テスラ・モデルX P100D(前編)

2019.05.02 谷口信輝の新車試乗 「ファルコンウイングドア」にスーパースポーツ顔負けの高出力モーター、そして先進の運転支援システムを備える、テスラの電動SUV「モデルX」。大いに関心を持っていたという谷口信輝のファーストインプレッションは?

気分がウキウキしてくる

テスラくらい好き嫌いがはっきりと分かれる自動車メーカーも珍しいだろう。

“テスラ好き派”にとって、その魅力は明確。375~505km(モデルXの場合)という通常のEVでは考えられないほど長い航続距離を実現していたり、内外装のデザインが前衛的だったり、彼らが「オートパイロット」と呼ぶ運転支援機能が備わっていたりと、他メーカーのエンジン車やEVにはない価値を見いだしているからだ。イーロン・マスクCEOの常識にとらわれない発想や言動に心酔しているファンも少なくないだろう。

反対に“テスラ嫌い派”は、ここに挙げたテスラの特徴をすべてうさんくさい目で眺め、マスクCEOの一挙手一投足にいらだちを募らせる。ふたつのグループは、どこまでいっても相いれないように思える。

では、われらが谷口信輝は“好き派”なのか“嫌い派”なのか?

その答えは、以下の文章を読めば直ちにわかるはず。なお、今回試乗してもらったのはモデルXの最強モデルである「P100D」で、お値段は1800万円ほど。ただし、テスラは最近グレード設定の見直しを図っていて、これと同じ仕様のモデルXはいまでは購入できなくなっているようなのでご注意願いたい。

「もう、このフロントウィンドウが特徴的ですよね」

 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大

【テスラ・モデルX P100Dのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5037×2070×1680mm/ホイールベース:2965mm/車重:2570kg/駆動方式:4WD/モーター:三相交流誘導モーター/フロントモーター最高出力:262ps(193kW)/フロントモーター最大トルク:330Nm(33.7kgm)/リアモーター最高出力:510ps(375kW)/リアモーター最大トルク:660Nm(67.3kgm)/システム最高出力:--ps(--kW)/システム最高トルク:--Nm(--kgm)/タイヤ:(前)265/35R22 102W/(後)265/35R22 102W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)/価格:1780万円


	【テスラ・モデルX P100Dのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5037×2070×1680mm/ホイールベース:2965mm/車重:2570kg/駆動方式:4WD/モーター:三相交流誘導モーター/フロントモーター最高出力:262ps(193kW)/フロントモーター最大トルク:330Nm(33.7kgm)/リアモーター最高出力:510ps(375kW)/リアモーター最大トルク:660Nm(67.3kgm)/システム最高出力:--ps(--kW)/システム最高トルク:--Nm(--kgm)/タイヤ:(前)265/35R22 102W/(後)265/35R22 102W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)/価格:1780万円
	拡大

関連キーワード:
モデルX, テスラ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
  • ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.2 試乗記 世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定車「V90クロスカントリー オーシャンレースエディション」に試乗。日本には15台のみが導入される“レア”なモデルは、悠然とした身のこなしを見せるプレミアムな一台に仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る