新型「BMW 8シリーズ」にディーゼルモデル登場

2019.05.20 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年5月20日、新型「BMW 8シリーズ」の「クーペ」と「カブリオレ」にディーゼルエンジン搭載車を追加し、同日販売を開始した。

今回新たに追加されたラインナップには、最高出力319ps、最大トルク680Nmを発生する3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載。全車、四輪駆動システム「xDrive」を採用している。

導入されるグレードと価格は以下の通り。

  • 840d xDrive:1237万円
  • 840d xDrive Mスポーツ:1360万円
  • 840d xDriveカブリオレ:1334万円
  • 840d xDrive Mスポーツ カブリオレ:1443万円

また2019年夏以降、上記モデルを含め、8シリーズには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用される予定となっている。

(webCG)

BMW 840d xDrive
BMW 840d xDrive拡大

関連キーワード:
8シリーズ クーペ, 8シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.31 試乗記 トヨタが建設を進めている新たな研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」を舞台に、新型「スープラ」の3グレードを比較試乗。各モデルの特徴を探るとともに、「ニュルを模した」といわれるテストコースがこれからのクルマづくりにおいて担う役割に、思いをはせた。
ホームへ戻る