第199回:最強のMILFは最凶のプラッツで暴走する
『よこがお』

2019.07.24 読んでますカー、観てますカー

『淵に立つ』のコンビが復活

深田晃司監督と筒井真理子。2016年のカンヌ映画祭で「ある視点」部門審査員賞を獲得したコンビの復活である。『淵に立つ』も鑑賞後に気分がどーんと沈み込む作品だったが、『よこがお』の衝撃度はさらに上かもしれない。腹の底にもやもやしたものが残り、嫌な気分で映画館を後にすることになる。観客は今まで観ていた映画がただのフィクションとは思われなくなり、様相を変えた現実へと戻っていく。しばらくは心の底から笑うことはできないだろう。

なぜそんな苦行のような映画体験をしなければならないかといぶかるのは当然だ。しかし、深田監督の魅力は強力な現実改変力にある。描かれるのは何のことはない日常だが、彼はその中に潜む亀裂を露呈させるのだ。われわれが安心して身を委ねている生活が、いかに危うい基盤のもとに築かれているのかを容赦なく見せる。例えば、家族というものが実にあやふやなつながりであることを暴き出す。

『よこがお』での筒井は、まずリサという役名で登場する。美容院に髪を染めにやってきた彼女は、米田和道(池松壮亮)というヘアスタイリストを指名していた。「前にも来ました?」と聞かれるのは当然だが、彼女はその店に来るのが初めてだった。彼を指名したのは、「名前が死んだ夫と同じだから、懐かしくて」と話す。数日後の朝、リサはゴミ置き場で米田に出会う。すぐ近所に住んでいたのだ。

リサはほとんど家具が置かれていないアパートの一室で、缶ビール片手に外を眺めている。向かいのマンションを見ると、1階の窓の向こうには米田の姿があった。彼女は、偶然を装って米田とコンタクトを取ったのだ。

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS
(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS拡大
 
第199回:最強のMILFは最凶のプラッツで暴走する『よこがお』の画像拡大
 
第199回:最強のMILFは最凶のプラッツで暴走する『よこがお』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事