「スズキ・アルト」40周年を記念した特別仕様車が登場

2019.06.13 自動車ニュース
スズキ・アルト40周年記念特別仕様車Lリミテッド
スズキ・アルト40周年記念特別仕様車Lリミテッド拡大

スズキは2019年6月13日、軽乗用車「アルト」に「40周年記念特別仕様車Lリミテッド」を設定、同日に販売を開始した。

ブラックのインパネカラーやサテンメッキ調のエアコンサイドルーバーリングなどを採用している。
ブラックのインパネカラーやサテンメッキ調のエアコンサイドルーバーリングなどを採用している。拡大
フロントのドアアームレストはピアノブラック調となる。リアドアとバックドアはスモークガラス仕様となり、UVカット機能付きガラスが全面に採用されている。
フロントのドアアームレストはピアノブラック調となる。リアドアとバックドアはスモークガラス仕様となり、UVカット機能付きガラスが全面に採用されている。拡大
「40周年記念特別仕様車」専用となるエンブレムをバックドアに配している。
「40周年記念特別仕様車」専用となるエンブレムをバックドアに配している。拡大

初代アルトは1979年5月にデビュー。現在まで40年間8代にわたり、進化を続けてきた。スズキを代表する軽自動車として愛され続け、国内累計販売台数はスズキ車中最多となる514万台に達しているという(「アルト ラパン」を除く)。

今回設定された40周年記念特別仕様車Lリミテッドは、「Lスズキセーフティサポート装着車」をベースに、ブラック基調のインテリアのほか、「40th Anniversary」専用エンブレムなどを採用。外装色には「ブリスクブルーメタリック」を特別設定するなど、全5色を用意している。

安全装備としては、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを標準装備している。

主な特別装備は下記の通り。

  • 電動格納式リモコンドアミラー
  • カラードドアミラー
  • ヒーテッドドアミラー(4WD車)
  • スモークガラス(リアドア、バックドア)
  • UVカット機能付きガラス(全面)
  • インパネカラーパネル(ブラック)
  • ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)
  • エアコンサイドルーバーリング(サテンメッキ調)
  • エアコンセンタールーバー(サテンメッキ調)
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 40th Anniversary専用エンブレム(バックドア)

価格はFF車が95万5800円、4WD車が106万3800円。

(webCG)

 

関連キーワード:
アルト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
ホームへ戻る