第197回:お父さんは盗んだクルマで旅に出る
『ガラスの城の約束』

2019.06.13 読んでますカー、観てますカー

セレブコラムニストの過酷な少女時代

映画は冒頭から衝撃的なシーンが連続する。1989年のニューヨーク。レストランからタクシーで帰宅する道で、ジャネット・ウォールズは母親がゴミをあさる姿を目撃する。正業につかない両親は町外れの空きビルを不法占拠して住んでおり、こうして“自給自足”の生活をしているのだ。彼女は母に見つからないよう、姿勢を低くして通り過ぎる。

思い出すのは、幼い頃に起きた事件だ。1960年代初頭、3歳だったジャネットはおなかがすいたと母に告げる。しかし、彼女は絵を描くのに夢中で、取り合ってくれない。仕方がなく自分でお湯を沸かしてソーセージをゆで始めると、踏み台を使ってコンロに向かっていた彼女の服の裾に火が移って燃え上がる。あっという間に炎に包まれ、全身に大やけど。病院に運び込まれるが、治療を受けているさなかに父親がやってきてジャネットを連れ去る。病院は信用できないというのだ。

『ガラスの城の約束』は、ジャネットの自伝的小説が原作だ。彼女は『エスクァイア』や『USAトゥデイ』などでゴシップ記事を書いていた有名コラムニストで、この小説は2005年に出版されてから350万部を売り上げたベストセラー。世界35カ国で翻訳されている。いわゆるセレブだった彼女が過酷な少女時代をありのままに描き出したことが、センセーショナルな話題になったらしい。

父レックス、母ローズマリー、姉ローリ、弟ブライアン、妹モーリーンとの6人家族は、アメリカ中を渡り歩いて暮らしていた。一つの場所にとどまっていないのは、借金取りから逃れるためだ。いよいよ危ないとなると、大急ぎで荷物をまとめて夜逃げする。行き先はわからない。適当な場所を見つけて住みつき、またしばらくすると旅立つのだ。

© 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.拡大
 
第197回:お父さんは盗んだクルマで旅に出る『ガラスの城の約束』の画像拡大
 
第197回:お父さんは盗んだクルマで旅に出る『ガラスの城の約束』の画像拡大
 
第197回:お父さんは盗んだクルマで旅に出る『ガラスの城の約束』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事