平成の自動車界を振り返る(第2回)
完全なる“自動”車を求めて

2019.04.26 デイリーコラム

はじまりは27年前

1992年といえば平成4年。新時代の幕開けから間もないその年の出来事を追ってみると、「松井秀喜が星稜高校時代に甲子園で5打席連続敬遠」とか、「岩崎恭子が14歳でバルセロナ五輪金メダル」とか、ヤングの皆さんは覚えがないだろう、でもオッサン的には昨日のことのような事柄がほいほい現れた。

その1992年の10月、フルモデルチェンジを受けて3代目となったのが「三菱デボネア」だ。なんでいまさらそんな懐かしいクルマの話を引っ張り出したかといえば、クルーズコントロールにレーザーセンサーを組み合わせ、車間警告やシフトダウンによる減速促進などを行う「ディスタンスウォーニング」なる機能が用意されていたからだ。調べる限り、これが世界で初めて乗用車向けに搭載されたアダプティブな巡航装置ということになる。ちなみに三菱は平成のモーターショーを彩ったコンセプトカー「HSR」シリーズで自動運転に関するさまざまなアイデアを提案してきた。

その後、このディスタンスウォーニングはカメラとの組み合わせからなる前車追従機能を加えた「プレビューディスタンスコントロール」に進化。こちらは1995年に発売された2代目「ディアマンテ」に搭載された。そしてトヨタの「レーダークルーズコントロール」をはじめとした同様のシステムも登場、追従型クルーズコントロールは普及に向けての道筋をたどっていくことになる。

そして走行車線維持のためのアクティブな操舵支援システムが初めて市販車に搭載されたのは、21世紀に入った2001年、4代目の「日産シーマ」となる。すなわち速度管理と方向管理という自動運転のために必要な2つの基本的技術は、日本で実装され世に示されたと言っても過言ではないだろう。まだADAS(先進運転システム)という言葉もなかったこの当時、同等の先進安全技術を搭載していた海外勢はメルセデス・ベンツくらいなものだった。

1992年にデビューした3代目「三菱デボネア」には、レーザーセンサーを使った車間距離の維持システム「ディスタンスウォーニング」が搭載された。
1992年にデビューした3代目「三菱デボネア」には、レーザーセンサーを使った車間距離の維持システム「ディスタンスウォーニング」が搭載された。拡大
2代目「三菱ディアマンテ」のインテリア。クルーズコントロール作動中に先行車との車間距離を計測し、エンジン、ブレーキ、そして変速を統合制御する「プレビューディスタンスコントロール」が用意された。
2代目「三菱ディアマンテ」のインテリア。クルーズコントロール作動中に先行車との車間距離を計測し、エンジン、ブレーキ、そして変速を統合制御する「プレビューディスタンスコントロール」が用意された。拡大
2001年1月に登場した4代目「日産シーマ」(写真)は、世界初の車線維持機構「レーンキープサポートシステム」で話題となった。
2001年1月に登場した4代目「日産シーマ」(写真)は、世界初の車線維持機構「レーンキープサポートシステム」で話題となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事