新型「ポルシェ911カレラ」がデビュー ベースモデル追加で新世代911のラインナップ拡大

2019.07.30 自動車ニュース
ポルシェの新型「911カレラ」(写真左)と「911カレラ カブリオレ」(同右)。
ポルシェの新型「911カレラ」(写真左)と「911カレラ カブリオレ」(同右)。拡大

独ポルシェは2019年7月30日、第8世代となる新型「911カレラ/911カレラ カブリオレ」を発表した。

911カレラ
911カレラ拡大
「911カレラ カブリオレ」のコックピット周辺部。
「911カレラ カブリオレ」のコックピット周辺部。拡大
911カレラ カブリオレ
911カレラ カブリオレ拡大

8代目のポルシェ911は、“S”を冠する高性能モデルが先行してデビュー。2018年11月にクーペの「911カレラS/カレラ4S」が、2019年1月にオープントップモデル「911カレラSカブリオレ/カレラ4Sカブリオレ」がそれぞれ発表されている。

今回の911カレラ/911カレラ カブリオレはそれに続くもので、ベーシックモデルの追加により、新世代911ファミリーのモデルラインナップが拡充されることになる。

パワーユニットは、最高出力385ps(カレラSは450ps。以下、カッコ内はカレラSの参考値)を発生する3リッター水平対向6気筒ターボエンジン。先代の911カレラ/911カレラ カブリオレに比べ、15psの出力向上が図られている。トランスミッションは、PDKと呼ばれるデュアルクラッチ式の8段ATだ。

911カレラの0-100km/h加速タイムは4.2秒(3.7秒)、最高速度は293km/h(308km/h)と公表されており、スポーツクロノパッケージをオプション装着した場合、加速タイムは0.2秒短縮される。新欧州サイクルの燃費値は、9.0リッター/100km(8.9リッター/100km)となっている。

なお、新しい911カレラの装備や技術的なハイライトは、上位モデルの911カレラSと変わらない。10.9インチタッチスクリーンを備えたインテリアや最新のコネクティビティー、「ポルシェウエットモード」に代表されるアシスタンスシステムなどが採用されている。

カレラSとの外観上の違いとしては、ひとまわり小さい、前:235/40ZR19、後ろ:295/35ZR20サイズのタイヤとホイール、2本のシングルエキゾーストテールパイプなどが挙げられる。

(webCG)

関連キーワード:
911, 911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート 2021.6.17 自動車ニュース ポルシェジャパンが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート。「911 GT3」をベースに内外装の意匠をやや控えめにしたモデルで、リアウイングに代えて可動式のリアスポイラーを採用。従来型にはなかった7段PDK仕様の設定もトピックとなっている。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る