「DS 7クロスバック」の新オーダーサービス開始 トータル432通りから自分だけの一台を

2019.07.11 自動車ニュース
「DS 7クロスバック」の「Haute Couture(オートクチュール)」サービスに合わせて、外装色には「グリプラチナム」(写真)が新設定された。
「DS 7クロスバック」の「Haute Couture(オートクチュール)」サービスに合わせて、外装色には「グリプラチナム」(写真)が新設定された。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年7月11日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」において、ボディーカラーやインテリアテーマ、ホイール、オプションを自由に組み合わせてオーダー可能なBTO(Built To Order)サービス「Haute Couture(オートクチュール)」を導入した。

「リヴォリ」仕様のインテリア。「オートクチュール」では4種類の内装から選択できる。
「リヴォリ」仕様のインテリア。「オートクチュール」では4種類の内装から選択できる。拡大
「リヴォリ」と呼ばれているインテリア仕様に追加設定されたホワイト系の「パールグレー」。
「リヴォリ」と呼ばれているインテリア仕様に追加設定されたホワイト系の「パールグレー」。拡大
「ROMA(ローマ)」と名付けられた19インチホイールを追加設定。
「ROMA(ローマ)」と名付けられた19インチホイールを追加設定。拡大

対象となるのは「グランシック」および「グランシックBlueHDi」グレードで、エクステリアカラー9色、インテリアインスピレーション(内装)4種、ホイール3種、「DSナイトビジョン」とパノラミックサンルーフの有無という全432通りの組み合わせの中から、自分だけの一台を構築できる。

今回のオートクチュールサービス開始に合わせ、内装では「オペラ」と名付けられたインテリアデザイン仕様にブラウン系「アレザン」のナッパレザーを、同「リヴォリ」仕様にはホワイト系「パールグレー」のレザーを新たに導入。エクステリアカラーには「グリプラチナム」を追加したほか、ホイールは従来の「GENEVA(ジュネーブ)」18インチ、「TOKYO(トーキョー)」20インチに加えて、「ROMA(ローマ)」19インチを設定した。

オートクチュール対象モデルの価格は、グランシックが559万円、グランシックBlueHDiが579万円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。
ホームへ戻る