メルセデス・ベンツCクラスが一部仕様変更 PHVや特別仕様車もラインナップ

2019.09.02 自動車ニュース
メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド
メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年9月2日、「Cクラス」のモデルラインナップおよび一部仕様の変更を発表した。セダンのプラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」のほか、セダンおよびステーションワゴンの特別仕様車「ローレウスエディション」もラインナップされている。

「C350eアバンギャルド」のインテリア。
「C350eアバンギャルド」のインテリア。拡大
「C350eアバンギャルド」には4種類の走行モードが用意される。
「C350eアバンギャルド」には4種類の走行モードが用意される。拡大
特別仕様車「ローレウスエディション」のインテリア。
特別仕様車「ローレウスエディション」のインテリア。拡大

CクラスにPHVが復活

2016年1月に発売されたものの、2018年7月のマイナーチェンジ以降はカタログから姿を消したC350eアバンギャルドが、セダン限定ながら復活した。

最高出力211PS、最大トルク350Nmという2リッター直4ターボエンジンのアウトプットは変わらないものの、モーターについては最高出力が82PSから122PSに、最大トルクが340N・mから440N・mに増大。システム全体のスペックは最高出力320PS、最大トルク700N・mと公表される。

走行モードはエンジンとモーターを併用する「ハイブリッド」のほか、最高130km/hまでの範囲でEV走行(航続距離は最大約54km)が可能になる「E-MODE」、バッテリー残量を維持する「E-SAVE」、走行しながら充電する「チャージ」が選択可能。

エンジンを始動する必要が生じるモーター走行の限界点を、アクセルペダルの抵抗感でドライバーに知らせる「インテリジェントアクセルペダル」や、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、アクセルペダルにノックパルスを発生させてアクセルワークが不要であることを知らせる「ダブルパルス機能」などもセリングポイントとなっている。

装備充実のローレウスエディションも

特別仕様車のローレウスエディションは、スポーティーなエクステリアを演出する「AMGスタイリングパッケージ」や、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」を標準装備。センターコンソールには「Laureus」のロゴがデザインされたバッジが装着される。

モデルラインナップは「C200ローレウスエディション」「C200 4MATICローレウスエディション」「C220dローレウスエディション」の3タイプで、セダンまたはステーションワゴンが用意される。

C180はパワーユニット変更

C180のパワーユニットは、これまでのM274型1.6リッター直4ターボエンジンからM264型1.5リッター直4気筒ターボエンジンに変更。エネルギー効率が追求されている。

そのほか、Cクラスに関する変更点は以下の通り。

  • 新外装色「グラファイトグレー」を設定(「メルセデスAMG C63/C63 S」モデルを除くセダン/ステーションワゴン)。
  • ドライブレコーダーを全モデルに装備(セダン/ステーションワゴンはフロント&リア。それ以外のモデルはフロントのみ)
  • LEDロゴプロジェクターを搭載(セダン/ステーションワゴンのAMGモデル以外)
  • AMGロゴプロジェクターを搭載(セダン/ステーションワゴンのAMGモデル)
  • ETC 2.0対応車載器を装着(セダン/ステーションワゴンのAMGモデル以外)

消費税10%を含む価格は以下の通り(カッコ内は消費税8%の価格)。C350eアバンギャルドおよびC180は2019年10月頃より順次、それ以外のモデルは同年9月2日にデリバリーが開始される。

【セダン】

  • C180<受注生産モデル>:463万円
  • C180アバンギャルド:504万円
  • C200ローレウスエディション:586万円(575万3454円)
  • C200 4MATICローレウスエディション:614万円(602万8364円)
  • C220dローレウスエディション:612万円(600万8727円)
  • C350eアバンギャルド:679万円
  • メルセデスAMG C43 4MATIC:977万円(959万2364円)
  • メルセデスAMG C63:1258万円(1235万円)
  • メルセデスAMG C63 S:1433万円(1407万円)

【ステーションワゴン】

  • C180ステーションワゴン<受注生産モデル>:488万円
  • C180ステーションワゴン アバンギャルド:530万円
  • C200ステーションワゴン ローレウスエディション:610万円(598万9091円)
  • C200 4MATICステーションワゴン ローレウスエディション:640万円(628万3636円)
  • C220dステーションワゴン ローレウスエディション:638万円(626万4000円)
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン:996万円(977万8909円)
  • メルセデスAMG C63ステーションワゴン:1283万円(1260万円)
  • メルセデスAMG C63 Sステーションワゴン:1452万円(1426万円)

【クーペ】

  • C180クーペ スポーツ:586万円
  • メルセデスAMG C43 4MATICクーペ:987万円(969万0546円)
  • メルセデスAMG C63クーペ:1342万円(1318万円)
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ:1479万円(1452万円)

【カブリオレ】

  • C180カブリオレ スポーツ:639万円
  • メルセデスAMG C43 4MATICカブリオレ:1044万円(1025万0182万円)
  • メルセデスAMG C63 Sカブリオレ:1541万円(1513万円)

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, Cクラス クーペ, Cクラス カブリオレ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • 第151回:黒まむしスッポン丸 2019.11.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第151回は「黒まむしスッポン丸」。2年半ぶりに出合った“鼻血モノ”は、やっぱりあのクルマだった! 「なぜ、コレ!?」という周囲の反応が相次ぐ中、買い換えに踏み切った、確固たる理由とは?
ホームへ戻る