改良型ガソリンエンジン搭載の「プジョー3008/5008」発売

2019.05.21 自動車ニュース
「プジョー3008」(右)と「5008」(左)
「プジョー3008」(右)と「5008」(左)拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月21日、改良型1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと8段ATを採用した「プジョー3008/5008」を発売した。

欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応する最高出力180psの1.6リッター直4「ピュアテック」ガソリンエンジン。
欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応する最高出力180psの1.6リッター直4「ピュアテック」ガソリンエンジン。拡大

新たに3008と5008に搭載されるエンジンは、1.6リッター直4「ピュアテック」ガソリンエンジンを改良し、欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応したもの。従来型比で15ps、10Nmアップとなる最高出力180ps、最大トルク250Nmを発生する。またガソリン微粒子フィルターを採用することで排出ガスをクリーン化し、フリクションを低減したほか、電子制御ウェイストゲートバルブの採用により、さらなる高効率化とハイレスポンス化、スムーズな吹け上がりを実現したという。

電子制御8段ATはアイシン・エィ・ダブリュ製で、エコモード/通常モード/スポーツモードという3つのドライブモードを選択可能。エコモード時は、新採用されたフリーホイール機能により、アクセルオフ時にクラッチを切り(諸条件あり)燃費改善を図る。

新パワーユニット搭載車のラインナップと価格は以下の通り。

【プジョー3008】

  • 3008アリュール:367万円
  • 3008アリュールLEDパッケージ:385万円
  • 3008 GTライン:409万円

【プジョー5008】

  • 5008アリュール:414万円

(webCG)

関連キーワード:
3008, 5008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • アウディQ8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.16 試乗記 アウディのSUVファミリーに、新たなフラッグシップモデル「Q8」が登場。大きくてスタイリッシュな“SUVクーペ”は、カッコだけの高級車なのか、それとも……? その走りっぷりをチェックした。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
ホームへ戻る