新型「BMW 8シリーズ」にディーゼルモデル登場

2019.05.20 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年5月20日、新型「BMW 8シリーズ」の「クーペ」と「カブリオレ」にディーゼルエンジン搭載車を追加し、同日販売を開始した。

今回新たに追加されたラインナップには、最高出力319ps、最大トルク680Nmを発生する3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載。全車、四輪駆動システム「xDrive」を採用している。

導入されるグレードと価格は以下の通り。

  • 840d xDrive:1237万円
  • 840d xDrive Mスポーツ:1360万円
  • 840d xDriveカブリオレ:1334万円
  • 840d xDrive Mスポーツ カブリオレ:1443万円

また2019年夏以降、上記モデルを含め、8シリーズには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用される予定となっている。

(webCG)

BMW 840d xDrive
BMW 840d xDrive拡大

関連キーワード:
8シリーズ クーペ, 8シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW 8シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2019.」の会場から 2019.6.27 画像・写真 2019年6月23日、静岡県の富士スピードウェイで、「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2019.」が開催された。2017年に続き2回目の開催となった今回は、参加台数約2100台、来場者数約5800人という規模に。全国からBMWファンが集まったこのイベントの様子を、写真でリポートする。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.5.27 試乗記 BMWの最上級クーペ「8シリーズ」をベースとする、オープントップモデル「8シリーズ カブリオレ」に試乗。その優雅さと実用性を両立させる仕立てやスーパースポーツ顔負けの走りは、“フラッグシップ・オブ・ラグジュアリー”と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M8コンペティション/M8カブリオレ コンペティション【海外試乗記】 2019.10.14 試乗記 20年ぶりに復活したBMWの最上級スペシャルティーモデルをベースに、BMW M社がさらなるパフォーマンスアップの手を加えた「M8」。600PS級の4.4リッターV8ツインターボを搭載したニューモデルの出来栄えを、ポルトガルのアルガルヴェから報告する。
ホームへ戻る