴鹿サーキットを舞台に開幕を迎えたTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019。今季もCG ROBOT RACING TEAMは、プロフェッショナルシリーズに井口卓人選手、久保凜太郎選手、そしてクラブマンシリーズのエキスパートクラスに池島実紅選手を擁し、3台のスバルBRZで全8大会からなるシーズンに臨む。ついにオープニングラウンドを迎えたCG ROBOT RACING TEAMはその週末、どんな軌跡をたどったのだろう。
(『CG』2019年6月号から転載)

凛太郎の闘魂

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceシリーズに臨み始め、今年で4シーズン目を迎えるCG ROBOT RACING TEAM。とりわけ、佐野泰弘エンジニアが技術面を統括する現体制へと移行した2016年シーズンには、久保凜太郎、井口卓人の両選手がそろって登壇した“ダブル表彰台”や終盤の十勝、鈴鹿ラウンドでは井口選手が2連勝を遂げるなど、シリーズに旋風を巻き起こした。が、この2年ほどは、持ち前の速さと結果がなかなか結びつかず。だからこそ、2019年こそはそんな“壁”を打ち破りたい――チームクルーはそんな思いとともに鈴鹿入りしていた。

しかし、プロフェッショナルシリーズの予選に臨んだCG ROBOT RACING TEAMの結果は、凜太郎選手が16番手、井口選手は19番手。計32台が並ぶスターティンググリッド中団に埋もれる形になってしまった。

参戦チームの多くが、冬の間、精力的に走り込みを重ねたことに加え、ブリヂストン、ダンロップ、グッドイヤーといった3大ブランドが繰り広げる“タイヤ戦争”に、今季からトーヨータイヤと韓国のハンコックが新たに加わったことで、タイヤのパフォーマンスがこれまで以上に雌雄を決する状況となったことが大きい。CG ROBOT RACING TEAMが使用するブリヂストン勢からは、#86近藤 翼選手がポールポジションを奪取したが、CG ROBOT RACING TEAMの2台は、オーバーステア状態を解消することができず、いつものスピードを披露することができなかった。

が、翌日の決勝(8周)では2人のドライバーが大いに気を吐いた。とりわけ、#87凛太郎選手は、スタート直後に発生したアクシデント処理のため、セーフティーカーランが導入される難しいコンディションをものともせず、7周目には入賞圏内の10番手にポジションアップ。そのままチェッカーを受けると、殊勲の1ポイントをチームにもたらした。

新しいシーズンへの期待にあふれた笑顔で記念撮影に臨むCG ROBOT RACING TEAMの(左から)池島実紅、井口卓人、久保凜太郎の3選手。ご覧の通り、チームの雰囲気は今年もサイコー!ちなみに、チームに貴重な1ポイントをもたらした凛太郎選手は、86/BRZ Race鈴鹿ラウンドと併催されたスーパー耐久シリーズにも参戦。トヨタカローラ新茨城が展開するGR Garage水戸インターが立ち上げた「C.S.I Racing」のスポーティングマネジャー兼ドライバーとして新たなスタートを切ったが、見事、ST-4クラスで2位入賞を遂げる上々の好発進を見せた。
新しいシーズンへの期待にあふれた笑顔で記念撮影に臨むCG ROBOT RACING TEAMの(左から)池島実紅、井口卓人、久保凜太郎の3選手。ご覧の通り、チームの雰囲気は今年もサイコー!ちなみに、チームに貴重な1ポイントをもたらした凛太郎選手は、86/BRZ Race鈴鹿ラウンドと併催されたスーパー耐久シリーズにも参戦。トヨタカローラ新茨城が展開するGR Garage水戸インターが立ち上げた「C.S.I Racing」のスポーティングマネジャー兼ドライバーとして新たなスタートを切ったが、見事、ST-4クラスで2位入賞を遂げる上々の好発進を見せた。拡大
86/BRZ Raceシリーズでは各チームとも、例外なく、テントの下でマシンのメンテナンス作業を行う。
86/BRZ Raceシリーズでは各チームとも、例外なく、テントの下でマシンのメンテナンス作業を行う。拡大
普段はスバルのディーラーに勤務する若手メカニック諸氏だが、サーキットではCG ROBOT RACING TEAMになくてはならない“助っ人メカ”として大活躍。
普段はスバルのディーラーに勤務する若手メカニック諸氏だが、サーキットではCG ROBOT RACING TEAMになくてはならない“助っ人メカ”として大活躍。拡大
予選16番手から果敢な追い上げを見せ、チームに貴重な1ポイントをもたらした久保凜太郎選手。今後の展開に期待大!
予選16番手から果敢な追い上げを見せ、チームに貴重な1ポイントをもたらした久保凜太郎選手。今後の展開に期待大!拡大

次戦は初の“2レース制”

一方、今季はクラブマンシリーズのエキスパートクラスに挑む池島実紅選手は、オフの間の走り込みがなかなかできなかったにもかかわらず、出走台数31台のうち、予選12番手につけた。決勝はプロフェッショナルシリーズ同様、アクシデントが多発する荒れ模様の展開となったが、池島選手はタイヤウエアを冷静にマネジメント。残念ながらあと一歩で入賞圏内とはならなかったが、これまでのベストリザルト・タイとなる11位でフィニッシュ。残り7大会での飛躍が大いに期待される結果を残した。

次戦の富士(4月20日~21日)は、今年から導入された“2レース制”が、プロフェッショナル/クラブマンの両シリーズで実施される最初のラウンドとなる。予選終了後に第1レースが行われ、翌日曜には、第1レース決勝結果をそのままグリッド順として第2レースがスタート。しかも第1、第2レースを通じて、使用できるタイヤはわずかに1セット。シリーズに参戦するエントラントが誰も経験したことのない“未知の領域”で、勝負が展開される86/BRZ Race。シリーズは、これまで以上に興味津々の度を増すこと、請け合いである。

(文=早田禎久/写真=服部真哉)

朝イチの決勝レース、86/BRZ Race クラブマンシリーズ エキスパートクラスのグリッドで池島選手を激励する井口(左)、凜太郎の両選手。車内の池島選手もファイティングポーズで応える。
朝イチの決勝レース、86/BRZ Race クラブマンシリーズ エキスパートクラスのグリッドで池島選手を激励する井口(左)、凜太郎の両選手。車内の池島選手もファイティングポーズで応える。拡大
3月24日、午前8時21分に86/BRZ Raceクラブマンシリーズ エキスパートクラスがスタート。写真中央が池島実紅選手の#89CG ROBOT BRZ BS。
3月24日、午前8時21分に86/BRZ Raceクラブマンシリーズ エキスパートクラスがスタート。写真中央が池島実紅選手の#89CG ROBOT BRZ BS。拡大

池島実紅選手(写真奥)の#89CG ROBOT BRZ BSは、予選12番手から的確な判断と冷静なタイヤマネジメントで周回を重ね、11位でフィニッシュ。入賞圏内の10位まであと一歩だ!


	池島実紅選手(写真奥)の#89CG ROBOT BRZ BSは、予選12番手から的確な判断と冷静なタイヤマネジメントで周回を重ね、11位でフィニッシュ。入賞圏内の10位まであと一歩だ!
	拡大
開幕戦の鈴鹿ラウンドでは結果につながらなかった#88井口卓人選手だが、次戦の富士には必ずや復活を遂げてくれるはずだ。
開幕戦の鈴鹿ラウンドでは結果につながらなかった#88井口卓人選手だが、次戦の富士には必ずや復活を遂げてくれるはずだ。拡大
注目の記事PR
  • ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。
    ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。