月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』
新型「マツダ3」の車名についてどう思う?

2019.05.24 From Our Staff
新型「マツダ3ファストバック」。
新型「マツダ3ファストバック」。拡大

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。読者の皆さまお待ちかねの新型「マツダ3」がいよいよ発売となりました。そこで6月号では「アクセラ」からマツダ3への改名について、読者の皆さまの意見を大募集いたします。

それでは早速、今月号の内容をご紹介します。

2019年5月17日に発売された新型「トヨタ・スープラ」。
2019年5月17日に発売された新型「トヨタ・スープラ」。拡大
日産にとっては初めて自社開発した軽自動車となった「デイズ ハイウェイスター」。
日産にとっては初めて自社開発した軽自動車となった「デイズ ハイウェイスター」。拡大
「デリカD:5」に続き、最新のダイナミックシールドデザインで登場した「三菱eKクロス」。
「デリカD:5」に続き、最新のダイナミックシールドデザインで登場した「三菱eKクロス」。拡大

------------------------------------

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー……といいつつも今月は、とある『webCG』編集部員が登場します。平成時代の大詰めに人生初の新車を購入したというこの人物。一体どんなクルマを手に入れたのでしょうか。

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、この1カ月の自動車業界の動向をおさらいします。
今か今かと読者の皆さまをやきもきさせていたのは新型マツダ3だけではありません。そう、この5月には新型「トヨタ・スープラ」も発売となりました。こちらはマツダ3よりもだいぶ高価なスポーツカーですが、いずれにしても両車は、最近では屈指の人気モデル(コンテンツ)。ニュースランキングは一騎打ちムードが濃厚か!?
一方の試乗記部門には、スープラの姉妹車である新型「BMW Z4」に加えて、新型「日産デイズ ハイウェイスター」と「三菱eKワゴン/クロス」という、また別の姉妹が登場。令和最初の試乗記ランキングでは“血縁関係”に注目!

新型「マツダ3ファストバック」(手前)と「マツダ3セダン」(奥)。
新型「マツダ3ファストバック」(手前)と「マツダ3セダン」(奥)。拡大

【読者アンケートの広場】
いよいよ国内でも販売が始まった「マツダ・マツダ3」。これを機に「アクセラ」の名は失われてしまうわけですが、果たして読者の皆さまはこの改名をどのように受け止められたのでしょうか。投票の結果は、6月1日配信のメールマガジンでお知らせします。ページ下段のアンケートフォームから、ぜひご投票&ご意見をお寄せください。

関連キーワード:
マツダ3ファストバック, マツダ3セダン, マツダ

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る