内外装をブラックでコーディネート 「トヨタ・ハリアー」の特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」発売

2019.07.02 自動車ニュース
トヨタ・ハリアー プレミアム“スタイル ノアール”
トヨタ・ハリアー プレミアム“スタイル ノアール”拡大

トヨタ自動車は2019年7月2日、「ハリアー」に特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」を設定し、販売を開始した。

 
内外装をブラックでコーディネート 「トヨタ・ハリアー」の特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」発売の画像拡大

今回の特別仕様車は2リッター自然吸気エンジン(最高出力151ps/最大トルク193Nm)を搭載した「プレミアム」グレードをベースに、車名の通り(ノアール=フランス語で黒の意味)内外装をブラックでコーディネートしているのが特徴だ。

外装にはブラック塗装に切削光輝加工を施した専用18インチアルミホイールを装備。スモーク調メッキ加飾のヘッドランプエクステンションや漆黒メッキのフードモールおよびサイドプロテクションモールも採用した。

内装では、インストゥルメントパネルやドアトリム、ステアリングスイッチのベゼルなどをダークシルバー塗装としたほか、ドアスイッチベースやシフトパネル、オプティトロンメーターにはピアノブラック加飾を施した。

このほか、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いやアクセルペダルの踏みすぎによる衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)も装備する。

ボディーカラーは特別設定色の「ブラックマイカ」に「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全3色展開。

価格はFF車が329万9400円で、4WD車が349万3800円。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る