「DS 7クロスバック」の新オーダーサービス開始 トータル432通りから自分だけの一台を

2019.07.11 自動車ニュース
「DS 7クロスバック」の「Haute Couture(オートクチュール)」サービスに合わせて、外装色には「グリプラチナム」(写真)が新設定された。
「DS 7クロスバック」の「Haute Couture(オートクチュール)」サービスに合わせて、外装色には「グリプラチナム」(写真)が新設定された。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年7月11日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」において、ボディーカラーやインテリアテーマ、ホイール、オプションを自由に組み合わせてオーダー可能なBTO(Built To Order)サービス「Haute Couture(オートクチュール)」を導入した。

「リヴォリ」仕様のインテリア。「オートクチュール」では4種類の内装から選択できる。
「リヴォリ」仕様のインテリア。「オートクチュール」では4種類の内装から選択できる。拡大
「リヴォリ」と呼ばれているインテリア仕様に追加設定されたホワイト系の「パールグレー」。
「リヴォリ」と呼ばれているインテリア仕様に追加設定されたホワイト系の「パールグレー」。拡大
「ROMA(ローマ)」と名付けられた19インチホイールを追加設定。
「ROMA(ローマ)」と名付けられた19インチホイールを追加設定。拡大

対象となるのは「グランシック」および「グランシックBlueHDi」グレードで、エクステリアカラー9色、インテリアインスピレーション(内装)4種、ホイール3種、「DSナイトビジョン」とパノラミックサンルーフの有無という全432通りの組み合わせの中から、自分だけの一台を構築できる。

今回のオートクチュールサービス開始に合わせ、内装では「オペラ」と名付けられたインテリアデザイン仕様にブラウン系「アレザン」のナッパレザーを、同「リヴォリ」仕様にはホワイト系「パールグレー」のレザーを新たに導入。エクステリアカラーには「グリプラチナム」を追加したほか、ホイールは従来の「GENEVA(ジュネーブ)」18インチ、「TOKYO(トーキョー)」20インチに加えて、「ROMA(ローマ)」19インチを設定した。

オートクチュール対象モデルの価格は、グランシックが559万円、グランシックBlueHDiが579万円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
ホームへ戻る