内外装をブラックでコーディネート 「トヨタ・ハリアー」の特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」発売

2019.07.02 自動車ニュース
トヨタ・ハリアー プレミアム“スタイル ノアール”
トヨタ・ハリアー プレミアム“スタイル ノアール”拡大

トヨタ自動車は2019年7月2日、「ハリアー」に特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」を設定し、販売を開始した。

 
内外装をブラックでコーディネート 「トヨタ・ハリアー」の特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」発売の画像拡大

今回の特別仕様車は2リッター自然吸気エンジン(最高出力151ps/最大トルク193Nm)を搭載した「プレミアム」グレードをベースに、車名の通り(ノアール=フランス語で黒の意味)内外装をブラックでコーディネートしているのが特徴だ。

外装にはブラック塗装に切削光輝加工を施した専用18インチアルミホイールを装備。スモーク調メッキ加飾のヘッドランプエクステンションや漆黒メッキのフードモールおよびサイドプロテクションモールも採用した。

内装では、インストゥルメントパネルやドアトリム、ステアリングスイッチのベゼルなどをダークシルバー塗装としたほか、ドアスイッチベースやシフトパネル、オプティトロンメーターにはピアノブラック加飾を施した。

このほか、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いやアクセルペダルの踏みすぎによる衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)も装備する。

ボディーカラーは特別設定色の「ブラックマイカ」に「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全3色展開。

価格はFF車が329万9400円で、4WD車が349万3800円。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • 第647回:コンフォート性能を追求したブリヂストンのSUV用タイヤ「アレンザLX100」を試す 2021.4.21 エディターから一言 ブリヂストンが2021年2月1日に発売した「アレンザLX100」は、静粛性の向上や乗り心地の良さを追求したというSUV用のコンフォートタイヤ。オンロード向けに特化して開発されたその背景や試走の第一印象を、河村康彦がリポートする。
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る