現在の価値は20億円以上!?
“史上初のポルシェ”ってどんなクルマ?

2019.08.30 デイリーコラム

36年ぶりのざわつき

2019年のモントレー・ヒストリック・カー・ウイークエンドの大きな話題のひとつは、「ポルシェ・タイプ64」がRMサザビーズのオークションに掛けられたことだった。落札価格は2000万ドル(約21億3000万円)に達するとの前評判であったが、一流のオークハウスらしからぬ入札進行での初歩的な失態によって、流札に終わってしまった。

実は、タイプ64は1983年にもモントレーのイベントを訪れている。その頃、タイプ64の存在と歴史的価値を知る人は一部のポルシェ・エンスージアストに限られており、モントレーほど多数の人々が集まる場に現れたのは1983年が初めてのことだった。

鈍い銀色に輝くタイプ64は、「ポルシェ356」のようでもあり、「フォルクスワーゲン・ビートル」の変形にも見えたことで、会場はもちろん世界中で大きな話題となった。案の定、“出生の経緯”を知ったバイヤーたちが、オーナーのオットー・マテの元に大挙して集まることになった。そのマテには手放す気持ちなどみじんもなく、イベント終了後にクルマとともにオーストリアに帰っていった。

マテはポルシェ家からこのタイプ64を購入して以降、1950年代にレースに使い、レースから引退したあとは、1995年に亡くなるまで46年間にわたって所有し続け、自宅に併設した非公開の私的博物館に収めていた。だが、一度、世界中に広く知られてしまったからには、タイプ64はバイヤーたちの目から逃れることはできず、詐欺まがいのものを含めて、彼のまわりに商談が渦巻くことになり、訴訟沙汰にもなっている。

米国カリフォルニア州モントレーで開催されたカーオークション(2019年8月15日~17日)に出展された「ポルシェ・タイプ64」。唯一の現存車とされるこの個体は、自走も可能な状態にある。
米国カリフォルニア州モントレーで開催されたカーオークション(2019年8月15日~17日)に出展された「ポルシェ・タイプ64」。唯一の現存車とされるこの個体は、自走も可能な状態にある。拡大
特徴的な曲面を描くボディーは、軽量なアルミニウムでできている。
特徴的な曲面を描くボディーは、軽量なアルミニウムでできている。拡大
完成当時の「タイプ64」の姿を伝えるモノクロ写真。1939年の誕生から、ちょうど80年が経過したことになる。
完成当時の「タイプ64」の姿を伝えるモノクロ写真。1939年の誕生から、ちょうど80年が経過したことになる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事