クロスオーバーEV「テスラ・モデルX」登場

2012.02.10 自動車ニュース

クロスオーバーEV「テスラ・モデルX」登場

米テスラモーターズは2012年2月10日(米国時間2月9日)、クロスオーバータイプの新型電気自動車「テスラ・モデルX」を発表した。

■第3のテスラは「ガルウイングのEV」

2003年の設立以来、スポーツタイプの2人乗り電気自動車(EV)「テスラ・ロードスター」を扱ってきたEVメーカー・テスラモーターズが、今夏発売を予定する4ドアセダン「モデルS」に続く第3のEV、「モデルX」をお披露目した。

発表会であいさつに立った同社のイーロン・マスクCEOによれば、「モデルX」はミニバンの実用性、最新SUVのスタイリング、そしてスポーツカーのパフォーマンスを兼ね備えるニューモデルで、パッケージングは3列シートの7人乗り。駆動方式は、リアにモーターを置くRRのほかに、前後それぞれに1基ずつモーターをもつ4WDが選べるようになる。

外観は多くのSUVにも見られるモノフォルム。ただし、そのリアドアは、いわゆるガルウイングドアのように上方に開く構造になっており(ファルコンウィング ドア)、「モデルX」に強烈な個性を与える。「2列目3列目の乗員が無理のない姿勢で乗り降りでき、しかも雨をしのげるなど、実用性にも貢献する」とはイーロン・マスクCEOの弁である。

内燃機関を持たないEVであるため、3列目シートの後方にある通常のラゲッジルームに加え、フロントのボンネット下にも収納スペースが確保される。ダッシュボード上に、車両のセッティングやマルチメディアの操作を行うための17インチタッチスクリーンが備わるのも特徴だ。

いっぽう走行性能については、0-60mph(=0-96km/h)の加速を5秒以下でこなすなど、他社のスポーツカーにひけをとらないパフォーマンスをうたう。

「モデルX」は、「同クラスのプレミアムSUVに負けない、競争力のある価格で提供される」(プレスリリース)見込み。生産は2013年末にスタートし、2014年初めには、オーナーへのデリバリーが始まる予定だという。

(webCG 関)

テスラ第3のEVとなる「モデルX」。
テスラ第3のEVとなる「モデルX」。 拡大
「モデルX」の発表会は、テスラのデザインスタジオ(米国カリフォルニア州)で行われ、その様子は写真のようにインターネットを通じて東京でも同時中継された。
「モデルX」の発表会は、テスラのデザインスタジオ(米国カリフォルニア州)で行われ、その様子は写真のようにインターネットを通じて東京でも同時中継された。 拡大
 
クロスオーバーEV「テスラ・モデルX」登場の画像 拡大
 
クロスオーバーEV「テスラ・モデルX」登場の画像 拡大
「ファルコンウィング ドア」と呼ばれるリアのガルウイングドアが目を引く「テスラ・モデルX」。フロントは、ごく普通のドアである。
「ファルコンウィング ドア」と呼ばれるリアのガルウイングドアが目を引く「テスラ・モデルX」。フロントは、ごく普通のドアである。 拡大

関連キーワード:
モデルX, テスラ, 自動車ニュース

テスラ モデルX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ドリームカー誕生 「アルファ・ロメオ4C」編 2020.9.23 MOVIE アルファ・ロメオのピュアスポーツカー「4C」は、どうやってつくられる? その生産現場にカメラが密着した自動車ドキュメンタリー『ドリームカー誕生』アルファ・ロメオ4C編を、ノーカットで公開中!
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
ホームへ戻る