内外装をブラックでコーディネート 「トヨタ・ハリアー」の特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」発売

2019.07.02 自動車ニュース
トヨタ・ハリアー プレミアム“スタイル ノアール”
トヨタ・ハリアー プレミアム“スタイル ノアール”拡大

トヨタ自動車は2019年7月2日、「ハリアー」に特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」を設定し、販売を開始した。

 
内外装をブラックでコーディネート 「トヨタ・ハリアー」の特別仕様車「プレミアム“スタイル ノアール”」発売の画像拡大

今回の特別仕様車は2リッター自然吸気エンジン(最高出力151ps/最大トルク193Nm)を搭載した「プレミアム」グレードをベースに、車名の通り(ノアール=フランス語で黒の意味)内外装をブラックでコーディネートしているのが特徴だ。

外装にはブラック塗装に切削光輝加工を施した専用18インチアルミホイールを装備。スモーク調メッキ加飾のヘッドランプエクステンションや漆黒メッキのフードモールおよびサイドプロテクションモールも採用した。

内装では、インストゥルメントパネルやドアトリム、ステアリングスイッチのベゼルなどをダークシルバー塗装としたほか、ドアスイッチベースやシフトパネル、オプティトロンメーターにはピアノブラック加飾を施した。

このほか、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いやアクセルペダルの踏みすぎによる衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)も装備する。

ボディーカラーは特別設定色の「ブラックマイカ」に「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全3色展開。

価格はFF車が329万9400円で、4WD車が349万3800円。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
ホームへ戻る