【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】スバルがプラグインハイブリッド車を披露

2019.05.22 自動車ニュース
スバル・クロストレック ハイブリッド
スバル・クロストレック ハイブリッド拡大

スバルは、2019年5月22~24日の会期で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に、同ブランド初となる量産型プラグインハイブリッド車を展示した。

メカニズム解説用のミニチュア。フロント(写真左側)には水平対向エンジンが見られる。
メカニズム解説用のミニチュア。フロント(写真左側)には水平対向エンジンが見られる。拡大
給電口は、左側リアにレイアウトされる。
給電口は、左側リアにレイアウトされる。拡大
インテリア。基本的な造形はガソリン車のクロストレック(日本名:「XV」)と変わらない。
インテリア。基本的な造形はガソリン車のクロストレック(日本名:「XV」)と変わらない。拡大
モニター画面の表示内容は、プラグインハイブリッド車ならではのもの。
モニター画面の表示内容は、プラグインハイブリッド車ならではのもの。拡大
 
【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】スバルがプラグインハイブリッド車を披露の画像拡大

スバルの意気込みが感じられる

スバルブースに展示されていたのは「クロストレック ハイブリッド」。充電器に接続され、プラグインハイブリッドであることをアピールしている。残念ながら、このクルマを日本国内で購入することはできない。日本では「XV」という名で販売されていて、マイルドハイブリッドのe-BOXER搭載モデルはあるが、PHVは今のところアメリカ向けのみである。電動車需要が増えている中国でも販売予定はない。

外観はXVと変わらないようだが、右側にフューエルリッドがあり、左側に充電用コネクターがある。フロントフェンダーには「PLUG-IN HYBRID」のバッジが光ってこのクルマの素性を示していた。リアゲートを開けると、フロアはかなり高い。床下に大きなバッテリーがあって、荷室を侵食しているのだ。

パワートレインのカットモデルも、国内初公開とのこと。水平対向エンジンに、2つのモーターを持つトランスアクスルが組み合わされている。ハイブリッドシステムはトヨタから供給されたもので、基本構造は「プリウスPHV」と同じ。ただしプリウスがエンジン横置きのFFであるのに対し、クロストレックはシンメトリカルAWDというオンリーワンの技術を使う。流用できるパーツは少なく、根本から作り直しているそうだ。

おかげで電動化技術を“手の内化”することができ、EVも含めたさまざまなモデルへの対応が可能になったという。プラグインハイブリッドとなっても、スバルのアイデンティティーである4WD性能は従来と同じ。モーターは前後輪を駆動し、高い悪路走破性能を確保する。

展示車が日本で買えないクルマだけというのは切ないが、スバルが次世代に向けて準備を整えているというアピールなのだろう。トヨタの力を借りながらも、SUVの分野でこれからも優位性を保つ自信と意気込みが感じられた。

(文=鈴木真人)

関連キーワード:
人とくるまのテクノロジー展2019 横浜, イベント, スバル, 自動車ニュース

スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事