第608回:災い転じて福となす!?
大矢アキオ、“駐在所”にて夜を明かす

2019.06.14 マッキナ あらモーダ!

民宿でオーバーブッキング?

1990年代後半イタリアに住み始めた頃、ホテルの予約といえば「旅行代理店でクーポン」か「ファクス」、もしくは「施設に直接電話」であった。こうすることで語学力が鍛えられたといえばそれまでだが、ちゃんと予約が入っているか、到着するまで不安が伴ったものである。

気がつけば近年はホテル検索サイトのおかげで、ヨーロッパにおける旅の計画が格段に便利になった。

しかし先日の旅では予期せぬことが起きた。2カ月前に検索サイト経由で予約しておいた宿が、自動キャンセルとなったという旨の通知メールが舞い込んだのだ。それも出発の2日前である。ついでにいえば、当該サイトで普段使っているイタリア語や日本語ではなく、珍しく英語でのメッセージだった。

理由は「オーバーブッキングのため」であるという。航空会社の宿泊プランや国際会議を引き受けるような一流宿ではあるまいし、数室しかない田舎宿で「オーバーブッキング」とは何事だ。筆者にとっては初めて泊まる宿であり、それを表向きの理由に断られるような、またはサイトのブラックリストに載るような不適切行為をした記憶もない。その宿にスムーズに到達すべく、「Googleストリートビュー」で、インターの出口やルートまでイメトレしていたのに。やり場のない怒りがこみ上げてきた。

やや心を落ち着けて通知メールを読み進むと、「おすすめの代替施設」が表示されている。予定していた宿と比べると、料金は3泊分で円換算にして約3300円のプラスである。

再び納得できない気持ちに見舞われたが、もはや悠長に他施設をネット検索している暇はない。繰り返すが、出発の2日前である。ボタンをクリックし、予約を完了した。

筆者が泊まることになった民宿「カーザ・カントニエラ」。イタリア北部コモにて。
筆者が泊まることになった民宿「カーザ・カントニエラ」。イタリア北部コモにて。拡大
ファサード側は国道に面している。
ファサード側は国道に面している。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事