月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』
webCGライター陣が語る「クルマにまつわる平成の思い出」

2019.04.25 From Our Staff
1989年(平成元年)に発売された「ユーノス・ロードスター」。
1989年(平成元年)に発売された「ユーノス・ロードスター」。拡大

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。5月号では、webCGでおなじみのライター陣がクルマにまつわる平成時代の思い出を語ります。

それでは早速、今月号の内容をご紹介します。

R32型「日産スカイラインGT-R」も平成元年に発売。“ケンメリ”以来、16年ぶりのGT-Rの復活だった。
R32型「日産スカイラインGT-R」も平成元年に発売。“ケンメリ”以来、16年ぶりのGT-Rの復活だった。拡大
初代「トヨタ・セルシオ」のデビューも平成元年。アメリカでは一足早く「レクサスLS400」として発売されていた。
初代「トヨタ・セルシオ」のデビューも平成元年。アメリカでは一足早く「レクサスLS400」として発売されていた。拡大
4月5日~7日にかけて開催された「オートモビル カウンシル2019」。前年比で約1割増しとなる3万4692人が来場するなど、今年も盛況のうちに終わった。
4月5日~7日にかけて開催された「オートモビル カウンシル2019」。前年比で約1割増しとなる3万4692人が来場するなど、今年も盛況のうちに終わった。拡大
上海モーターショーでデビューしたレクサス初のミニバン「LM」。
上海モーターショーでデビューしたレクサス初のミニバン「LM」。拡大
約3年ぶりに日本市場にカムバックした「トヨタRAV4」は、3タイプの4WDシステムをそろえているのが自慢だ。
約3年ぶりに日本市場にカムバックした「トヨタRAV4」は、3タイプの4WDシステムをそろえているのが自慢だ。拡大
大ヒットSUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に。フロントマスクが一回り大きな「ヴェラール」そっくりになった。
大ヒットSUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に。フロントマスクが一回り大きな「ヴェラール」そっくりになった。拡大

------------------------------------

【スペシャルコラム】
「ユーノス・ロードスター」や「トヨタ・セルシオ」「日産スカイラインGT-R」(R32)などがデビューし、日本車のヴィンテージイヤーと呼ばれる1989年から始まった平成時代が、まもなく終わりのときを迎えようとしています。この30年あまりの間に、はやりのクルマの形の変化や市場のグローバル化、パワートレインの多様化が進み、クルマを取り巻く状況が大きく変わりました。そこで今月号ではwebCGでおなじみの沼田 亨、下野康史、清水草一の各氏に、クルマにまつわる平成の思い出を語ってもらいました。令和の始まりの朝に、まずは平成をディープに振り返っておきましょう!

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のアクセスランキングを通して、この1カ月のギョーカイの動向をおさらいします。

「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマとする自動車イベント「オートモビル カウンシル2019」で幕を開けたこの4月。中旬には中国・上海と米国・ニューヨークでほぼ同時にモーターショーが開幕し、レクサス初のミニバン「LM」や新型「スバル・アウトバック」など、注目のクルマがたくさんデビューしました。

一方の試乗記部門には、約3年ぶりに日本市場に復活した「トヨタRAV4」や“原点回帰”がうたわれる新型「BMW Z4」、ジャガー初の電気自動車「Iペース」などが登場。海の向こうからは新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」のリポートも届きました。今月のアクセスランキングは激戦必至か!?

------------------------------------

『月刊webCG通信』の申し込みは、メールアドレスを記入するだけ。従来の『webCG通信』読者の方には、もれなくお届けします。登録がまだの方は、この機会にぜひご登録を!

→メールマガジンのお申し込みはこちら

あなたにおすすめの記事
新着記事