テスラ・モデルX P100D(前編)

2019.05.02 谷口信輝の新車試乗 「ファルコンウイングドア」にスーパースポーツ顔負けの高出力モーター、そして先進の運転支援システムを備える、テスラの電動SUV「モデルX」。大いに関心を持っていたという谷口信輝のファーストインプレッションは?

気分がウキウキしてくる

テスラくらい好き嫌いがはっきりと分かれる自動車メーカーも珍しいだろう。

“テスラ好き派”にとって、その魅力は明確。375~505km(モデルXの場合)という通常のEVでは考えられないほど長い航続距離を実現していたり、内外装のデザインが前衛的だったり、彼らが「オートパイロット」と呼ぶ運転支援機能が備わっていたりと、他メーカーのエンジン車やEVにはない価値を見いだしているからだ。イーロン・マスクCEOの常識にとらわれない発想や言動に心酔しているファンも少なくないだろう。

反対に“テスラ嫌い派”は、ここに挙げたテスラの特徴をすべてうさんくさい目で眺め、マスクCEOの一挙手一投足にいらだちを募らせる。ふたつのグループは、どこまでいっても相いれないように思える。

では、われらが谷口信輝は“好き派”なのか“嫌い派”なのか?

その答えは、以下の文章を読めば直ちにわかるはず。なお、今回試乗してもらったのはモデルXの最強モデルである「P100D」で、お値段は1800万円ほど。ただし、テスラは最近グレード設定の見直しを図っていて、これと同じ仕様のモデルXはいまでは購入できなくなっているようなのでご注意願いたい。

「もう、このフロントウィンドウが特徴的ですよね」

 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデルX P100D(前編)の画像拡大

【テスラ・モデルX P100Dのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5037×2070×1680mm/ホイールベース:2965mm/車重:2570kg/駆動方式:4WD/モーター:三相交流誘導モーター/フロントモーター最高出力:262ps(193kW)/フロントモーター最大トルク:330Nm(33.7kgm)/リアモーター最高出力:510ps(375kW)/リアモーター最大トルク:660Nm(67.3kgm)/システム最高出力:--ps(--kW)/システム最高トルク:--Nm(--kgm)/タイヤ:(前)265/35R22 102W/(後)265/35R22 102W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)/価格:1780万円


	【テスラ・モデルX P100Dのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5037×2070×1680mm/ホイールベース:2965mm/車重:2570kg/駆動方式:4WD/モーター:三相交流誘導モーター/フロントモーター最高出力:262ps(193kW)/フロントモーター最大トルク:330Nm(33.7kgm)/リアモーター最高出力:510ps(375kW)/リアモーター最大トルク:660Nm(67.3kgm)/システム最高出力:--ps(--kW)/システム最高トルク:--Nm(--kgm)/タイヤ:(前)265/35R22 102W/(後)265/35R22 102W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)/価格:1780万円
	拡大

関連キーワード:
モデルX, テスラ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • 第592回:ランボルギーニ初のHV「シアンFKP 37」発表
    開発責任者レッジャーニCTOがスーパーカーの未来を語る
    2019.10.9 エディターから一言 「シアンFKP 37」はランボルギーニ初のハイブリッドモデルであると同時に、MITとの共同開発コンセプトカー「テルツォ ミッレニオ」が示した未来の電動スーパーカーへの架け橋なのだという。同車の開発責任者マウリツィオ・レッジャーニCTOにその展望を聞いた。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
ホームへ戻る