クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第10回:CG ROBOT RACING TEAM 2019 シーズンリポート Vol.4

復活の日 2019.08.01 池島実紅の「挑戦! 86/BRZ Race」 CG ROBOT RACING TEAMが、ついに今季初表彰台を手にした。TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceシリーズ第5戦、富士ラウンドで予選4番手からスタートした井口卓人選手は、じっくり丁寧に10周のレースを進め、見事2位でフィニッシュ。2019年3月下旬のシリーズ開幕以来、CG ROBOT RACING TEAMの全員が待ち望んでいたポディウムをもたらしたのだった。
(『CG』2019年9月号から転載)

国際的な週末

と、そんな表彰台を手にした第5大会、富士ラウンドの話を進める前に、6月15日~16日に大分県のオートポリスで開催されたシリーズ第4大会の模様を振り返ってみたい。

とりわけ、福岡県柳川市出身の井口卓人にとっては地元・九州でのひのき舞台である。ウエットコンディションの中、そんな井口選手は予選6番手から第1ヒートを7位、第2ヒートで6位と堅実なレースを展開。貴重なポイントを得る手堅いレース運びを披露。一方、チームメイトの久保凜太郎選手は、予選7番手から一時は4位を走るもののリアをヒットされコースアウト、第1ヒートは17位、第2ヒートは4つポジションを上げて13位でフィニッシュ。井口選手とともに次戦の富士ラウンドでの奮起が期待される結果となった。

そんなオートポリスから3週間。第5大会となる富士ラウンドは、ここ3大会で導入された2ヒート制ではなく、周回数10周のレース、1ヒートのみで雌雄を決する。また、併催イベントがブランパンGTアジアやランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアなど、この週末のパドックは国際色豊か。同時にさまざまなカテゴリーのタイヤラバーが乗るとあって、コースコンディションも微妙に変化することが予想されるなど、興味深い様相を呈していた。

第4大会のオートポリス・ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださったスバル・ディーラーメカニックの皆さんとCG ROBOT RACING TEAMの3人のドライバーたち。前列左から、永山 博メカ(南九州スバル 花ヶ島店)、清松隆浩メカ(大分スバル自動車 大分店)、坂口裕哉メカ(熊本スバル自動車 東店)、寺尾祐哉メカ(兵庫スバル自動車 太子店)、佐々木健太メカ(広島スバル 中広店)、中山忠彦メカ(福岡スバル 西港店)。後列左から、池島実紅選手、井口卓人選手、久保凜太郎選手。
第4大会のオートポリス・ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださったスバル・ディーラーメカニックの皆さんとCG ROBOT RACING TEAMの3人のドライバーたち。前列左から、永山 博メカ(南九州スバル 花ヶ島店)、清松隆浩メカ(大分スバル自動車 大分店)、坂口裕哉メカ(熊本スバル自動車 東店)、寺尾祐哉メカ(兵庫スバル自動車 太子店)、佐々木健太メカ(広島スバル 中広店)、中山忠彦メカ(福岡スバル 西港店)。後列左から、池島実紅選手、井口卓人選手、久保凜太郎選手。拡大
こちらは、第5大会の富士ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに加わってくださったスバル・ディーラー・メカニックの皆さんとCG ROBOT RACING TEAMの全メンバー。前列左から、新井宏友メカ(富士スバル 太田西店)、江戸 綾メカ(大阪スバル 帝塚山店)、林 真広メカ(岐阜スバル自動車 各務原店)、加納優馬メカ(三重スバル自動車 四日市店)、南 晃平メカ(北陸スバル自動車 高岡店)、徳武康貴メカ(スバル信州 長野テクニカルセンター店)。後列左から、CG ROBOT RACING TEAMの三上博光メカ、高橋 滋メカ、大山 望メカ、久保凜太郎選手、井口卓人選手、池島実紅選手、佐野泰弘監督/エンジニア、別所 整メカ、佐藤麻衣子マネジャー。
こちらは、第5大会の富士ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに加わってくださったスバル・ディーラー・メカニックの皆さんとCG ROBOT RACING TEAMの全メンバー。前列左から、新井宏友メカ(富士スバル 太田西店)、江戸 綾メカ(大阪スバル 帝塚山店)、林 真広メカ(岐阜スバル自動車 各務原店)、加納優馬メカ(三重スバル自動車 四日市店)、南 晃平メカ(北陸スバル自動車 高岡店)、徳武康貴メカ(スバル信州 長野テクニカルセンター店)。後列左から、CG ROBOT RACING TEAMの三上博光メカ、高橋 滋メカ、大山 望メカ、久保凜太郎選手、井口卓人選手、池島実紅選手、佐野泰弘監督/エンジニア、別所 整メカ、佐藤麻衣子マネジャー。拡大

殊勲の2位フィニッシュ

こうした諸条件の変化に戸惑うチームを尻目に、CG ROBOT RACING TEAMは練習走行から好タイムを連発。迎えた予選では、単独アタックを巧みにまとめた井口選手が4番グリッドの好位置を確保。僚友の凜太郎選手が22番手に終わったことは、返す返すも残念だったが、井口選手が手にした4番グリッドというポジションに、決勝に向けていやが上にも期待が高まった。

そんなチームの思いに、井口選手は冷静なレース運びで応えた。落ち着いてスタートを決めた井口選手は、#60服部尚貴選手がペナルティーでピットインを余儀なくされたのを受け3番手に浮上。さらに#7堤 優威選手から2番手の座を奪うと、今度はトップを快走する#25水谷大介選手を猛追。スリップストリームを巧みに使い、最終ラップまで水谷選手を背後から翻弄(ほんろう)したが、オーバーテイクには惜しくも至らず。しかしながら、堂々の2位フィニッシュを遂げ、チームに約2年ぶりの表彰台をもたらしたのだ。

「これまで、なかなかままならないレースに終始してきた86/BRZ Raceですが、このレースをきっかけにさらに積極的にレースを重ねていければと思います」

2年ぶりの表彰台に、必要以上に浮かれることなく、淡々とシリーズのこれからについてそう語る井口選手。CG ROBOT RACING TEAMのみならず、この日、チームを応援すべく富士スピードウェイに参集したCG CLUB会員有志の皆さんにとっても、うれしくも誇らしい一日となった。

(文=早田禎久/写真=服部真哉)

予選4番手からスタートし、トップを行く水谷大介選手の追撃をファイナルラップまで緩めなかったCG ROBOT RACING TEAMの井口卓人選手。86/BRZ Raceシリーズでの表彰台は実に2年ぶりのこと。
予選4番手からスタートし、トップを行く水谷大介選手の追撃をファイナルラップまで緩めなかったCG ROBOT RACING TEAMの井口卓人選手。86/BRZ Raceシリーズでの表彰台は実に2年ぶりのこと。拡大
CG CLUB有志の大声援を受け、決勝スタートの時を待つ池島実紅選手。オートポリスでは予選8番手、第1ヒートが12位、第2ヒートは12位。次いでこの富士では予選15番手、決勝16位に終わった。シリーズ中盤からはさらなる奮起を期待したい。
CG CLUB有志の大声援を受け、決勝スタートの時を待つ池島実紅選手。オートポリスでは予選8番手、第1ヒートが12位、第2ヒートは12位。次いでこの富士では予選15番手、決勝16位に終わった。シリーズ中盤からはさらなる奮起を期待したい。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。