「ジープ・ラングラー」に電動開閉式ルーフ装備の限定モデル登場

2019.06.13 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップ
ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップ拡大

FCAジャパンは2019年6月13日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した特別仕様車を設定し、同年6月22日に発売すると発表した。257台の限定販売となっている。

販売される台数はボディーカラーによって異なっている。「ブラックC/C」は限定115台、「ブライトホワイトC/C」は同93台、「ヘラヤライエローC/C」(写真)は同49台で、合計257台が販売される。
販売される台数はボディーカラーによって異なっている。「ブラックC/C」は限定115台、「ブライトホワイトC/C」は同93台、「ヘラヤライエローC/C」(写真)は同49台で、合計257台が販売される。拡大
電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」の開閉それぞれに要する時間は約20秒。走行中でも操作が可能だ。内装はブラックレザー仕様。ヒーター付きのフロントシートには「Rubicon」のロゴが入っている。
電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」の開閉それぞれに要する時間は約20秒。走行中でも操作が可能だ。内装はブラックレザー仕様。ヒーター付きのフロントシートには「Rubicon」のロゴが入っている。拡大

今回の特別仕様車「ラングラー アンリミテッド ルビコン スカイワンタッチパワートップ」は、ラングラーシリーズ最強のオフロード性能を誇るというアンリミテッド ルビコンをベースに、北米仕様車ではオプションとして用意される電動開閉式ルーフを装備した、日本初導入となるモデルである。

電動トップは、スイッチ操作ひとつでルーフが蛇腹状に折り畳まれながら開くもので、開閉それぞれに要する時間は約20秒。走行中でも操作でき、サンルーフのように前席頭上のみを開けることも可能だ。リアクオーターウィンドウは簡単な手順でパネルごと脱着できるようになっており、スカイワンタッチパワートップと併せて使用することによって、大きな開放感が得られるという。取り外したリアクオーターウィンドウは、専用バッグに入れて、リアシートの背もたれ後方に収納できる。

販売台数は合計257台のみ。ボディーカラーによって販売台数が異なり、「ブラックC/C」は限定115台、「ブライトホワイトC/C」は同93台、「ヘラヤライエローC/C」は同49台が用意される。内装はいずれもブラックレザー仕様。価格は613万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
ホームへ戻る