新型「BMW 8シリーズ」にディーゼルモデル登場

2019.05.20 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年5月20日、新型「BMW 8シリーズ」の「クーペ」と「カブリオレ」にディーゼルエンジン搭載車を追加し、同日販売を開始した。

今回新たに追加されたラインナップには、最高出力319ps、最大トルク680Nmを発生する3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載。全車、四輪駆動システム「xDrive」を採用している。

導入されるグレードと価格は以下の通り。

  • 840d xDrive:1237万円
  • 840d xDrive Mスポーツ:1360万円
  • 840d xDriveカブリオレ:1334万円
  • 840d xDrive Mスポーツ カブリオレ:1443万円

また2019年夏以降、上記モデルを含め、8シリーズには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用される予定となっている。

(webCG)

BMW 840d xDrive
BMW 840d xDrive拡大

関連キーワード:
8シリーズ クーペ, 8シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW 8シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
ホームへ戻る