新型「ポルシェ911カレラ」がデビュー ベースモデル追加で新世代911のラインナップ拡大

2019.07.30 自動車ニュース
ポルシェの新型「911カレラ」(写真左)と「911カレラ カブリオレ」(同右)。
ポルシェの新型「911カレラ」(写真左)と「911カレラ カブリオレ」(同右)。拡大

独ポルシェは2019年7月30日、第8世代となる新型「911カレラ/911カレラ カブリオレ」を発表した。

911カレラ
911カレラ拡大
「911カレラ カブリオレ」のコックピット周辺部。
「911カレラ カブリオレ」のコックピット周辺部。拡大
911カレラ カブリオレ
911カレラ カブリオレ拡大

8代目のポルシェ911は、“S”を冠する高性能モデルが先行してデビュー。2018年11月にクーペの「911カレラS/カレラ4S」が、2019年1月にオープントップモデル「911カレラSカブリオレ/カレラ4Sカブリオレ」がそれぞれ発表されている。

今回の911カレラ/911カレラ カブリオレはそれに続くもので、ベーシックモデルの追加により、新世代911ファミリーのモデルラインナップが拡充されることになる。

パワーユニットは、最高出力385ps(カレラSは450ps。以下、カッコ内はカレラSの参考値)を発生する3リッター水平対向6気筒ターボエンジン。先代の911カレラ/911カレラ カブリオレに比べ、15psの出力向上が図られている。トランスミッションは、PDKと呼ばれるデュアルクラッチ式の8段ATだ。

911カレラの0-100km/h加速タイムは4.2秒(3.7秒)、最高速度は293km/h(308km/h)と公表されており、スポーツクロノパッケージをオプション装着した場合、加速タイムは0.2秒短縮される。新欧州サイクルの燃費値は、9.0リッター/100km(8.9リッター/100km)となっている。

なお、新しい911カレラの装備や技術的なハイライトは、上位モデルの911カレラSと変わらない。10.9インチタッチスクリーンを備えたインテリアや最新のコネクティビティー、「ポルシェウエットモード」に代表されるアシスタンスシステムなどが採用されている。

カレラSとの外観上の違いとしては、ひとまわり小さい、前:235/40ZR19、後ろ:295/35ZR20サイズのタイヤとホイール、2本のシングルエキゾーストテールパイプなどが挙げられる。

(webCG)

関連キーワード:
911, 911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • フォルクスワーゲンがWTCRマシンの公道バージョン「ゴルフGTI TCR」の受注を開始 2019.10.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月25日、ワールドツーリングカーカップ(WTCR)に参戦するレーシングマシンのストリートバージョンとして特別仕様車「ゴルフGTI TCR」を設定し、600台限定で受注を開始した。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
ホームへ戻る