新型「BMW 8シリーズ」にディーゼルモデル登場

2019.05.20 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年5月20日、新型「BMW 8シリーズ」の「クーペ」と「カブリオレ」にディーゼルエンジン搭載車を追加し、同日販売を開始した。

今回新たに追加されたラインナップには、最高出力319ps、最大トルク680Nmを発生する3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載。全車、四輪駆動システム「xDrive」を採用している。

導入されるグレードと価格は以下の通り。

  • 840d xDrive:1237万円
  • 840d xDrive Mスポーツ:1360万円
  • 840d xDriveカブリオレ:1334万円
  • 840d xDrive Mスポーツ カブリオレ:1443万円

また2019年夏以降、上記モデルを含め、8シリーズには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用される予定となっている。

(webCG)

BMW 840d xDrive
BMW 840d xDrive拡大

関連キーワード:
8シリーズ クーペ, 8シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース